この記事では「副業」の定義やメリット・デメリットについて解説いたします。

これまで多くの企業で禁止されてきた副業ですが、「積極的に副業を推進する」という働き方改革の方針により今後は副業が容認されていくとされています。

しかし副業の定義やどのようなメリット・デメリットがあるかを確認しておかなければ、いざ副業しようと思った際に困ってしまうかもしれません。

そこで今回は上記内容に加えておすすめの副業や注意点を取り上げました。

すでに副業をされている人はもちろん、今後副業を始めようと検討している人にとって参考になる内容があれば幸いです。

副業とは

そもそも「副業」は、法律等で明確に決まっているものではありません。

その為多様な解釈をされることがある為、まずは以下で「副業」の定義や、「複業」や「兼業」との違いを確認しておきましょう。

副業の定義

最も広い意味での副業の定義は「本業とは別に副収入を得ること」であり、その手段の種類を問いません。

例えばアルバイトや内職等のダブルワーク、株式やFX投資、ネットオークションや転売等が挙げられます。

また狭義の意味の「副業」は、「本業の業務に支障が生じる」「会社に損害を与える」「会社の信用を落とす」のいずれにも該当しないで本業以外に副収入を得ることです。

つまり本業に支障が出たり会社に迷惑をかけるような形では「副業」とはいいません。

「副業」「複業」「兼業」の違い

「副業」に似た言葉として「複業」や「兼業」があります。

「複業」は副業で得られる副収入金額や副業にかける時間・労力が本業に近づいた場合に使う言葉です。

つまり本業とは収入や時間・労力面で差がある場合が「副業」、本業と同等程度までそれらが近づいた場合は「複業」だといわれています。

ただしはっきりとした定義や明確な基準はない為、「副業」と「複業」の線引きは曖昧です。

また「兼業」も明確な定義は特にありませんが、一般的には本業以外の事業を行うこととされています。

例えば商社がコンビニ業界に進出したり、会社に勤務しながら休日はカフェを経営したりする場合です。

事業として本格的に行うという点において「副業」と区別されることがありますが、「副業」や「複業」との明確な違いはない為ほとんど同じ意味で使われることもあります。

副業のメリット・デメリット

「副業」にはメリットもあればデメリットもある為、後々後悔しないように事前に確認しておくことが重要です。

ここではよく見聞きする「副業」のメリットとデメリットをそれぞれ取り上げました。

副業のメリット

まず「副業」のメリットとしては、次のようなものがあります。

・収入が増える
「副業」に興味がある理由として最も多く上がるのが「収入が増えるから」という調査もあるように、多くの人の動機になっています。

・本業以外のスキルや知識が身につく
「副業」の内容が本業と直接関係ないものであった場合、新たなスキルや知識を身につけることができます。

・本業以外の人脈や会社との繋がりができる
新たな人との繋がりや会社との交流ができることで、万が一本業を離れることになっても次の就職先として活かすことができるかもしれません。

・自分のやりたいことに打ち込んで自己実現に近くことができる
収入面や会社の都合等様々な事情があり、本業では自分のやりたいことができていないという人にとって、それらの事業を一切考慮せずに好きなことに打ち込むことができるのは魅力的だといえるでしょう。

副業のデメリット

「副業」にはメリットだけでなくデメリットも存在します。

代表的なのは以下のデメリットです。

・労働時間が長くなる為、健康管理や時間管理を徹底しなければならない。
例えば副業に余暇時間の多くを割いて体調を崩してしまったら、本業に支障が出てしまいます。

このようなことになっては副業禁止に発展する恐れもあるので、本業に影響を与えないように気をつけなければなりません。

・取り扱う情報が増える為、情報漏洩や秘密保持等に留意しなければならない
本業とは違う情報を扱うようになるので、外部へ情報を漏らすことがないように徹底しなければなりません。

おすすめの副業【13選】

メリットやデメリットについて理解するだけでなく、どのような「副業」があるのかも知っておいた方が良いでしょう。

そこで実際にどのような「副業」があるのかを、おすすめ形式でご紹介します。

アフィリエイト

「アフィリエイト」とは「成果報酬型のインターネット広告」のことです。

自分のWebサイトやブログで企業の商品やサービスを紹介し広告を掲載することで広告収入を得たり、実際に売上が上がることで紹介料が返ってきます。

YouTube

動画サイトの「YouTube」に自分が撮影した動画をアップすることで、広告収入を得る手法です。

誰でも参入しやすいというメリットの反面、安定して収入を得るには膨大な視聴数を稼ぐ必要があるというデメリットもあります。

クラウドソーシング

「クラウドソーシング」とは「仕事を探している労働者と、仕事をしてくれる人を探している雇用者のマッチングをすること」です。

パソコンやスマホがあれば時間や場所を選ばず仕事ができる依頼も多い為、人気な「副業」の一つとされています。

せどり

「せどり」は「商品等を安く仕入れて高く売ることにより、その利ざやを得ること」です。

転売といわれることもあり、スマホやネットサービスの普及により近年利用する人が増加してきました。

手軽で始めやすい一方で、なかなか売れずに原価割れしたり在庫を抱えたりといったリスクもあります。

電子書籍の販売

自分で電子書籍を販売することも「副業」の一つです。

印刷代や配送費用等の経費を削減できるのがメリットですが、電子書籍より紙の書籍を利用する人の方が多いことや、ある程度のネームバリューがないと買ってもらいにくいといったデメリットもあります。

趣味の作品の販売

自分の趣味にしているもので作品を作り、それを販売するという方法もあります。

例えばハンドメイドのアクセサリーやオリジナルキャラクターグッズの販売等が考えられるでしょう。

自分の作品が評価されるという利点がありますが、収入として期待できるレベルに達するにはかなりの努力が必要です。

シェアリングビジネス

自分が所有しているものを人に貸し出す(シェアリング)することで利用料を得る「シェアリングビジネス」は近年急拡大しているビジネスモデルです。

部屋や家を貸し出す民泊や、車や駐車場の貸し出し等が代表例として挙げられます。

投資・FX

株式やFXといった投資は昔からある「副業」の一つです。

NISA口座の出現やスマホで気軽に取引ができるといった背景もあり、幅広い世代から人気があります。

Uber Eats

「Uber Eats」とは「オンラインフードデリバリーサービス」のことです。

対応している飲食店から依頼を受けて飲食物を受け取り、個人宅等に配送することにより収入を得ることができます。

治験

「治験」とは「医薬品や医療機器の製造販売前に、医薬品医療機器等法上の承認を得るために行われる臨床試験」のことです。

社会的な貢献度の高い「副業」だといっても過言ではないでしょう。

家事代行サービス

料理や掃除・洗濯といった家事を代行するサービスも近年注目されている「副業」の一つです。

家事が好きな人にとっては向いている「副業」だといえるかもしれません。

アンケートモニター

アンケートに答えることによってポイントをもらい、それをギフト券や現金に交換することができます。

単価は安いものが多いですが、隙間時間を使って手軽にできる為利用している人も少なからず見受けられる「副業」です。

アルバイト・パート

アルバイトやパートとして働く、ある意味最もオーソドックスな「副業」です。

本業の仕事終わりにそのままアルバイトやパートで働いたり、休みの日に集中的に従事する働き方が考えられます。

副業を行うときの注意点

「副業」を行う上では、知っておかなければならない注意点があります。

トラブルになることがないよう、事前に確認しておきましょう。

副業が可能か、会社の就業規則を確認する

「副業」を容認する会社が増えてきたとはいえ、禁止している会社も少なからずあります。

「副業」の可否については会社の就業規則等で確認し、可能であることを確認してから「副業」を行うようにしましょう。

稼いだ金額によっては確定申告が必要なことも

「副業」で稼いだ金額によっては確定申告が必要な場合があります。

アルバイトやパートであれば「収入」で20万円以上であれば確定申告が必要です。

一方クラウドソーシング等の場合は「所得」が20万円以上だと確定申告をする必要が出てきます。
「所得」とは「売上から経費を引いたもの」のことで、例えば「副業」をするに当たって必要な経費があった場合、それらは収入から差し引くことができるというわけです。

ただしこれらは非常に複雑な内容でもある為、心配な人は税務署等に相談してみた方が良いかもしれません。

まとめ この記事のおさらい

  • 「副業」は広義では「本業とは別に副収入を得ること」、狭義では「本業の業務に支障が生じる」「会社に損害を与える」「会社の信用を落とす」のいずれにも該当しないで本業以外に副収入を得ることをいう。
  • 「副業」のメリットとして収入が増えたり本業以外のスキルや知識が身につくことがある一方、健康管理や時間管理に留意する必要がある等のデメリットがある。
  • 「副業」は「アフィリエイト」や「クラウドソーシング」、「せどり」や「シェアリングビジネス」、「家事代行サービス」や「アンケートモニター」等があり、それぞれメリットやデメリットがある。
  • 「副業」をする上では、会社の就業規則で「副業」が容認されているか、また自分のケースでは確定申告が必要なのか確認しておく必要がある。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda