この記事では「臨床検査技師」について解説します。臨床検査技師の存在を普段はとりたてて意識しませんが、病院で検査を受けるときや健康診断など、誰でもお世話になる機会があります。この記事で、臨床検査技師の仕事内容や必要な資格、年収や将来性について説明していきます。

臨床検査技師とは

臨床検査技師は「検査のプロフェショナル」です。身体に不調や異変が現れたときに、その原因を知りどんな治療をすべきか選択するためには臨床検査が欠かせません。臨床検査技師は医師の指示のもと、さまざまな臨床検査を行います。

「臨床検査技師等に関する法律」では、臨床検査技師は次のように定義されています。

「臨床検査技師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、臨床検査技師の名称を用いて、医師又は歯科医師の指示の下に、人体から排出され、又は採取された検体の検査として厚生労働省令で定めるもの(以下「検体検査」という。)及び厚生労働省令で定める生理学的検査を行うことを業とする者をいう。

臨床検査技師という仕事が生まれる前は、検査は医師が行っていました。しかし医療が高度化、複雑化する中で、検査を専門に行う臨床検査技師という仕事が生まれました、
昨今の医療現場では、医師をはじめとして看護師、薬剤師、理学療法士、放射線技師などがチームを組んでそれぞれの専門性を活かして治療にあたるチーム医療の取り組みが盛んになっています。臨床検査技師もチームの一員として不可欠な存在です。

臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師の行う検査は、大きく「生体検査(生理学的検査)」「検体検査」の2つに分けられます。

■生体検査(生理学的検査)
「生体検査」は患者の身体に直接触れて、さまざまな医療機器を使用しながら身体の機能や構造などを調べる検査です。主な生体検査としては次のようなものがあります。

・心電図検査
電極を付け、不整脈や心筋梗塞・心臓肥大などを調べる検査です。てんかんや脳腫瘍・意識障害などの診断に役立てます。

・超音波検査(エコー)
身体にゼリーを塗り超音波を当てて、臓器の状態を調べる検査です。腫瘍、結石などの異常の発見や、妊婦中の胎児の動きを調べます。

・脳波検査
頭部に電極を付け、脳から生じる活動電位の変化を記録する検査です。

・肺機能検査
スパイロメーターという計測機器を用いて行われます。ぜんそくをはじめとする呼吸器の病気が疑われるときや、その状態をみるときに行う検査です。

・呼気NO検査
呼気中のNO(一酸化窒素)濃度を測定し、気道の炎症の存在や程度を調べる検査です。

・聴力検査
防音室でヘッドホンをして、どのくらい小さな音が聞こえるかを測定する検査です。

・熱画像検査(サーモグラフィー)
皮膚の表面温度を測定する検査です。血行障害や炎症などによ皮膚の温度変化をとらえることができます。

検査を受ける患者は誰もがなんとなく心配だったり不安だったりするものです。患者と向き合って不安を和らげるのも臨床検査技師の役割のひとつです。

■検体検査
「検体」とは、尿や便など患者が排出したもの、血液や髄液、組織の一部など、患者の身体から採取したものをいいます。検体に含まれる成分や細菌などを分析して身体の状態を調べ、上記の診断の手助けをするのが「検体検査」です。検査のために必要な採血や検体採取の一部も臨床検査技師の業務範囲に含まれています。

検体検査には次のようなものがあります。

・一般検査
尿や便などの成分を調べて、腎臓や肝臓、消化器などの異常をチェックします。病気の早期発見にも繋がる検査です。

・血液検査
赤血球・白血球・血小板などの数や形態検査、血液の凝固や線溶の検査を行います。貧血の程度や炎症の程度などが分かります。

・生化学検査
血液中の糖質、蛋白質、ビタミン、ホルモンなどを調べます。臓器の働きや異常の程度などが分かります。

・病理検査
細胞や組織の一部を顕微鏡で検査し、悪性細胞などを見つけます。ガンの早期発見や治療に役立ちます。

・微生物検査
尿、便、喀痰などの検体から感染症の原因となる微生物を見つける検査です。

・免疫検査
血液中に感染によってできた抗体の有無や量を調べる検査です。

「臨床検査技師」と「臨床工学技士」の違い

「臨床検査技師」と「臨床工学技士」は名前が似ているので間違えやすいですが、はっきりとした役割の違いがあります。

「臨床検査技師」は患者の生体や検体を検査する仕事です。対して「臨床工学技士」の仕事は医療機器の操作と保守・点検です。臨床検査技師が検査のスペシャリストなら、臨床工学技士は医療機器のスペシャリストといえます。臨床工学技士が扱う医療機器には「人工呼吸器」「人工心肺」「人工透析装置」などがあります。臨床検査技師は多くの医療機器を必要とする集中治療室でも活躍しています。

「臨床検査技師」と「診療放射線技師」の違い

「臨床検査技師」の仕事は各種検査を行うことですが、放射線がかかわる検査は「診療放射線技師」の仕事です。胸部や腹部のX線検査、マンモグラフィー、CT検査、ガンの放射線治療などを担当します。放射線の安全管理や機器の管理も診療放射線技師の仕事です。

臨床検査技師になるには

臨床検査技師国家試験に合格する

臨床検査技師になるには、臨床検査技師国家試験に合格する必要があります。試験は年1回各都市で行われています。試験科目は次の通りです。

・医用工学概論(情報科学概論及び検査機器総論を含む。)
・公衆衛生学(関係法規を含む。)
・臨床検査医学総論(臨床医学総論及び医学概論を含む。)
・臨床検査総論(検査管理総論及び医動物学を含む。)
・病理組織細胞学
・臨床生理学
・臨床化学(放射性同位元素検査技術学を含む。)
・臨床血液学
・臨床微生物学
・臨床免疫学

受験資格を得るには

臨床検査技師国家資格の受験資格を得るには、臨床検査技師養成課程のある4年制大学、3年制の短期大学または専門学校で所定の過程を修了することが必要です。
他には、医師・歯科医師の免許取得している人、大学の医学・歯学の正規課程を修了した人などにも受験資格があります。

試験の難易度はどれくらいか

平成31年2月に実施した臨床検査技師国家試験の結果は、次の通りでです。

■合格基準
199満点中120点以上

■合格率
受験者数:4,817人(うち新卒者4,002人)
合格者数:3,620人(うち新卒者3,462人)
合格率:75.2%(新卒者86.5%)

合格率で見ると例年80%前後で、国家公務員の中では特別に難易度が高いということはありません。しかし新卒者と既卒者に分けて見てみると、平成31年の試験では、新卒者の合格率が86.5%なのに対し、既卒者の合格率は19.4%と大きな差があります。

試験は年に1度のチャンスです。新卒時の一発合格を目指すのが合格の秘訣のひとつになるでしょう。出題は養成学校で学ぶ科目なので、在学中にしっかり勉強して一発合格を目指すことをお勧めします。

臨床検査技師の年収

厚生労働省発表の賃金構造基本統計調査の職種別賃金額によると、臨床検査技師の年収はおおよそ470万円程度となっています。求人情報を見ると、新卒では月収20万円位の募集が多く見受けられます。専門職なので、経験を積むほど給料がアップしていくと考えられます。

臨床検査技師の給料は、勤務先によっても違ってきます。主な勤務先は病院、臨床検査センター、保健所などがありますが、勤務先の業種や規模によって、また夜勤があるか否かなど勤務条件によって収入に違いが出てきます。

臨床検査技師の勤務体系と休日

臨床検査技師の勤務体系は勤務先の就業時間に準じます。最もスタンダードな勤務先は病院の検査部門です。この場合は朝8時くらい~夕方18:00くらいの勤務となる場合が多いでしょう。最近は土日も診療している病院も多くなりました。休日は必ず土日が休みというのは難しいかも知れません。週に2日程度、シフトを組んで休みをとることになることが多いようです。また、救急対応をしている病院では夜勤がある場合もあります。

臨床検査技師の病院以外の勤務先としては、検査センターや検診センターがあります。こちらは昼間の時間帯の勤務となりますが、土曜日も稼働している場合が多く、休日はやはりシフト制で週2日程度の休みをとるのが一般的です。

臨床検査技師の将来性

近年、検査機器が飛躍的に発達し検査が自動化されたことで、人手を介さなくてもできる検査が多くなりました。これは臨床検査技師にとっては厳しい状況といえます。これからの臨床検査技師人の手でしか行えない複雑な検査を行うため、高度な専門性を有している人が必要とされます。「細胞診断士」や「超音波検査士」など、上位資格を取得していることが強みとなるでしょう。

臨床検査技師の仕事が機械化されてきた一方で、チーム医療の考え方が進む中、検体の採取や検査の説明など看護師が行っていた業務を臨床検査技師が担当するようになるなど、仕事の範囲が広がってきたことで臨床検査技師の需要が増えている側面もあります。このような場面では専門的なスキルに加え、チームスタッフや患者と接するコミュニケーション力も必要になります。

臨床検査技師がおもに勤める場所

臨床検査技師が勝康る主な場所は、病院、検査センター、健診センターです。病院では来院や入院患者の生体検査、生理検査を、検査センターでは主に病院やクリニックから依頼された検体検査を行います。健診センターでは、健康診断や人間ドッグなどの健診に関わります。
また、臨床検査技師の資格を活かして、治験コーディネーターとして働いたり、製薬会社、医療機器メーカーなどで研究開発に携わる道もあります。

臨床検査技師についてのまとめ

  • 臨床検査技師とは、臨床検査技師は医師の指示のもと、さまざまな臨床検査を行う「検査のプロフェショナル」です。
  • 臨床検査技師の行う検査は、大きく「生体検査(生理学的検査)」「検体検査」の2つに分けられます。
  • 「臨床検査技師」は生体検査・検体検査が、「臨床工学技士」は医療機器の操作と保守・点検が、「診療放射線技師」はX線検査が仕事です。
  • 臨床検査技師になるには、臨床検査技師養成課程のある4年制大学、3年制の短期大学または専門学校で所定の過程を修了し、国家資格に合格する必要があります。
  • 臨床検査技師の主な活躍の場は、病院、検査センター、健診センターです。資格を活かして治験コーディネーターとして働いたり製薬会社、医療機器メーカーなどで活躍する道もあります。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda