この記事では、「メンター」の意味や使い方、類語、英語表現について考察します。

最近、ビジネスの現場で「メンター」という言葉を耳にします。人材育成に関係する言葉ですが、正確な意味を言える人は少ないかもしれません。

今や人材育成は企業にとって大きな課題です。この記事を通して、「メンター」についての知識を深めてください。

「メンター」の意味と使い方

「メンター」とは、仕事や人生の指導者、助言者の意味です。主に会社などでの人材育成に用いられますが、キャリア形成だけでなくさまざまな悩みの相談を受けるのが「メンター」です。

「メンター」の語源

「メンター」の語源は、古代ギリシャの長編叙事詩「オデュッセイア」に登場する「メントール(mentor)」という人物の名前からです。
主人公のオデュッセウスにとって、メントールは良き友人であり良き支援者でもありました。トロイとの戦いで危機的な状況になった際には、メントールの的確な助言で勝利をつかむことができたのです。また、メントールは、トロイへの遠征の際には、王子テレコマスの養育を王から任されたのです。

「メントール(mentor)」は、英語では「メンター」と発音され、オデュッセイアのエピソードから「助言者」「教育者」「恩師」の意味で使われるようになりました。

「メンター」と「コーチ」の違い

個人のスキルアップなどを指導する役割に「コーチ」がいますが、「メンター」とはどう違うのでしょうか?

「メンター」と「コーチ」の違いは大きく3つあります。

①支援にかける期間
「コーチ」は、プロジェクトや業務に関する短期的な支援です。目的が達成すれば、コーチの役目は終了します。
一方、「メンター」は、仕事だけでなく人生に関する支援もおこなうので、中長期的なものになり、支援する期間の決まりはありません。
②支援する範囲
「コーチ」と「メンター」とでは、関わる範囲に違いがあります。「コーチ」は、業務やプロジェクトの目標達成のために支援するのが主な役割ですが、「メンター」は、目標達成だけでなく、悩みの相談や人生の目的など幅広い範囲の事柄を支援します。
③支援する対象者
「コーチ」の役割は、業務やプロジェクトの目的を達成させるために支援することですから、主に実務経験者が対象者です。
「メンター」の場合、支援する範囲が広いので、新入社員から中堅社員、起業を目指す人や経営者などさまざまな人々が対象になります。

「メンティー」とは

「メンティー」は、「メンター」から助言や指導を受ける人のことです。「メンター」が「師匠」なら「メンティー」は「弟子」と言えるでしょう。
つまり、「メンティー」は「メンティー」から仕事や人生についての教えを受ける立場です。
「会社から言われたから」など消極的な態度では、「メンティー」とは言えません。なによりも貴重な時間を割いて助言や指導を与えてくれる「メンター」に失礼です。

「メンティー」は「メンター」の「弟子」であるという自覚を持つことが大切です。

「メンター」のビジネス上での使い方

「メンター」は、ビジネス上でも一般的に使われる言葉になっています。「メンター」を使った例文には以下のようなものがあります。

例文
・上司には相談できないこともメンターなら相談できます。
・メンターのお陰で、仕事も積極に取り組めるようになりました。
・人生に対して悲観的だった私に希望を与えてくれたのが、メンターでした。

「メンタリング」の意味と例文

「メンター」が「メンティー」におこなう育成や指導方法を「メンタリング」と言います。
「メンタリング」は、上司や先輩などの「メンター」と「メンティー」とマンツーマンでおこなわれます。

例文
・あなたには適切な指導者からのメンタリングが必要です。
・若者の起業のためには、財政的面だけでなく、メンタリングが求められます。

「メンター制度」の意味と例文

かつては、「飲みニケーション」と称された「飲み会」が定期的に行われて、会社の愚痴や苦言を言い合った時代がありました。しかし、価値観が多様化している現代では、そのような場所は失われつつあります。
また、同じ部署の先輩や上司には本音を言いづらいのも現実です。離職率が増加している今、「メンタリング」を制度として取り入れる会社が増えています。これを「メンタリング制度」と呼びます。

例文
・メンター制度により新入社員とのコミュニケーションが良くなりました。
・新入社員の離職率が下がったのは、メンター制度の効果と言えるでしょう。

「メンター」の探し方

「メンター」探しは、「メンティー」によって異なります。社内の新人を支援する場合、「メンター」は入社4年から8年ぐらいの管理職手前の中堅社員から選ぶのが一般的です。
「メンター」にはコミュニケーション能力が必要ですが、「メンティー」との相性も大切です。そのため、人事部がそれぞれの性格を判断してマッチングすることが多くなります。

また、中堅社員や新しく起業する人を支援する「メンター」を探す場合は、社外から適任者を探します。「どんな成果を出しているか」「人間性はどうか」などを基準にし、著作物や講演内容などから判断します。但し、社外から選ぶ場合は、費用の問題などをクリアしなければなりません。

「メンター」になるには

「メンター」になるには、特別な資格はありません。ある意味、誰でも「メンター」になれると言えるでしょう。当然、どのような「メンティー」を支援するかによって、向き不向きはあります。

新人社員に対する「メンター」は入社4年から8年ぐらい中堅社員が対象ですが、女性社員が「メンティー」の場合は、女性管理職や子育てしながら働く女性社員が「メンター」になります。
また、社員が「メンター」になり、社長や役人に最新のトレンドやSNSの使い方などを指導するケースもあるようです。

どちらにせよ、「メンター」に必要なのはある分野での経験やスキル、さらに高いコミュニケーション能力です。この2つを満たしていれば「メンター」になれる可能性は十分にあります。

「メンター」の類語と例文

「メンター」の類語としては、「助言者」「指導者」「アドバイザー」などが考えられます。

助言者
助けになる意見や言葉をそばから言う人。例文
・彼は常に冷静で思慮深い性格で、短気な私には最高の助言者です。

指導者
学問や研究などを指導する人。例文
・彼の才能は認めますが、プロとして活躍するには良き指導者が必要です。

アドバイザー
忠告者。助言者。例文
・この危機的な状況から抜け出すためには、信頼できるアドバイザーが必要です。

「メンター」の英語表現

「メンター」の語源は、英語の「mentor」なので、当然英語表現も「mentor」になります。

・It is very important to find a good mentor in the office.
(会社で良きメンターを見つけることは大切です。)
・A mentor can be a crucial influence in your professional life.
(仕事上、ひとりのメンターが決定的な影響を与えることがあります。)

まとめ この記事のおさらい

  • 「メンター」は、仕事や人生の指導者、助言者の意味。
  • 「メンター」と「コーチ」には、「支援にかける期間」「支援する範囲」「支援する対象者」で違いがあります。
  • 「メンティー」は、「メンター」から助言や指導を受ける人のこと。
  • 「メンター」探しには社内から選ぶ場合と社外から探す2つのケースがあります。
  • 「メンター」に資格はありませんが、ある分野での経験やスキル、コミュニケーション能力が求められます。
  • 「メンター」の類語は、「助言者」「指導者」「アドバイザー」など。
  • 「メンター」は、英語でも「mentor」。