この記事では、「履歴書」の「本人希望欄」に書くべきことや書いてはいけないこと、書き方などについて考察します。

転職や就職に必要な履歴書。職歴などを書くことはわかっても、何を書いたら良いのか迷うのが、「本人希望欄」です。

履歴書の「本人希望欄」にも書くべき内容や書き方があります。この記事を通して、履歴書の「本人希望欄」の内容や書き方を理解してください。

履歴書の「本人希望欄」には何を書くべきか?

「本人希望欄」というと、自分の希望をなんでも書けば良いと誤解する人もいるはずです。
しかし、履歴書の「本人希望欄」には書くべきことと書くべきでないことがあります。

ここでは、履歴書の「本人希望欄」に書くべきことについて紹介しましょう。

「入社の必須条件」がある場合に希望条件を記入

本人希望欄は、勤務する上でどうしても伝えなければならない条件を記入するためのものです。つまり、「入社の必須条件」で、その条件が承認されなければ入社ができないというものです。

例えば、家族などの理由で勤務地や勤務時間などに条件がある場合です。入社での必須条件ですから、記入する時は、どうしても無理なのか熟考することも大切です。

履歴書の「本人希望欄」には、「特に給料・職種・勤務時間・勤務地・その他についての希望などがあれば記入」と記載されているものもありますが、あくまでも必須条件であることを忘れずに、「この条件が認められなければ入社できない」というものだけ記入してください。

複数の募集職種から希望職種を選択するとき

求人の中には複数の職種を募集している場合があります。このような応募職種が複数ある場合は、履歴書の「本人希望欄」に希望職種を記入します。

必須条件がない場合は「貴社の規定に従います」と記入

入社の必須条件がなければ、何も書かなくて良いわけではありません。譲れない条件がなければ、「貴社の規定に従います」と記入します。
「貴社の規定に従います」と書くと全てを任せるようで不安になるかもしれませんが、面接が進んでいけば、担当者から勤務地や賃金に関する質問が必ずあります。絶対条件でない希望は、その時に話せば良いのです。

連絡可能時間や入社可能時期

現在勤務中の人の場合、連絡が可能な時間帯をその理由とともに書いておきましょう。連絡が取れないのは担当者にも迷惑がかかるので、明確にしておきましょう。
また、退社手続きなどの時間を考えて入社可能時期を書いておくことも必要です。

履歴書の「本人希望欄」に書くべきではないこと

では次に、履歴書の「本人希望欄」に書くべきでないことについて紹介します。

自己PRや志望動機

どうしても入社したいという希望が強いと、履歴書の「本人希望欄」に自己PRや志望動機を記入する人がいます。
しかし、自己PRや志望動機は、履歴書には必ず「自己PR」「志望動機」の欄があります。

伝えたい熱意や動機などはこれらの欄に記入しましょう。
「本人希望欄」にこれらのことを記入すると、履歴書の書き方を知らない人と判断されてしまいます。

「特になし」や「特にありません」

履歴書の「本人希望欄」に書くべきことがないと、つい「特になし」や「特にありません」と書きがちですが、これはNGです。

会社に対して興味や意欲がないと誤解される可能性がありますので、「必須条件」や「希望職種」、「連絡希望時間」などがある場合は必ず記入し、特にない場合は、「貴社の規定に従います」と書くようにしましょう。

履歴書の「本人希望欄」の書き方【例文】

次に履歴書の「本人希望欄」の書き方を見てみましょう。

履歴書の「本人希望欄」は簡潔に書くことが基本です。「本人希望欄」にあれこれ記入すると「要求の多い人」という悪い印象を与えるリスクがあります。長くても「本人希望欄」の8割以下でおさめるようにしましょう。

ではここで、履歴書の「本人希望欄」の例文を条件別に紹介します。

入社の必須条件があるとき

介護や子供のお迎えなど、家族に関係する事情で、勤務地や勤務時間に必須条件がある人も多いでしょう。このような場合は、以下のように記入します。

例文
・同居している母の介護のため、東京23区内を希望いたします。
・息子の幼稚園のお迎えのために、毎週火曜日は18時までの勤務を希望いたします。

この場合、注意したいのが言い方です。「23区以外は通勤できません」や「18時に退勤します」と断定的に書くと担当者に「謙虚さがない」と思われる可能性があります。例文のように相手に失礼のないような表現で書くようにしましょう。

複数の募集職種から希望職種を選択するとき

複数の職種を募集している場合は、「本人希望欄」に希望の職種名を記入します。

例文
・一般事務を希望いたします。

この際、注意したいのが職種名です。「営業」でも「企画営業」や「企画」、事務では「事務職」や「一般事務」などさまざまな呼び名があります。募集している職種名をきちんと確認して、記載されている名称で記入することが大切です。
また、「〇〇社では長年事務職を担当していましたので、一般事務を希望いたします」というように理由をつけるのも良くありません。職歴を見ればわかることなので、簡潔に希望職種だけを記入しましょう。

電話に出られる日時や、入社可能日を書くとき

現在就業中の場合は、担当者から連絡があっても出られないことがあります。このような場合は、以下のように「本人希望欄」に記入してください。

例文
・現在就業中のため、平日の9時から17時は電話にでられない場合があります。12時から13時であれば連絡可能です。また、携帯の留守番電話やメールにメッセージを残していただければ、折り返しご連絡いたします。

担当者の負担にならないように、勤務後の時間帯などを指定しないようにしましょう。基本的には折り返し連絡できる旨を伝えるのがベストです。

また、現在在職中の場合、電話に出られる日時に加え勤務開始可能日を記入しましょう。

例文
・勤務開始可能日:7月1日より入社可能です。

在職中の場合、転職先が決まってから辞表を出すことも少なくありません。この場合は、仕事の引継ぎなどの期間を考慮して、余裕を持って入社可能日を記入しましょう。

例文
・引継ぎ期間によりますが、採用連絡後2か月ぐらいで入社可能です。

退職日が決まっていない場合は、具体的な日にちではなくおおよその期間にしておこくとが、あとでトラブルにならないためにも大切です。

アルバイトで、出勤曜日や休みなどのシフト希望を書くとき

アルバイトなどでシフト勤務がある場合は、希望の勤務日数や勤務可能日、勤務できない曜日があれば、その理由とともに記入しましょう。

例文
・週3~4日勤務希望。
勤務可能日:月、水、木、土
火、金は、授業のため15時以降なら勤務可能です。

シフト希望などの場合は、箇条書きでも簡潔に書くことがポイントです。

まとめ この記事のおさらい

  • 履歴書の「本人希望欄」には、「入社必須条件」「希望職種」、「連絡可能日時」などを記入します。
  • 「本人希望欄」に書くことがなければ、「貴社の規定に従います」と記入しましょう。
  • 履歴書の「本人希望欄」に、「自己PR」や「志望動機」、「特になし」「特にありません」などを書いてはいけません。
  • 履歴書の「本人希望欄」は簡潔に書くことが基本。「本人希望欄」にあれこれ記入すると「要求の多い人」という悪い印象を与えるリスクがあります。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda