この記事では、「柔道整復師」の仕事内容、資格、年収、勤務体系、将来性などについて考察します。

「柔道整復師」という仕事をご存じですか?「柔道」に関係する仕事と思うかもしれませんが、実はよく見かける仕事です。

「柔道整復師」とはどんな仕事でしょうか?この記事を通して、「柔道整復師」の仕事内容や資格、将来性などを理解し、人生の参考にしてください。

柔道整復師とは

「柔道整復師」は、「捻挫や骨折などの骨や筋肉の外傷に対して、手術をせずに施術を行う医療技術者」のことで、一般的には「ほねつぎ」や「接骨師」と呼ばれています。

「柔道整復師」の基礎となる「柔道整復術」の歴史は古く、およそ1300年前、日本古来の武術や柔術から生まれました。

武術や柔術では、骨折や脱臼などはよくあることで、当時の武道の達人たちは自分で治療していました。その後、漢方や蘭学、西洋医学などが日本に伝わり、それらの影響を受けて、江戸時代に「柔道整復術」が体系化されたと言われています。

明治になり、医師以外の治療行為が禁止されると、生活のために柔道整復術に基づいた接骨業を営んでいた柔術家たちは存亡の危機に直面したのです。

それを救ったのが、「柔道の父」とも称される「加納治五郎」氏でした。
加納治五郎氏は、接骨業を正式な職業として認めるよう国に働きかけ、大正9年に「柔道整復師」が国家資格として認められました。

柔道整復師の仕事内容

「柔道整復師」は、ケガ(骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷など)に対して、手術をしない療法(非観血的療法)である柔道整復術を使って治療します。
施術には、以下の3つがあります。

①整復法
「整復」とは、骨折や脱臼した箇所を手でもんだり伸ばしたりして正常な位置にもどすことです。また、肩や関節が外れた場合にも、整復法を用いて治療します。
②固定法
骨折や脱臼した患部を三角巾や包帯、テーピングなどで固定する治療法が「固定法」です。
固定の仕方や材料などは、患者の状態に合わせて吟味します。
③後療法
「後療法」は、患部の回復を早めるためにおこなうさまざまな治療法で、「物理療法」「運動療法」「手技療法」があります。物理療法は、電気や光、熱や光などの物理エネルギーの刺激を利用して身体を正常な状態に戻す療法です。運動療法は、低下した筋力を運動によって回復させる治療法で、ストレッチや筋力トレーニングなどさまざまな方法があります。

手技療法は、器具や道具を使わずに、素手だけで患者に刺激を与えて自然治癒力を引き出す柔道整復術の原点と言われる療法です。

「整体師」「理学療法士」との違い

「柔道整復師」と混同されやすいのが、「整体師」や「理学療法士」です。

整体師との違い
肩こりや腰痛などを骨盤のゆがみや筋肉の調整で症状を改善させるのが整体師の仕事です。基本的には器具などを使わずに、手技だけで施術します。
「柔道整復師」との大きな違いは、整体師には国家資格がないことです。

民間の資格はありますが、独学でも整体師になることは可能です。

但し、あくまでも民間療法なので、治療行為はできません。手技による痛みなどの改善がメインになります。また、治療費にも大きな差があります。
柔道整復師での施術には病院と同様に保険が適用されるので、患者さんの自己負担額は1割から3割で治療が受けられます。

一方、整体師の療法には、保険が適用されません。その分治療費は当然高くなりますが、柔道整復師でも肩こりなどの慢性的な疾患を治療する場合、保険料は適用外になります。

理学療法士との違い
理学療法士は、ケガや高齢、障害などによって運動機能が低下した人に対して、運動療法や物理療法を用いて運動機能の維持や改善を目的とした治療法をおこなう医学的リハビリテーションの専門職です。

理学療法士は、国家資格なので資格がなければ、「理学療法士」を名乗ることはできません。理学療法士は主に病院やクリニック、介護施設などで働きます。最近ではプロスポーツのチームに所属している理学療法士も多いようです。
柔道整復師と違いは、理学療法士は自分で診察や診断ができないことです。柔道整復師は、自分で患者さんを診断、判断して治療をおこないますが、理学療法士は医師の指示によって治療をおこないます。

もうひとつの違いは、「開業権」です。国家試験の中でも開業権が認められている資格はそう多くはありませんが、柔道整復師には開業権が認められています。
一方、理学療法士には開業権が認められていません。
つまり、柔道整復師は独立開業できますが、理学療法士は自分の治療院を持つことができないのです。

柔道整復師になるには

では、柔道整復師になるためには、どうすればよいのでしょうか?

柔道整復師の国家試験に合格する必要がある

前述したように、柔道整復師は国家資格ですので、国家試験に合格しなければ資格は取得できません。

柔道整復師の国家試験は、毎年3月初旬に公益財団法人柔道整復研修試験財団によって実施されます。
実施地は、北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県になります。

受験には、必要書類と受験料手数料16,500円が必要になります。

必要書類の中で重要なのが、「修業証明書若しくは修業見込証明書又は卒業証明書若しくは卒業見込証明書」です。
この証明書がなければ、受験できません。

国家試験の受験資格を得るには

受験で必要な「修業証明書若しくは修業見込証明書又は卒業証明書若しくは卒業見込証明書」とは、柔道整復師養成課程のある専門学校などが提出する証明書です。

つまり、柔道整復師になるには柔道整復師養成課程のある専門学校や大学、短大で勉強しなければなりません。当然高卒か同等の資格「高認(高卒認定試験、高等学校卒業程度認定試験)」を持っていることが前提です。

専門学校や大学、短大では、柔道整復師になるために必要な知識や技術を学びます。(3年以上)

この修業を経て、初めて柔道整復師の国家試験の受験資格が得られるのです。

国家試験の難度はどれくらいか

柔道整復師の国家試験の試験科目は以下のようになります。

・解剖学
・生理学
・運動学
・病理学概論
・衛生学
・公衆衛生学
・一般臨床医学
・外科学概論
・整形外科学
・リハビリテーション医学
・柔道整復理論及び関係法規

受験者数は、平成2年度では1066人でしたが、年々増加し、平成19年度からは6000人を超え、それに伴い、平成2年度では約90%だった合格率も平成31年は約65%と難易度が高まっています。

受験者6000人のうち新卒者が約4000人で既卒者が約2000人で、合格率は新卒者が約8割で、新卒者が有利と言えるでしょう。
また、学校によっても合格者の数に差があり、中には合格率100%の優秀な専門学校も登場しています。

柔道整復師の年収

柔道整復師の年収は、経験や職場、地域によって違いがあります。

整骨院や治療院に勤務している人の年収は、300万円から700万円と言われていますが、
新人では初任給20万円ぐらいが相場で、年収は300万円から400万円ぐらいと考えられます。

開業した場合は、700万円以上の年収を稼げる可能性はありますが、競争も激しいので稼げるかどうかは個人の技量にかかっています。

また、最近では介護施設やスポーツ施設などでも需要があり、高額で迎えられる人もいるようです。
有名スポーツトレイナーになれば、年収1千万円越えも夢ではありません。

柔道整復師の勤務体系と休日

接骨院の場合、平日の午前中が9時から12時、昼休み12時から15時、午後が15時から20時というのが一般的な営業時間になっています。

時間だけ見ると、9時から20時なので11時間勤務のように思われますが、労働時間は休憩時間を差し引いた時間ですから、労働時間は8時間になります。
一般的な会社よりは拘束時間が長くなるのは、仕事の性格上仕方ないと言えるでしょう。
また、開院前の準備で30分、後片付けに30分ぐらいで、計1時間ぐらいの残業は必要になります。

但し、勤務時間は地域によっても違いがあります。都心の整骨院は比較的長く営業している場合が多く、勤務時間も10時間から12時間になることがあります。

休日も、接骨院によって異なります。
一般的には、日曜祝日が休みで、土曜日が半休というケースが多いようです。休日は、週1日から2日というのが一般的です。

柔道整復師の場合、勤務時間や休日は勤務する場所によってさまざまです。最近では週休日をアピールしている接骨院もあるので、事前に調べておくことも大切です。

柔道整復師が主に勤める場所

柔道整復師の勤務先は、接骨院や整骨院、病院だけではありません。スポーツトレーナーや介護福祉分野の機能訓練指導員など、幅広い分野で活躍しています。

柔道整復師の将来性

超高齢化が進む現在、柔道整復師の需要は高まっています。特に地方では接骨院も少なく、開業するにはチャンスと言えるでしょう。
また、福祉やスポーツの世界でも柔道整復術のような「人にやさしい施術」が求められています。柔道整復師の将来性は大いに期待できます。

まとめ この記事のおさらい

  • 「柔道整復師」は、「捻挫や骨折などの骨や筋肉の外傷に対して、手術をせずに施術を行う医療技術者」のことで、一般的には「ほねつぎ」や「接骨師」と呼ばれています。
  • 「柔道整復師」は、ケガ(骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷など)に対して、手術をしない療法(非観血的療法)である柔道整復術を使って治療。
  • 「柔道整復師」と「理学療法士」は国家資格で、「整体師」は民間療法。「柔道整復師」は「開業権」がありますが、「理学療法士」には開業権がありません。
  • 柔道整復師になるには、柔道整復師養成課程のある専門学校や大学、短大で3年以上修業し、毎年3月初旬に実施される国家試験に合格しなければなりません。
  • 整骨院や治療院に勤務している人の年収は、300万円から700万円。有名スポーツトレイナーになれば、年収1千万円越えも。
  • 接骨院の場合、平日の午前中が9時から12時、昼休み12時から15時、午後が15時から20時というのが一般的な営業時間。勤務時間は地域などによっても異なります。
  • 柔道整復師の勤務先は、接骨院や整骨院、病院、スポーツトレーナーや介護福祉分野の機能訓練指導員など、幅広い。
  • 超高齢化が進む現在、柔道整復師の将来性は大いに期待できます。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda