今回は「法事」について解説します。

社会人になると法事に参列する機会が多くなります。しかし、作法が今ひとつわからず苦労しているという人も少なくありません。

本記事では、「法事」の意味や法事を行う手順、法事に参列する際のマナーについて解説していきます。

法事とは

まずは、法事がどういうものなのかについて説明していきます。具体的な内容としては、意味や種類、類義語の「法要」との違いについてです。

法事とは、故人の冥福を祈るために、お葬式の後に行う儀式です。追善供養とも呼ばれています。

法事のタイミングは決まっており、四十九日忌のように、亡くなった日である「忌日(命日)」から数えて行うものと、一周忌や三回忌のように、亡くなった後に毎年巡ってくる「年忌」を数えて行うものがあります。

「年忌」を数えて行う法事は、いずれも命日に行うのが正式です。しかし、法事が平日になってしまうと、仕事だという人が多いため、なかなか親族が集まれません。そういう場合は、命日に近い土日に行うことも可能です。遅くなるよりは、早めに行うほうが望ましいと考えられています。

法事の種類

法事の種類は、様々なものがあります。ここでは主な法事である「四十九日忌」「百箇日」「一周忌」「三回忌~二十七回忌」「三十三回忌」について説明していきます。

四十九日忌

お葬式の後に初めて行われる法事が、四十九日忌です。

亡くなった日から49日目までの間、7日ごとに法要を行います。四十九日忌までの期間のことを「中陰」といい、故人が閻魔大王の裁きを7日ごとに受け、それによって次の生まれ変わり先が決まるといわれています。法事は善行とされており、その功徳を故人に差し向けることで、故人の生まれ変わり先が少しでも良いものになるようにと願うという意味合いがあるため、法要を7日ごとに行うのです。

四十九日忌を迎えると「満中陰」となり、それによって「忌明け」となります。この日に納骨や形見分けをしたり、それまでは白木の位牌だったものを本位牌にしたりします。地域によって、火葬した直後に納骨したり、35日目を「三十五日忌」として納骨したりと、やり方はさまざまです。

四十九日のマナー|主な行事・服装・香典・数え方・準備について解説

四十九日の意味と法要の流れ 喪主の挨拶について解説

百箇日

故人が亡くなって100日目に行われる法事です。一般的には、家族のみで行います。

百箇日の別名を「卒哭忌」といいます。「卒」は「終わる」「やめる」という意味で、「哭」は「人の死を悲しんで、声を上げて泣く」という意味です。大切な人を亡くした悲しみで泣き暮らしていた人々も、3ヶ月以上すぎる頃には悲しみを乗り越え、泣くことをやめ、新たな気持で日常生活を送り始めます。そんな頃に行われる法事ということで、卒哭忌と呼ばれているのです。

一周忌

忌日から1年後に行う法事です。本来は忌日と同じ日に行いますが、出席者のスケジュールに合わせて忌日よりも早い土日に行うことが多くなっています。

故人の死後1年間は「喪中」となり、正月行事や祭りなどには参加を控えなければなりません。一周忌をもって喪が明けることになります。

一周忌とは|準備するもの・呼ばれた場合の服装・香典に関するマナー

三回忌~二十七回忌

三回忌からは「年回忌」となり、故人の亡くなった年を1年目として数えます。たとえば三回忌なら3年目、すなわち亡くなった2年後に行いますし、七回忌なら6年後に行うことになります。以降も同様に回忌の数から1を引いた年数が経過すると、法事の年になるということです。主な年回忌は以下のとおりです。

  • 三回忌(2年後)
  • 七回忌(6年後)
  • 十三回忌(12年後)
  • 十七回忌(16年後)
  • 二十三回忌(22年後)
  • 二十七回忌(26年後)
  • 三十三回忌(32年後)

ただ、なかなか親族が集まれない場合は、三回忌までとしたり、七回忌を省いたりして、回数を減らす傾向にあります。

三十三回忌

故人が亡くなってから32年後に行う三十三回忌をもって「弔い上げ」となり、最後の法事とします。三十三回忌は人が仏になる節目だと考えられているため、とくに重要な法事です。地域によっては五十回忌で弔い上げとなるところもあります。

「法事」と「法要」の違い

「法要」と「法事」は、亡くなった人を供養するという点では同じですが、厳密にいうと違いがあります。「法要」はお経をあげてもらうことです。一方、「法事」はお経をあげてもらった後の会食までの一連のことをいいます。すなわち、「法要」は「法事」の中に含まれているということになるのです。

なお、出欠確認のための案内状には、「法要」と書いても「法事」と書いても間違いではありません。

法要とはなにか 法要の服装とお布施の目安 御供について解説

法事を行う時の一般的な流れ

次に、法事を執り行う場合の流れについて説明していきます。

①日時や出席者を決める

まずは、法事の日時と出席者を決めます。日時は先述のとおり忌日に行うのが基本ですが、難しい場合は直前の土日に行います。出席者については、一周忌までは親族だけでなく故人の友人・知人にも出席してもらうのが一般的です。三回忌以降は親族のみで行うことが多いです。

出席者を決めたら、人数に応じて場所を選びます。自宅、寺院、もしくは斎場から選ぶことが可能です。場所まで決まったら、菩提寺に連絡してお経をあげてもらう僧侶を手配します。菩提寺が遠かったり、そもそも菩提寺がない場合は、紹介サービスを利用することもできます。

②出席者に案内状を送る

日付、出席者、場所が決まったら、案内状を送付して出欠を確認します。案内状は往復はがきか返信用はがきを入れた封書で送ります。送る時期は法事の1ヶ月前がちょうどいいです。2週間前までには人数を確定させておきたいので、欠席の場合の連絡はそれまでにしてもらえるよう、案内状に記載しておきましょう。

法要の案内状に書く事と書き方のコツ 注意点と例文を解説

法事の案内の伝え方と書き方の例 法事の案内をする際のマナー 

③引き出物や会食などの準備

出欠の返事をもとに人数を確定させたら、会食と引き出物を準備します。引き出物は日用品や食品など、形の残らないものが適しています。とくに軽くてかさばらないものにしておくと電車やバスなどで来る人でも負担がかかりません。カタログギフトを利用するという方法もあります。

④法事当日

法事の当日は、お坊さんを迎えたら施主の挨拶から始めます。施主はお葬式で喪主だった人が務めるのが通常です。挨拶は参列してくれた人たちへの感謝を盛り込みつつ簡潔に済ませます。

僧侶にお経をあげてもらったら、再び施主から挨拶をして、会食をします。僧侶が退場する際には、必ず「お布施」「お車代」「御膳料(会食に同席する場合は不要)」を渡しましょう。

法事に参列する時の服装・持ち物

法事に参列する際、服装と持ち物についても確認が必要です。とくにお布施は適切な金額でないと、恥をかいたり相手方に違和感を与えてしまうので、注意しましょう。

服装について

法事に参列するときは、男女ともブラックフォーマルスーツを着用します。和式の喪服もありますが、現在では洋式を着る人のほうが多いので、洋式の喪服について説明していきます。

男性はダークスーツと呼ばれる黒のスーツを着るのが基本です。光沢や模様のない地味なものを選びましょう。ネクタイも黒無地のものを合わせ、ピンは付けないほうが望ましいです。

女性は黒無地のワンピースやアンサンブルなどを着用します。基本的にはスカートを履きますが、会食の準備や配膳などの作業をする場合は、パンツスーツだと動きやすいです。スカートの場合は、膝下くらいまでの丈のものを着用し、薄手の黒ストッキングを合わせます。

また、靴は黒のパンプスが基本です。飾りや光沢がなく、つま先が尖っていないものを選びます。ヒールの高さは5cm程度のものにしておくと、歩くことが多い場合でも疲れにくいです。

持ち物について

持ち物はいろいろと考えられますが、とくに重要なのが、「香典」「袱紗」「数珠」の3点です。

香典は会食や引き出物があるかどうかによって金額が変わります。ある場合はおよそ10000円の費用がかかっているので、15000~20000円が目安です。ない場合は5000~10000円を包みます。「香典袋」と書かれた、黒と白の結び切りの水引が付いた熨斗袋に入れましょう。

香典袋をそのままかばんやポケットに入れると、水引が外れたり、破れたりするおそれがあります。そうならないよう、袱紗と呼ばれる専用の布に包みます。包み方は慶事と弔事で異なりますが、札入れ状になっている簡易的なタイプもあります。色は紺などの寒色系のものを選びましょう。

数珠には「本式数珠」と呼ばれる、108個の玉で作られた正式なものと、「略式数珠」という、玉の数や種類の決まっていない数珠があります。一般的な法事なら略式数珠でも十分です。斎場で行う場合は、万が一数珠を忘れてしまっても借りることができます。

お布施の金額は?

法事で用意するお布施の相場は、5000~10000円が一般的ですが、定価というものはありません。お寺との関係性や宗派、住職の考え方によって金額が変わってきますので、法要をお願いする際に遠慮なく聞いておくと、迷いなく準備することができます。

お布施とはなにか? お布施袋の種類と書き方 お布施の相場を解説

まとめ この記事のおさらい

  • 法事とは、故人の冥福を祈るための儀式
  • 基本的に、法事は四十九日忌で始まり、三十三回忌で弔い上げとなる
  • 「法要」はお経をあげてもらうことで、「法事」はお経から会食までの一連を行うこと

「法事」についての解説は以上です。

法事は亡くなった人の冥福を祈るために行うものです。その一方で、今生きている人たちが「自分たちもいずれは亡くなってしまうのだ」ということを意識するためのものだという考え方もあります。死を意識することで、自身の生き方を見つめ直す機会になることでしょう。

また、僧侶の説法やお経の意味を考えてみることで、人生にとって大切なことを学ぶこともできます。一つ一つの法事を大切にしていきましょう。