この記事では内祝いについて解説いたします。

内祝いはおめでたいことがあった時によく見聞きする言葉ですが、その意味や使い方について理解できていないという人もいるかもしれません。

そこで今回はその意味や種類、断る時のマナー等について取り上げました。

この記事の中で一つでも参考になるような内容があれば幸いです。

内祝いとは

内祝いは、本来の意味を離れて違った使われることをされることが多くなった言葉です。

現在でも本来の意味として使われることもありますが、どちらかというと別の意味で用いられることの方が多いかもしれません。

この項目では本来の意味と現在の使われ方、金額の相場をご紹介します。

本来は、おめでたいことがあった人が自主的に贈るもの

内祝いとは本来、「身内におめでたいことがあった人が、自主的に喜びをお裾分けするもの」という意味です。

例えば結婚や出産のようなおめでたいことがあった時に、近所の方や日頃お世話になっている方等へ、喜びのお裾分けとして贈り物をします。

内祝いの贈り物は、具体的には結婚式の引き出物や新築の家にお招きしてのおもてなし等が考えられるでしょう。

現在はお祝い品を頂いた後の「お返し」を指すことが多い

昨今では、お祝いをいただいていない人に対して内祝いを贈るということはあまりしません。

これはいただいたお祝いへのお返しとして内祝いを利用することが多くなった為だといわれています。

また安易に内祝いをしてしまうと「お祝いをしなければいけないのか」と気を使わせてしまうことにもなりかねないのです。

なおお返しとしてだったとしても、お返しという言葉を使うのは失礼だとされる為内祝いに添えるお礼状等にそのようなことは書かないように配慮する必要があります。

内祝いの金額の相場

現在の意味でいうと、内祝いの金額の相場は「半返し」が基本だとされています。

「半返し」とは文字通り、いただいた金額や物の半額程度の物をお返しするということです。

もちろん「半返し」はあくまで目安で、内祝いの種類や相手との関係性等について変わってきます。

実際には周りの人にも相談して決めるのも一つの手かもしれません。

内祝いの種類①:結婚内祝い

内祝いには様々な種類がある為、それぞれの違いや特徴を覚えておくと後々役に立つかもしれません。

まずは結婚内祝いについて確認していきましょう。

結婚内祝いの意味

結婚内祝いは、結婚の報告も兼ねて日頃お世話になっている人に贈り物をすることです。

引き出物も結婚内祝いに入りますが、もしご祝儀が高額で引き出物だと不十分だと感じた場合や挙式しなかった場合にはお礼の品を贈ります。

結婚内祝いで贈るもの

結婚内祝いで贈るものとしては、例えばコーヒーや紅茶の詰め合わせ、カタログギフトや日用品、お菓子の詰め合わせ等がよく選ばれています。

これは相手が好きな物を選ぶことができたり、日持ちして誰もが使うような物だからです。

結婚内祝いを贈る時期

結婚内祝いを贈る時期としては、ご祝儀やお祝いの品をいただいてからなるべく早い方が良いでしょう。

一つの目安は、挙式披露宴から1ヶ月以内とされています。

あまり時間が経ってしまうと失礼にあたる為、その点には注意が必要です。

のしの選び方や書き方

のしは紅白水引が10本結び切りのものを用い、表書きは「内祝」あるいは「寿」の物を選びます。

例えば結婚した後に送る結婚内祝いの場合、水引の下には新姓のみ、あるいは夫婦の連名(夫の姓名と、それに並べて妻の名前)を書くのが良いでしょう。

内祝いの種類②:出産内祝い

出産はとてもおめでたいことの一つだといえるでしょう。

そういった際にこの出産内祝いを知っておくと、もしそのような機会があった時に役に立つかもしれません。

出産内祝いの意味

もし子供が生まれたら、出産祝いとしてお金や贈り物をいただくこともあるでしょう。

出産内祝いとは、出産祝いをいただいた方へお礼の品を贈ることです。

出産内祝いで贈るもの

出産内祝いで贈るものとしては、お菓子の詰め合わせやタオルセット等、やはり誰もが使うようなものや日用品が多く見受けられます。

その他にはジュースギフトや調味料ギフト等も考えられるでしょう。

なお包丁やハサミ等の切れ物は「関係を切る」という意味があり、ハンカチは「手布」(ぎれ)と書き相手との縁を切ることを連想させるので贈り物には不向きです。

出産内祝いを贈る時期

出産内祝いは、出産祝いをもらってから1ヶ月以内には贈るのが目安だとされています。

出産を知ったり出産祝いを贈るタイミングは人によってバラバラになる可能性もあるので、内祝いの贈り忘れがないよう誰からいついただいたのかを把握しておくことが重要でしょう。

のしの選び方や書き方

出産内祝いを贈る際は、品物にのしをつけるのがマナーです。

出産のように何度あってもおめでたいことに対しては、「結び直せる」という意味で蝶結びののしを選びます。

出産内祝いに結び切りののしを選んでしまうと、「二度と起きてほしくない」という意味になってしまうのです。

またのしには商品の上に直接かける「内のし」と、包装紙の上からかける「外のし」があります。

「内のし」をした後に包装紙をかけると、外からはのしが見えません。

出産内祝いはあくまでお返しとしてお渡しするものなので、このように控えめな「内のし」が良いとされています。

対して郵送の場合は、商品を渡す目的が一目で分かるように「外のし」にするというわけです。

なお赤ちゃんのお披露目をするという意味合いも込めて、のしの名前欄には赤ちゃんの名前だけを書きます。

内祝いの種類③:新築内祝い

家を新築するというのも、とてもおめでたいことの一つだといえます。

そういった場合の内祝いのマナーについても確認しておきましょう。

新築内祝いの意味

新築内祝いは、新築に対してお祝いをしていただいた人へお返しをすることです。

もし新居へお招きしておもてなしをする場合、あるいはすでにした場合新築内祝いは特に必要ありません。

なぜなら、新居でおもてなしをするという行為がすでにお返しになっているからです。

新築内祝いで贈るもの

基本的には新居でおもてなしをするのがマナーだとされていますが、中には遠方に住んでいる等の理由でお招きするのが難しいということがあるかもしれません。

そういった場合は、代わりにお礼の品を贈って新築祝いのお返しをします。

贈るものとしてはタオルセットやお菓子の詰め合わせ、ドリンクセット等が定番です。

新築内祝いを贈る時期

もし新築内祝いを贈る場合、新築祝いをもらってから1ヶ月以内が良いでしょう。

あまり遅くなると失礼になるので、事前に内祝いの選定や手配について考えておいた方が良いかもしれません。

のしの選び方や書き方

新築内祝いの場合、紅白の蝶結びの水引に、のしがついたかけ紙を使います。

表書きは「新築内祝い」や「内祝」とされているものを用意し、名前の欄に書くのは贈り主となる家族の苗字です。

「内のし」や「外のし」については、出産内祝いと同様直接渡すか郵送するかによって使い分けると良いでしょう。

内祝いを断るときのマナー

結婚や出産というのはおめでたいことである一方、何かとやるべきことが立て続き忙しい時期でもあります。

そんな中で手間をかけさせないよう、内祝いを断るという場合もあるかもしれません。

この場合相手を不快にさせないように注意が必要です。

例えば頑なに「内祝いはいりません」と固辞してしまうと、相手もあまり快く思わないことでしょう。

このような場合は、「お祝いごとはお互い様のことなので、もし私にお祝いごとがあればその時にお願いします」と理由づけするのが角を立てずに良いとされています。

内祝いをもらった後にお礼は必要?

内祝いをもらった後には、何かしらのお礼が必要なのか迷ってしまうこともあるかもしれません。

結論からいうと、更にお礼の品を贈るとお礼合戦のようになってしまうので特に不要です。

もちろん内祝いを受け取った旨や内祝いに対するお礼の連絡はした方が良いでしょう。

もし手渡しでいただいた場合はその場でお礼を言えますが、郵送だった場合は遅くとも届いた翌日には連絡を入れるのが良いとされています。

連絡手段は電話やメールといった手段でも特に問題ありませんが、より丁寧に感謝の気持ちを伝えられるのは手書きのハガキや手紙です。

特に目上の人への連絡の場合、ハガキや手紙の方が丁寧さや礼儀正しさを伝えることができるでしょう。

何も連絡しないのは失礼にあたるばかりか、内祝いが届いているかどうか心配されることにもなってしまいます。

そのようなことがないよう、内祝いをもらった際には必ずお礼の連絡をするようにした方が良いといえます。

まとめ 内祝いについてのおさらい

  • 内祝いとは本来、「身内におめでたいことがあった人が、自主的に喜びをお裾分けするもの」という意味がある。
  • 現在の内祝いは、お祝い品を頂いた後の「お返し」を指すことが多い。
  • 内祝いの金額の相場は、いただいた金額や物の半額程度の物をお返しする「半返し」が基本だとされている。
  • 結婚内祝いは結婚の報告も兼ねて日頃お世話になっている人に贈り物をすることで、結婚式に出席した人に対しては引き出物を渡す。
  • ご祝儀が高額で引き出物だと不十分だと感じた場合や挙式しなかった場合、結婚内祝いとしてコーヒーや紅茶の詰め合わせ等の贈り物をする。
  • 出産内祝いとは出産祝いをいただいた方へお礼の品を贈ることで、お菓子の詰め合わせやタオルセット等誰でも使えるものを用意することが多い。
  • 出産内祝いののしの名前欄には、赤ちゃんのお披露目をするという意味合いも込めて赤ちゃんの名前だけを書く。
  • 新築内祝いは、新築に対してお祝いをしていただいた人へお返しをすること。
  • 内祝いを断るときは、「お祝いごとはお互い様のことなので」等と理由をつけるのがマナーとされている。