この記事では「楽しいことがない」と思ってしまう人の特徴や楽しいことを見つけるコツについて解説いたします。

毎日を楽しいと感じながら過ごすことができれば何よりですが、実際にはそのように感じられない日もあるかもしれません。

そこで今回はどうやったら楽しいことを見つけられるのかや、楽しいことをジャンル別でご紹介しています。

この記事の内容で一つでも参考になるものがあれば幸いです。

「楽しいことがない」と思ってしまう人の特徴

「楽しいことがない」と思ってしまう人に共通する特徴があります。

もちろん人によって多少は異なりますが、今回はその中の3例を記載しました。

職場と家の往復だけで1日が終わってしまう

まずは職場と家の往復だけで1日が終わってしまう人です。

日々同じことの繰り返しでは、なかなか楽しいことに出会うこともないでしょう。

朝から晩まで今までと同じような過ごし方をしていると、ある意味機会的に毎日が過ぎていってしまうという人もいるかもしれません。

そうするといつの間にか月日だけが流れていて、特に楽しいことがないままということになってしまうというわけです。

休日の予定がなく、暇を持て余している

休日の予定がなく、暇を持て余しているというのも「楽しいことがない」と思ってしまう人の典型的な特徴だといって過言ではないでしょう。

休日に何か打ち込みたいと思える程熱を入れているものが特になく、せっかくの時間をどのように過ごしたら良いのか分からず持て余している人が該当します。

家で漫画やゲーム、ドラマや映画等で時間を潰したりしても時間が余ってしまい、退屈だと感じてしまうという人もいるかもしれません。

何かに興味を持っても、実際の行動に移さない

何かに興味を持っても、実際の行動に移さないという人も「楽しいことがない」と思ってしまう特徴の一つです。

例えばメディアや友人等から何か新しい情報を入手して、興味を持ったとします。

しかし興味を持つところで止まってしまい、それ以上何かするわけではない人のことです。

新しいことにチャレンジするのは勇気がいるのはもちろん、お金や時間、労力を費やす必要があるので億劫に感じてしまうところがあることでしょう。

そういった人は上記のような苦労をするくらいなら今まで通りで良いというように判断してしまい、もしかしたら楽しいことが待っているかもしれないという可能性に蓋をしてしまっているかもしれません。

楽しいことを見つけるコツとは?

楽しいことがなかなか見出せない人がいる一方で、いつも楽しいことを見つけているような人もいるものです。

この両者の違いは、もしかしたら楽しいことを見つけるコツを知っているかどうかかもしれません。

今回はその楽しいことを見つけるコツについて、2つ取り上げています。

自分の興味のあることを紙に書き出してみる

自分の頭の中で色々と考えていても、うまく整理がつかないということもあるでしょう。

そこで自分の興味のあることを紙に書き出してみるという手段があります。

頭の中で考えるより紙に書き出した方が考えていることを可視化することができ、自分でも気づいていなかった新しい発見があるかもしれません。

その際にはしっかりとした文章で書くというより、箇条書きであったり思いついた単語を羅列するといったやり方の方が良いという意見があります。

文章を練っていると結局頭の中で考えていることを文字として書き出しているだけになってしまうので、思いついたことを一旦そのまま紙に書いた方が良いというわけです。

もし書き出した中で自分の心の琴線に響くものがあれば、それを始めてみても良いかもしれません。

深く考えずに「まずはやってみる」という意識が大切

状況や環境が自然に整うということはまずあり得ないことです。

その為あれこれ深く考えずに「まずはやってみる」という意識が大切になってきます。

例えば「泳げるようになってからプールに入る」と言っていると、いつまで経ってもプールに入る機会はないでしょう。

まずはプールに入ってみて、その中で失敗を繰り返していくことで初めて泳げるようになるというわけです。

プールの例に限らず「まずはやってみる」という意識さえ持てば、少なくとも何かしら新しい発見や気づきを得られることができるでしょう。

もしかしたらその中から、自分が本当に楽しいと感じられるものに出会うことができるかもしれません。

楽しいことを7つのジャンル別に紹介!「楽しいことないかな」と思ったときに

上記のようなコツを実践してみても楽しいことが見つからないという人がいるかもしれません。

その場合の対策として、楽しいことを7つのジャンル別にご紹介します。

もしかしたらこの中のものを実践してみることで、楽しいと思うようなものがあるかもしれません。

①新しいことにチャレンジする

楽しいことがないと感じるのは、今まで体験してきたことが楽しくなかったからかもしれません。

そこでおすすめなのは、何か新しいことにチャレンジすることです。

チャレンジといっても大それたことをする必要はなく、例えば新しい趣味を始めたり、行ったことのないお店に行ってみるといったものでも全く問題ありません。

その他にはいつもと違う通勤路を使ってみたり、飲んだことがないお酒を試してみたり、近場を散歩してみるといった気軽なことをやってみるのも良いでしょう。

②知見を広げる(本を読む、セミナーに参加するなど)

自分の知見を広げるようなことに手を出してみるのも面白いかもしれません。

例えば本を読んだり、セミナーに参加する等といったことが挙げられます。

その他ではコンサートに行ってみたり、美術館等で芸術に触れてみたり、工場見学に行ってみたりするのも良いでしょう。

もし楽しいと感じられなかったとしても、知見が広がるというのがこの方法の利点です。

③刺激的な体験をする

普段の生活がマンネリ化しているという人にとっては、刺激的な体験をするという方法があります。

具体的には心霊スポットに行ってみたり、面白いと噂の映画を観に行ったりすることです。

また新しくできたスポットに行ってみたり、高層ビルの展望台に登ってみたり、海の綺麗なところでダイビングをやってみたりするのも面白いかもしれません。

刺激のある体験をすることで、人によっては楽しいと感じることもあるでしょう。

④上質な体験をする(高級ホテルに泊まる、高級レストランに行くなど)

非日常的な気分を味わうという意味で、上質な体験をするのも一つの手だといえます。

例えば高級ホテルに止まってみたり、高級レストランに行ってみたりするのは気分も良くなることでしょう。

その他には高価なイヤフォンで質が高い音楽鑑賞を楽しんだり、高級なチョコレートを買って食べたり、高級なワインを飲んだりといったことも考えられます。

自分が美味しいと感じる食べ物や飲み物を、いつもよりお金をかけてみると何かしら感じるところがあるかもしれません。

また上記の手段で楽しいと感じられなかったとしても、人と話す際の話題になったりする等決して無駄な投資にはならないでしょう。

⑤交友関係を広げる

もし今までの人付き合いで楽しいと感じられなかったなら、新たに交友関係を広げてみるのも良いかもしれません。

交友関係の広げ方としては交流会に参加したり、イベントを企画するといった方法があります。

その他では友達から知り合いを紹介してもらったり、パーティーに参加したり、様々な人が集まる飲み会に出席したりするのも面白いでしょう。

例えば「野球好きの会」のように特定の趣味やテーマがある会に参加するのも良いですが、フリーテーマの会に参加してみるのと新しい発見があるかもしれません。

⑥恋人をつくる

もし今恋人がいないなら、恋人をつくるという方法も考えられます。

なぜなら恋人と一緒に時間を過ごせば楽しいと感じられるという人が少なからず見受けられるからです。

恋人をつくる手段としては気になる人をデートに誘ったり、婚活パーティーに参加して出会いを増やしたりすると良いでしょう。

その他では恋人を求めている異性を紹介してもらったり、マッチングアプリを利用してみたり、結婚相談所に登録したりといったことが考えられます。

⑦普段の自分を変えてみる

最も身近な存在である自分を普段と変えてみるというのも有効かもしれません。

例えば髪型を変えたり、服装を変えてみるといったものは手軽で始めやすいといえるでしょう。

その他では新しいカバンや靴を買ってみたり、ジムに通って鍛えてみたり、女性であればメイクを変えてみたりといったことも挙げられます。

自分ではあまり楽しいと感じられないという人がいるかもしれませんが、少なくとも周りの人にとっては新鮮に見えて褒めてもらえるきっかけになるかもしれません。

またせっかくなら自分の今までの趣味やイメージとは全く異なるものに手を出してみるのも良いでしょう。

例えば今までしたことがない髪型にしてみたり、興味がなかった分野の服装をしてみる等です。

もしかしたらその中で自分が楽しいと感じるものが見つかるかもしれません。

まとめ この記事のおさらい

  • 「楽しいことがない」と思ってしまう人の特徴としては職場と家の往復だけで1日が終わってしまったり、何かに興味を持っても実際の行動に移さないといったことが挙げられる。
  • 楽しいことを見つけるコツとしては自分の興味のあることを紙に書き出したり、深く考えずに「まずはやってみる」という意識を持つことが考えられる。
  • 今までと同じことをすると今までと何も変わらないので、新しい何かを取り入れてみるとその中から自分が本当に楽しいと思えるものが見つかるかもしれない。
  • 楽しいことを見つけるきっかけとしては新しいことにチャレンジしたり、上質な体験をしたり、交友関係を広げたりするといったことがある。