この記事では「初詣」の意味や由来について解説いたします。

「初詣」は日本人にとって当たり前の風習になっていますが、実は時代とともに大きく変化してきた文化で、現在の形式が定着してからそこまで経っていないのです。

そこで今回は初詣はいつ行くかや神社とお寺のどちらに行くか、お賽銭の金額はどれくらいかも含めて取り上げました。
この記事の中で一つでも参考になる内容があれば幸いです。

初詣とは

まずはそもそも「初詣」とはどのような意味なのか、どういう由来があるのかといった基本的な内容です。
あらためて確認しておくと、「初詣」に対する理解や関心が更に深まっていくかもしれません。

初詣の意味

「初詣」は「年が明けてから初めての神社やお寺へのお参り」という意味があります。

「詣」という漢字には「社寺をお参りする、参拝する」という意味があり、年が明けてから「初めてお参りする」ので「初詣」になるというわけです。

また「初詣」では神様に感謝をしたりお願い事をしたり、絵馬に願い事を書いたりお守りを買ったりする人が多く見受けられます。
これは「初詣」が旧年の感謝を捧げたり、新年が良い年になるようにと願掛けを社寺の神様に行うための行事だからです。

受験生が試験に合格するようにと願掛けをしたり、無病息災や交通安全のお守りを買ったりする人がいるのもこういった背景があるからだといえるでしょう。

また年明けには正月飾りを家に飾ったりお雑煮を食べたりしますが、実はこれらの行為も神様への感謝を示したり新年の願掛けをする意味があるのです。

ただそうすると家の中で済ませられるならわざわざ神社やお寺に行く必要はないと感じる人もいるかもしれません。

家の中と外での違いは、異なる神様が宿っているという点です。

正月飾りに宿るとされている神様は「歳神様」であるのに対し、社寺の神様は「氏神様」なのでそれぞれ違った意味合いがあるとされています。「歳神様」は「としがみさま」と読み、「正月に各家に毎年やってくる神様」や「先祖の霊」という意味です。

一方の「氏神様」の読み方は「うじがみさま」で、「同じ地域に住む人々によって共同で祀られる神様」という意味があります。

つまり家では「歳神様」、社寺では「氏神様」に感謝や願掛けをしているのでそれぞれ独立して存在しているというわけです。

初詣の由来

「初詣」の形式は地方によって多少変わりますが、そのほとんどは「正月に有名な神社や寺へ参拝する」というものです。

現代の日本においては文化としてすっかり定着している感がありますが、この形式になるまでには様々な歴史があります。

そもそも「初詣」の元々の由来といわれているのは、「年籠り」という行事です。

「年籠り」は「としごもり」と読み、「村や家の長がその地域の氏神様が祀られている社寺に行き、大晦日の夜から元日の朝まで寝ずに籠もること」を意味しています。

一睡もせずに一晩中祈り続けるという決まりがあり、もしこの間に寝てしまうと白髪やシワが増えてしまうとされていました。

なお今の日本では「年籠り」の風習は残っていませんが、中国の旧正月(春節)では前日の大晦日から眠らずに過ごす「守歳」(しゅさい)という風習があります。

その「年籠り」が時代の経過によって大晦日の夜と元日の朝に社寺を参拝する行事の2つに分かれていきました。

大晦日の夜に参拝するのは「除夜詣」(じょやもうで)、元日の朝にお参りすることを「元日詣」(がんじつもうで)といいます。

実はこの「元日詣」が現代の「初詣」になっていくのですが、参拝する社寺に関して決まりがあるというのが大きな違いだといえるでしょう。

「元日詣」は住んでいる地域の「氏神様」が祀られている社寺、あるいは家から見てその年の恵方の方角にある社寺に参拝するというのが元々の決まりで、後者は「恵方詣り」と呼ばれていました。

ちなみに現在も除夜と元旦の2回社寺を参拝する風習が残っている地域が見受けられますが、二年に渡ってお参りしているのでこれを「二年参り」といいます。

こうして「除夜詣」と「元日詣」がそれぞれ行われていましたが「元日詣」だけが風習として残り、恵方に限らず「有名な社寺に自由に参拝する」というのが次第に一般的になりました。

なお「初詣」という言葉が使われるようになったのは大正時代になってからだといわれていますが、「恵方詣り」の風習が薄れてきたのは大正時代末期です。

こうした風習の変化が起こった原因として鉄道による交通の便が改善したこと、そして各鉄道会社の宣伝合戦によるものが挙げられます。

これまでは物理的に遠方まで赴くのが難しいということもあり、近くの社寺を中心にお参りをしていたとされています。

それが交通の便がよくなったことで近くの恵方の社寺だけでなく、恵方にある有名な社寺にも労せず参拝できるようになりました。

しかし毎年正月になると各社が各々の沿線の神社仏閣を恵方であると宣伝した為、やがて「恵方詣り」の本来の意味が風化してしまい人々は自由に社寺を参拝するようになったというわけです。

初詣はいつ行くのか

「初詣」は人が多く行き交うということもあり、特定の日時に行くものだというイメージを持たれている人も少なからずいるかもしれません。

そこで「初詣」に行く時間帯や回数、喪中の時はどうしたら良いのかを確認しておきましょう。

初詣に行く時間帯

「初詣」に行く時間帯には特に決まりがありません。

二年参りをする為に大晦日からお参りするのが良いとする説もありますが、大晦日は家で「歳神様」に感謝や願掛けをし、元日にお雑煮を食べた後に社寺の「氏神様」へお参りするのが良いという意見もあります。

これといった明確な決まりがあるわけではないので、例えば人混みが苦手な人は人が少ない日時を選んで「初詣」に行くのが良いかもしれません。

なお「初詣」は何日までに行かなければならないという決まりも特にありませんが、元日から3日までの「三が日」か、7日までの「松の内」の間に詣でるのが一般的だとされています。

2回以上行っても問題ない?

「初詣」の回数や参拝先の組み合わせ方にルールはないので、2回以上行っても問題ないでしょう。

というのも日時を変えて家族や友人それぞれと「初詣」に行くというのは十分に考えられることだからです。

また先述のように「初詣」は「三が日」か「松の内」の間に詣でるのが一般的だとされているので、あまり頻繁に行くということもそうそうないでしょう。

その為「初詣」の回数についてはあまり深く考えなくても良いかもしれません。

喪中は初詣に行ってはいけない?

「喪中」は「もちゅう」と読み、「家族が亡くなって1年以内」という意味があります。

「喪中」は鏡餅や門松などの正月飾りといったことはせず、またおせち料理も作りません。

したがって「初詣」には行かないとされていますが、神社が授与するお札は毎年新しくすべきものだとされています。

忌明け(地域にもよりますが神道で五十日祭、仏教で四十九日の法要以降とされています)なら前年のお札を納め、新しいお札を受けに行ってもよいでしょう。

また忌中に年末年始を迎える場合は、忌明け後にお札を受けに行くのが良いとされています。

初詣は神社とお寺のどっちに行くべきか

「初詣」は神社とお寺のどちらか一方だけにするべきか、あるいは両方行っても問題ないかは特に気になるところかもしれませんが、結論からいうと神社とお寺の両方に行っても問題ないとされています。

なぜなら寺の敷地に神社があったり神社に隣接して寺が建てられていたりすることも少なからず見受けられる為、「初詣」で両方に参るのは不自然なことではないからです。

神社の氏子でなおかつ寺の檀家という家も決して珍しくはなく、その場合は両方に詣でるべきだといわれています。

江戸時代には「初詣」に七福神巡りを楽しむことが流行したということもあり、各地にある七福神巡りのコースには神社と寺が組み入れられているものが多いです。

初詣のお賽銭の金額

「初詣」のお賽銭の金額は、金額が多ければ多いほどその分ご利益も大きくなるというイメージがある人もいるかもしれません。

しかし実際はそのようなことはなく、お賽銭の額は自分の気持ちで決めても良いのです。

そもそも神社のお賽銭は神様への供え物、お寺ではお布施であり、欲や執着を捨てる施しの修行でもあります。

その趣旨を考えると、自分の気持ちに見合う額を納めることで何の問題もないでしょう。

逆に多くの見返りを期待してお賽銭の金額を増やすのは、この趣旨に反するということです。

金額の多寡についてはあまり深く考えず、自分の懐具合や気持ちで自由に決めると良いでしょう。

まとめ この記事のおさらい

  • 「初詣」は「「年が明けてから初めての神社やお寺へのお参り」という意味がある。
  • 年明けには正月飾りを家に飾ったりお雑煮を食べたりするのは、これらの行為も神様への感謝を示したり新年の願掛けをする意味があるからだといわれている。
  • 正月飾りに宿るとされている神様は「歳神様」であるのに対し、社寺の神様は「氏神様」なので家と社寺へのお参りでは別の意味がある。
  • 「初詣」の元々の由来は「年籠り」という行事だとされており、「年籠り」は「村や家の長がその地域の氏神様が祀られている社寺に行き、大晦日の夜から元日の朝まで寝ずに籠もること」を意味している。
  • 大晦日の夜に参拝するのは「除夜詣」(じょやもうで)、元日の朝にお参りすることを「元日詣」(がんじつもうで)といい、「元日詣」が現代の「初詣」に繋がっている。
  • 「初詣」の日時や時間帯には特に決まりはないが、元日から3日までの「三が日」か、7日までの「松の内」の間に詣でるのが一般的だとされている。
  • 「初詣」の回数や参拝先の組み合わせ方にルールはないので、2回以上行っても問題ない。
  • 「初詣」は神社とお寺の両方に行っても問題ないとされている。
  • お賽銭の額は自分の気持ちで決めても良い。