この記事では、パワハラの定義や種類について解説いたします。

昨今ではマスコミにも大いに取り上げられるようになった言葉ですが、その定義や種類についても理解しておかないと自身が加害者や被害者になりかねません。

そこで今回は対処法についても取り上げていますので、一つずつ順番に確認していきましょう。

パワハラとは

パワハラとは「パワー・ハラスメント」の略称で、「強い立場にいる人から弱い立場の人に対する、自らの権力や立場を利用した嫌がらせのこと」です。

その中でも最もよく使われるのは、「職場におけるパワハラ」でしょう。
「同じ職場で働く人に対し職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」を指します。

例えば上司が直属の部下に対して、指導の範疇を逸脱するような怒声を浴びせたり、暴力を振るったりすることです。
部下は立場上逆らうことができず、泣き寝入りしたり心身を病んでしまったりするといったことが起こり得ます。

また先輩から後輩に対してであったり、時には部下から上司に対して行われるケースもあり(「逆パワハラ」といいます)、職務上の地位だけでなく職務能力や人間関係等様々な要因が関わってくるのが特徴です。

このように一般的な上下関係だけでなく、その職場における上下関係を表すことを「職場での優位性」といいます。

パワハラの定義

パワハラの定義として、「適切な指導の範囲を超えている」ことが挙げられます。
例えば仕事とは直接関係ないような内容で叱責したり、人格を否定するような言葉を浴びせたりすることが当てはまるでしょう。

逆に業務上の必要な指示や指導を不満に感じた場合でも、業務上の適正な範囲で行われている場合には、パワハラにあたりません。
上司はその職位・職能に応じて権限を発揮し、業務上の指揮監督や教育指導を行うことが求められている為です。

パワハラを恐れて必要な指示や適切な指導をしないのは、好ましいことではないといえるでしょう。

「パワハラ」と「モラハラ」の違い

パワハラと似た言葉として「モラハラ」があります。
「モラハラ」は「モラル・ハラスメント」の略で「モラル(道徳)による精神的な暴力や嫌がらせのこと」です。

「モラハラ」の特徴として、暴力等で肉体的に加害するのではなく、発言や態度等で相手を追い込むということが挙げられます。

例えばミスに対して執拗に怒鳴りつけることや、相手を無視すること等は典型的な「モラハラ」です。

パワハラは肉体的な暴力を含んでいたり、社会的な立場を利用したハラスメントであるという点が「モラハラ」との違いだといえます。
またパワハラは基本的に立場が上の人からのハラスメントであるのに対し、「モラハラ」は同僚や家族等本来対等な立場の人から受ける場合があるというのも一つの特徴です。

パワハラの6つの種類

パワハラには危害の与え方によって大きく6つの種類に分類することができるといわれています。

具体的にどのようなものがあるのか、一つずつ確認してみましょう。

身体的侵害

まずは身体的侵害です。

例えば殴ったり蹴ったり、あるいは物で叩いたり小突いたりすることによって相手に身体的な侵害をすることが挙げられます。

痕が残って証拠になりやすかったり、周りの人の目がある等の理由で件数としてはあまり多くないかもしれません。
ただし依然として残っているのが現実で、スポーツ界等でも暴力行為が発覚した場合は大きな不祥事として扱われる等、こういったパワハラの早急な根絶が叫ばれています。

精神的侵害

よく見受けられるのがこの精神的侵害です。

例えば性格や存在自体を否定するような発言をする、同僚の前で一人だけ強く叱責する等によって相手を精神的な圧迫することが考えられます。

時には精神を病んでしまったり、会社に出勤できなくなるまで思いつめてしまうといったケースに発展することもあり、看過できるようなものではありません。

人間関係からの切り離し

人間関係からの切り離しもパワハラの一つです。

例えば一人だけ仲間外れにして懇親会に呼ばない、他の人と違う場所で仕事をさせるといったことが当てはまります。

社会の中で生きているということは、人間関係の中で生きていると言い換えても間違いではないでしょう。

そうした中で人間関係から切り離したり、孤独を味わわせることによって相手を追いつめるような行為だといえます。

過大な要求

相手に対して過大な要求を突きつけるのもパワハラの一種です。

例えば到底一人では終わらせられないような業務量を押し付ける、到底達成できないような高い目標を課すこと等が該当します。

もし達成できなかった場合は降格や待遇の劣化に処す等といったケースもあり、過労や劣悪な条件での労働に発展することまであるかもしれません。

また立場上なかなか断りきれないという点もこのパワハラが発生する一因だといえるでしょう。

過小な要求

過小な要求は過大な要求とは逆に、本来のスキルや能力を持て余すような、極端に軽度な要求をすることです。

例えば草むしりやシュレッダーをかけるといった誰でもできるような業務を延々とさせる等といったことが挙げられます。

そうすることによって相手を精神的に困らせたり、見せしめとして利用することもあるでしょう。

個の侵害

個人のプライバシーを侵害するような行為もパワハラです。

例えば有給取得しようとした際に上司から「どこに行って誰とどのように過ごすのか」を執拗に聞かれる、携帯電話やロッカーの中身を勝手に確認される等が考えられます。

ただし業務上止むを得ず有給取得時期の変更を打診する、社内での紛失物を捜索する為に全員の荷物を確認する等といった場合はパワハラとはいえません。

パワハラにあたる言葉とは?上司からこんな言葉を言われたら注意

パワハラに明確な線引きはありませんが、常識的に考えて注意や指導の範囲かどうかが一つの基準として挙げられます。
以下に上司から言われたらパワハラだと判断でき得る言葉を取り上げました。

今回はパワハラの6つの種類の中で、身体的侵害以外の5つで例を交えながらご紹介します。

まず精神的侵害では、「さっさと会社を辞めろ」や「何の役にも立たない無能だ」等の発言は十分パワハラです。
対して言い方は少し厳しくても、「ここに問題があるからこういう風にしてみなさい」といった内容であれば指導の範疇だといえます。

人間関係の切り離しで考えられるのは「あいつは会社の飲み会に呼ばなくても良いよ」や「あの人とは話したくないから、この内容を代わりに伝えておいて」等の発言です。

過大な要求では「明日までにこの業務を全て終わらせておきなさい」や「先月の十倍の契約を獲得しなさい」等が挙げられます。

過小な要求だと「今日から倉庫の番をしていれば良いから」や「これを全部シュレッダーにかけておいて」等が考えられるでしょう。

最後に個の侵害では「恋人はどんな人なんだ」や「結婚の予定はあるのか」といった発言が該当します。

パワハラは夫婦間にもある

パワハラというと会社や組織内のものというイメージが強いかもしれませんが、夫婦間でもあります。

例えばDV(家庭内暴力)のような場合もあれば、相手を傷つけるような暴言の場合もパワハラです。

また何気ない言動のつもりであっても相手は深く傷ついているといったケースも少なからずあり、修復不可能な段階になってそれが露呈するといった場合があるかもしれません。

夫婦であっても相手を軽んじたり邪険に扱うような言動は決して望ましいものではないので、日頃から相手を思いやることが大切だといえます。

夫婦間のパワハラにあたる言葉の例

夫婦間のパワハラにあたる言葉の例としては、以下のようなものが挙げられます。

・「お前が作った料理はまずいから外食で済ませるよ」

・「あなたの給料が安いから、生活が苦しいのよ」

その他にも相手を責めるような言動には要注意です。

パワハラを受けたときの対処方法

では実際にパワハラを受けたときにはどうしたら良いのかを知らないと、泣き寝入りすることになりかねません。
そうならないよう、対処方法を確認しておきましょう。

信頼できる上司や先輩、担当部署に相談する

まずは信頼できる上司や先輩、あるいは担当部署に相談することが考えられます。

パワハラの加害者に注意することでパワハラを止めさせたり、部署異動で物理的な接触をなくすといった措置を講じてくれたり等といった対策をしてくれるかもしれません。

労働基準監督署等、外部機関に相談する

それでも解消しない場合、労働基準監督署等の外部機関に相談してみると良いかもしれません。

会社ぐるみでパワハラが蔓延している、あるいはなかなか信頼できる上司や先輩がいないといった場合に相談する先として挙げられます。

パワハラを受けた内容をメモしておく

またパワハラを受けた内容をメモしたり、ボイスレコーダーで録音しておく等も有効です。

言った言わないというような水掛け論を避ける為にも、証拠として記録を残すのは自身の被害を立証する上で有利に働くことでしょう。

まとめ この記事のおさらい

  • パワハラとは「パワー・ハラスメント」の略称で、強い立場にいる人から弱い立場の人に対する、自らの権力や立場を利用した嫌がらせのこと。
  • パワハラは暴力が含まれたり社会的な立場を利用するものなのに対し、「モラハラ」は発言に限定され社会的な立場も関係ない。
  • パワハラには「身体的侵害」、「精神的侵害」、「人間関係からの切り離し」、「過大な要求」、「過小な要求」、「個の侵害」の6つの種類に分類できる。
  • パワハラは会社だけでなく、夫婦間でも起こり得る。
  • パワハラを受けた場合は信頼できる上司や先輩に相談したり、労働基準監督署に事情を話したりパワハラを記録に残したりする等の対処方法が考えられる。