この記事では、雇用形態の種類、メリットやデメリット、資格、雇用形態の切り替えなどについて考察します。

バブル崩壊後、企業にとって定年まで社員を雇い続ける終身雇用制を維持することが難しくなり、さらに個人のライフスタイルが多様化し、さまざまな雇用形態で働く人が増えています。

しかし、雇用形態によって異なるメリットやデメリットを理解しているでしょうか?

この記事を通して、雇用形態のメリット・デメリット、雇用形態の切り替え方などを理解してください。

雇用形態のおもな種類は4つ

雇用形態とは、会社と従業員が結ぶ雇用契約の種類で、主に「正社員」「契約社員」「派遣社員」「パート・アルバイト」の4つがあります。

正社員とは
正社員は、長期雇用を前提とした雇用形態で、就業規則に決められた所定時間で働く直接雇用の社員です。
契約社員とは
契約社員は、会社と雇用期間や勤務時間、賃金などを個別に決める雇用形態です。原則として3年以上の契約はできません。
契約社員のメリットとデメリット 無期契約社員とはなにかについて解説
派遣社員とは
派遣社員は、人材派遣会社などと雇用契約を結び、派遣先企業で働く雇用形態です。賃金は派遣会社から支払われ、業務等の指示は派遣先企業になります。
派遣社員の3年ルールの理由と派遣法改正での変更点の解説
パート・アルバイトとは
パート・アルバイトは、短期間および短時間勤務の雇用形態です。パートとアルバイトとの雇用形態の差はありません。一般的には、アルバイトは学生やフリーターで、パートは主婦というイメージが定着しています。
パートの有給休暇と社会保険 パートタイム労働法について解説

では次に、それぞれの雇用形態のメリット・デメリットを紹介します。

雇用形態①:正社員のメリットとデメリット

正社員は安定した生活が得られる反面、会社の指示には服従しなければなりません。メリットは多くありますが、デメリットを感じる場合もあります。

正社員のメリット
正社員の最大のメリットは、長期間雇用と社会保険です。安定した収入は将来設計には不可欠ですし、社会保険が完備していれば老後の心配もありません。
また、ボーナスや交通費も支給されるのも大きなメリットです。
さらに、年を重ねれば給料のアップも期待でき、定年退職すれば退職金ももらえます。
正社員のデメリット
正社員のデメリットのひとつは、転勤や部署移動などがあることです。住宅を購入しても、転勤命令が下れば従わなければなりません。家族から離れて「単身赴任」などもよくある話です。
また、フルタイム勤務や残業など仕事が中心の生活になることもデメリットです。「働き方改革」が浸透すれば職場環境も変わるはずですが、まだまだそうならないのが現実です。

雇用形態②:契約社員のメリットとデメリット

契約社員の場合は、会社との契約によって勤務時間や賃金が決められるので、ある程度自分のスタイルに合わせた働き方ができます。

契約正社員のメリット
契約社員の場合、仕事内容なども契約で決められていることが多いので、自分の経験やスキルが活かされやすくなります。
また、勤務時間も契約で決められるので、自分のライフスタイルに合わせた働き方が可能です。
また、条件次第では複数の会社と契約でき、1つに職場に縛られることはありません。
契約正社員のデメリット
契約社員は、契約上雇用期間が決められています。契約を更新すれば継続して働くことはできますが、更新されなければ仕事は終了になります。つまり、会社の都合によって更新は決まるので、不安定な雇用形態と言えるでしょう。
また、正社員と同じように社会保険に入ることはできますが、福利厚生などで差がでることもあります。
さらに、ほとんどの場合、ボーナスは期待できませんし、退職金制度も適用されません。

雇用形態③:派遣社員のメリットとデメリット

近年は、正社員よりも働きやすいという理由で派遣社員が増加しているようです。では、実際に派遣社員のメリット・デメリットはどうなっているのでしょうか?

派遣社員のメリット
派遣社員の大きなメリットは、自分が希望する条件で働けることです。職種や勤務時間、勤務場所など、自分の条件に合った働き先が選べます。
また、いろいろな企業や職場を体験することで、自分のスキルアップにもつながるのもメリットになります。精神的なメリットとしては、仕事の悩みを派遣会社に相談できることです。上司や同僚などに関する苦情も気軽に話せるのでストレス解消になります。
派遣社員のデメリット
派遣社員のデメリットとしては、まず「派遣期間に上限がある」ことです。3年までしか同じ職場で働けません。一般的には、半年から1年半ぐらいで職場が変わることが多くなります。
また、賃金やボーナスなど、正社員との差がある事もデメリットのひとつ。正社員のようにボーナスはありませんし、交通費も支給されない場合があります。

雇用形態④:パート・アルバイトのメリットとデメリット

自分のライフスタイルに合わせて働けるのがパート・アルバイトですが、当然メリット以外にデメリットもあります。

パート・アルバイトのメリット
パート・アルバイトの大きなメリットは、自分の都合に合わせて勤務時間や勤務日を決められることです。学生なら授業の予定、主婦なら子供のお迎え時間や行事などに合わせて勤務日や勤務時間が決められます。
また、会社などでは繁忙期などに募集することが多く、そのため正社員よりも採用基準が低く、採用されやすいというメリットもあります。パート・アルバイトの場合、かけもちも可能です。何個かのアルバイトをしてお金を稼いでいる人もいるようです。
また、いろいろなアルバイトを経験すれば、幅広い見識が身につきます。
パート・アルバイトのデメリット
パート・アルバイトのデメリットは、長期雇用が保証されていないことです。あくまでも人材が不足している場合のサポート的な存在ですから、人材が足りればいつでも契約は解除されてしまいます。シフト制の場合、自分が希望した日や時間に入れるとは限りません。同じような希望の人がいれば、調整が必要です。場合によっては、自分が働く日数が少なくなり、期待していた金額が入らないこともあります。安定した収入が期待できないこともデメリットです。また、一般的にパート・アルバイトの賃金は、その他の雇用形態に比べて低くなっています。同じ仕事をしても低賃金で、社会的信用も低くなります。

雇用形態を切り替えるには

雇用形態によってさまざまなメリット・デメリットがありますが、デメリットの方が大きいと感じる時には、雇用形態を見直してみることも大切です。
しかし、どうすれば雇用形態を切り替えられるのでしょうか?

正社員から、契約社員やパート・アルバイトに変更したい場合

働き方が多様化している現代、正社員から契約社員やアルバイトに変更する人が増えています。

正社員から契約社員へ変更する場合は、2つの選択肢があります。
ひとつは、今の会社で変更するケースです。
基本的には、労働者本人が同意すれば変更は可能ですが、雇用契約を細かく取り決める必要があります。
契約社員の責任範囲や退職金や休暇の規定など新しく書面にして、お互いが納得して契約します。

もうひとつの選択肢は、契約社員として転職するケースです。
正社員の募集よりも契約社員の募集の方が多いので、比較的転職しやすいと言えるでしょう。

どちらにせよ。契約社員のメリット・デメリットをしっかりと把握して、決断することが大切です。

育児や子育て、介護などの理由でパート・アルバイトに雇用形態を変更する場合もあります。
この場合の雇用契約書を変更する必要があります。一般的に社会保険は適用されませんが、「1週の所定労働時間および1カ月の所定労働日数が、一般社員の4分の3以上」であれば、加入できます。

但し、収入面では正社員よりは少なくなりますし、仕事面でも責任のない仕事がメインになるのでやりがいが薄れることもあります。

契約社員やパート・アルバイトから、正社員に変更したい場合

契約社員やパート・アルバイトから正社員に変更したい場合は、まずは、その会社に「正社員登用制度」があるか調べましょう。
「正社員登用制度」とは、契約社員やパートやアルバイトなどの非正規雇用から正社員に登用する制度のことで、7割ぐらいの企業が採用しています。
また、制度がない会社でもアルバイトから正社員になる場合もあるので、今の会社で正社員になりたければ、過去の実績を知ることも大切です。

また、パート・アルバイト募集で「正社員登用制度あり」と求人情報に記載されていれば正社員の道は開かれているでしょう。

但し、正社員登用制度があっても、誰でも正社員になれるわけではありません。1年から2年勤続して、能力や仕事ぶりが上司に認められなければなりません。
また、人事部の面接や筆記試験などが必要な企業もあり、正社員への道は決してやさしいものではありません。

しかし、正社員への登用試験は一度きりではありません。仕事をしながらスキルアップを重ねて、再度挑戦することも可能です。

派遣社員から正社員に切り替えることはできる?

今、派遣されている会社で正社員になれる可能性は少ないのが現実です。それは、企業にとって正社員よりもコストが低い派遣社員の方にメリットがあるからです。

前例があれば、やや可能性は高くなりますが、今の会社で正社員になれることは期待しない方が良いでしょう。

派遣社員で正社員になれる可能性が高いのが、「紹介予定派遣」の制度です。
「紹介予定派遣」とは、一定期間(最長6か月)派遣として働き、仕事内容や職場などを双方が合意して社員になるかを決めるものです。
派遣社員は、自分に合っている仕事か判断できますし、企業側は仕事の能力ややる気をみることができます。

また、派遣会社のサポートもあるので、個人で就職活動するよりは効率的です。

まとめ 雇用形態についてのおさらい

  • 雇用形態は、会社と従業員が結ぶ雇用契約の種類、主に「正社員」「契約社員」「派遣社員」「パート・アルバイト」の4つ。
  • 正社員のメリットは、長期間雇用と社会保険、交通費支給、ボーナスなど。
  • 正社員のデメリットには、転勤や部署移動、フルタイム勤務や残業などがあります。
  • 契約社員のメリットは、自分の経験やスキルが活かされやすいこと。デメリットは、雇用期間が決められていること。
  • 派遣社員のメリットは、自分が希望する条件で働けること。デメリットは、派遣期間に上限があることです。
  • パート・アルバイトのメリットは、自分の都合に合わせて勤務時間や勤務日を決められること。デメリットは、賃金が低く社会的信用がないこと。
  • 正社員から、契約社員の変更は、雇用契約を細かく取り決める必要があります。
  • 正社員からパート・アルバイトへ変更したい場合は、収入面や仕事のやりがいを考慮することが大切です。
  • 契約社員やパート・アルバイトから正社員に変更したい場合は、「正社員登用制度」を利用します。
  • 派遣社員で正社員になれる可能性が高いのが、「紹介予定派遣」です。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda