この記事では気楽な仕事の特徴や雇用形態について解説いたします。

仕事は苦労したり我慢したりの連続だという意見があるかもしれませんが、実際には必ずしもそういう仕事ばかりではありません。

また人によっては難しいと感じることもあれば、気楽にできる仕事だと感じることもあるでしょう。

そこで今回は気楽な仕事の特徴や、どのようなものがあるかを取り上げています。

それでは、実際に一つずつ確認していきましょう。

気楽な仕事の特徴

人それぞれ気楽に感じるポイントは違うかもしれませんが、気楽だとされる仕事には特徴があります。

その特徴は厳しいとされる仕事に付随するものとは真逆のもので、だからこそ気楽だといわれるのかもしれません。

今回はその特徴として3つ取り上げています。

一人でいられる時間が長い

まずは一人でいられる時間が長いことです。

会社は自分と気が合う人だけが集まってくるわけではない為、どうしても合わない人や好きになれない人がいる場合が往々にしてあります。

お互いに割り切って仕事に専念できれば良いかもしれませんが、陰湿ないじめや各種ハラスメント(セクハラやパワハラ等)に発展するかもしれません。

そうすると心身を病んでしまったり仕事に集中できなくなったりすることも十分に考えられます。

しかし、一人でいられる時間が長ければ上記のような心配事はほとんど起こりません。

誰かに監視されたり指図されたりといったこともない為、そういった意味で気楽な仕事の一つだといえるかもしれません。

ノルマや責任を求められない

ノルマが厳しかったり責任が重い仕事は、毎日神経を張り詰めながら働かなければならないことが予想されます。

対してノルマや責任を求められることがない仕事では、ストレスやプレッシャーがそれ程多くないという点において気楽な仕事だといえるでしょう。

単純作業が多く、覚えることが少ない

高度な専門知識や特殊なスキルを身につける必要がある仕事は、その仕事に就く前も就いた後も人一倍の努力を求められることでしょう。

一方で単純作業が多く、覚えることが少ない仕事であれば能力や知識を問われることもなくすぐに始められます。

その為気楽な仕事の一つだといっても良いかもしれません。

気楽な仕事を探すときは、雇用形態にも注目する

一見同じような仕事をする場合でも、雇用形態によっては気楽さの度合いが変わってくることがあります。

それは雇用形態によって求められる仕事のスキルや領分等が異なってくることがあるからです。

正社員よりも、契約社員やアルバイトの方が気楽に働ける

一般的に、正社員よりも契約社員やアルバイトの方が気楽に働けるといわれています。

もちろん雇用形態に関係なく責任があり難解な仕事をしている人もいますが、簡単に解雇できなかったり福利厚生が充実している等が理由で正社員の方が求められるものも多くなることが多いです。

正社員以外の場合は給料面に注意

正社員以外で働く場合、昇給や賞与がないことがある等給料面には注意が必要です。

特別な資格が必要であったり、誰でもできるわけではない仕事程給料が高くなる傾向があり、そういった仕事は気楽さとは縁遠いかもしれません。

逆に給料が低い仕事がいずれも気楽かというとそうではないので、その点にも留意した方が良いでしょう。

気楽な仕事10選

それでは気楽な仕事にはどのようなものがあるのか、ランキング形式でご紹介します。

中にはプライドを持って働いていたり気楽ではないと感じる人もいるかもしれませんが、今回は先述の「気楽な仕事の特徴」に当てはまる仕事をピックアップしました。

10位:図書館職員

図書館職員は図書館で本の貸し借りの手続きをしたり、返却された本を棚に戻したり等を仕事にしています。
専門的な知識を必要とされる「図書館司書」程の勉強量は求められず、決められたことをコツコツとやりたい人には向いているかもしれません。

自社製品を営業したりノルマに追われる等といったこともないので、そういった意味で気楽な仕事といえるでしょう。

9位:ビルメンテナンス

「ビルメンテナンス」はビルを含む不特定多数の人が利用する施設のメンテナンス等を行う仕事です。

具体的には電気や水道といったインフラ関係の保守点検や施設内の清掃、テナントやオーナーとの折衝等が挙げられます。

単なる清掃を行うだけであれば気楽な仕事といえますが、業務内容の中には資格が必要であったり責任が重いものもあるのでその点は注意が必要です。

8位:倉庫内での軽作業

「倉庫内での軽作業」は、「倉庫内で物を移動させたり、梱包して出荷作業を行う等の仕事」です。

言われたことや決められたことを淡々とすることが多い為、その点では気楽な仕事に分類されます。

7位:トラックの運転手

「トラックの運転手」は「トラックを運転し、荷物を決められた場所を運ぶ仕事」です。

肉体的にはハードな一面がありますが、トラックの中では一人でいる上に覚えることがそれ程多くない為気楽な仕事の一つとされています。

6位:Uber Eats(ウーバーイーツ)

「Uber Eats」は「Uber社からの依頼を受けて飲食物を注文者の指定場所(自宅が多いです)に配送する仕事」です。

Uber社から雇用されているわけではなく単発で働けるだけでなく、一人で働ける上に物を届けるだけという点で気楽な仕事といわれています。

5位:マンション管理人

「マンション管理人」は「マンションの清掃をしたり共有スペースの点検をしたり、物件の損壊がないかの巡回をしたりする仕事」です。

清掃員のような内容の仕事が多い為、特別なスキルや知識やスキルを求められるといったことは基本的にないとされています。

4位:セルフガソリンスタンドの監視員

「セルフガソリンスタンドの監視員」は「セルフ式のガソリンスタンドで、給油の仕方が分からない人を補助したり、ポリタンク等の容器にガソリンを入れて持って行こうとしていないか等を監視する仕事」です。

ガソリンはお客さんが自分で入れるので、給油にまつわるトラブルで責任を取らされるということも原則ありません。

3位:清掃作業員

「清掃作業員」は「オフィスや施設の清掃を行う仕事」です。

ノルマがなく一人で行える上に、淡々とできる仕事である為気楽な仕事だとされています。

2位:チラシのポスティング

「チラシのポスティング」は「一軒ずつチラシをポストに入れていく仕事」です。

決められたエリアでチラシを入れるだけなので気楽な仕事の特徴に3つとも当てはまっているといえるでしょう。

1位:在宅ワーク

「在宅ワーク」は「自宅でする仕事」のことで、内職やパソコンを使った仕事等が考えられます。

自宅でできるので一人で仕事ができますし、ノルマ等もなく自分の能力に合わせて仕事を選ぶことができるという点では気楽な仕事です。

副業にもおすすめの在宅ワーク|求人情報の探し方・メリット・注意点

まとめ この記事のおさらい

  • 気楽な仕事の特徴として一人でいられる時間が長かったりノルマや責任を求められない、単純作業が多く覚えることが少ないといったものが挙げられる。
  • 正社員より契約社員やアルバイトの方が気楽に働けるとされているが、給料面は正社員の方が高いことが多いので注意する必要がある。
  • 給料が低いからといって、必ずしも気楽な仕事であるとは限らない。
  • 具体的な気楽な仕事としては図書館職員やビルメンテナンス、倉庫内での軽作業やトラックの運転手等が考えられる。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda