近年は、街中に気軽に立ち寄れるコーヒーチェーンが増えました。また、家庭用のコーヒーマシンも普及し、日常的にコーヒーに親しむ文化が日本にも根付いたといえるでしょう。
コーヒーのスペシャリストとしして「バリスタ」という言葉を耳にすることも多くなりました。

この記事では、バリスタの内容やバリスタのをはじめとし、バリスタになるにはどうしたらよいのかや、バリスタとして仕事をした場合の気になる勤務体系やについて解説します。

バリスタを目指している人にはもちろん、そうでない人にもいろいろな職業を知る意味でためになる内容になっています。

バリスタとは

バリスタとはコーヒーのスペシャリストです。バリスタという呼び名は、イタリア語の「barista」からきています。

バリスタってなに?

ここ数年、日本でもバリスタという言葉を見聞きすることが多くなりました。大手コーヒーチェーンでコーヒーをサービスする人をバリスタと読んだり、「バリスタのいる店」という看板をあげているショップも見かけます。また、家庭で手軽にエスプレッソを入れることができるコーヒーマシンに「バリスタ」の名前がつけられていて、「バリスタ=おいしいコーヒー」というイメージを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

日本におけるバリスタは、コーヒーの専門家という位置づけですが、イタリアのバリスタは「バールで働く人」を意味しています。バールは「BAR」と綴ります。
バールは、コーヒーだけではなくアルコールや軽食を提供するお店です。イタリアでバリスタといえば、コーヒーの知識だけではなく、ビールやワイン、カクテルなどのアルコールに関する知識を有し、サービスのスキルも身につけた「接客のプロ」なのです。

日本でバリスタといえば、コーヒーショップで働くコーヒーのプロという位置づけです。バーでカクテルなどのお酒を提供するプロをバーテンダーというように、カフェなどでコーヒーを提供するスペシャリストをバリスタと呼んでいます。

ひとくちにコーヒーといっても、エスプレッソ、カプチーノにはじまり、エスプレッソをベースとしたさまざまなアレンジコーヒーがあります。また、ミルクフォームを注ぐときに表面に模様や絵を描くラテアートの技術もバリスタには求められます。
バリスタとして働くには、コーヒー豆の焙煎やブレンドの知識、ミルクの泡立て方やラテアートの技術、コーヒーマシンの操作やメンテナンスの技術、接客のスキルなど幅広い知識と技術が必要です。

バリスタの仕事内容

バリスタの主な仕事場はカフェや喫茶店、などです。お客様に最高のコーヒーを提供するのが使命といえます。

多くの店ではバリスタはカウンターの中などお客様から見える位置で仕事をします。実際にお客様の前に立ってする仕事は「コーヒーを淹れる」というものですが、こだわりのコーヒーを提供するためには、コーヒー豆を選定や焙煎の加減やブレンドの配合決め、水の選定など材料の準備、また、コーヒーを入れる器具を選んだりメンテナンスに気を配ったりと、見えないところでもバリスタの仕事はたくさんあります。

お客様の好みやリクエストをきいて、その人にあったコーヒーを提供するのもバリスタの仕事です。コミュニケーション力をはじめとする接客スキルや、世の中のトレンドを読む力もバリスタには必要です。

バリスタになるには

バリスタになるには特別な資格が必要というわけではありません。ただ、何の知識も経験もないままバリスタを名乗ってもやっていけるものでもありません。バリスタを目指す方法は人それぞれですが、代表的な方法を紹介します。

バリスタの専門学校やスクールに通う

バリスタを目指す人がいちから知識や技術を身につけるたいなら、専門学校やスクールに通う方法があります。

学校やスクールに通うメリットとして、コーヒーの基礎知識からバリスタとしての心構え、コーヒーショップを経営するためのノウハウまでを総合的に学べることがあります。学校やスクールを卒業することで、カフェなどにバリスタとして勤務する近道にもなります。

学校やスクールは働きながら通える夜間講座や週に1日から学べる講座から、月~金、週5日間みっちり授業のあるものまでさまざまで、バリスタの資格である「JBAバリスタライセンス」取得に特化した講座もあります。自分のベースや目的に合わせて選ぶことよいでしょう。

未経験カフェにし経験を積む

学校に行かずに、未経験で雇ってくれるお店を探して働きながら経験を積んでいく方法もあります。
働く店を探すには、実際にお店に行ってバリスタの仕事ぶりを見るのが一番です。コーヒーのスペシャリストを目指しているのに、入ってみたらマニュアル通りにドリンクを作る仕事しかさせてもらえなかった、などというケースも中にはあるようです。自分の目指す方向性と店の求めているものがマッチしているかをしっかり見極めることが必要といえます。

海外のバールやカフェで修行する

一流のバリスタを目指して、海外のカフェやバールで修業をすることを選択する人もいます。日本で活躍するバリスタの中には、海外で修業をした経歴を持つ人も多くいます。
ただ、まったくの未経験で海外に行ってうまくいくかというと、大変難しいことは否めないでしょう。学校やスクールで基礎知識を得たり、国内のショップである程度の経験を積んでからのほうが海外での修行はスムーズでしょう。

バリスタになるには資格は必須か?

バリスタの仕事をするために必須な資格はありません。民間でコーヒーに関する資格はいくつかありますが、次の2つがバリスタの資格として認知度が高いといえます。この2つの資格を取得することでバリスタとしての就職やがスムーズになることも考えられます。

バリスタのおもな資格①JBAバリスタライセンス

日本バリスタ協会が認定する資格で、現在バリスタの資格としてはもっともメジャーなものといえます。
ライセンスはレベル1~3まであり、各レベルを次のように定義しています。

レベル1
・JBAバリスタとしての基本的な知識や技術を身に付け、JBAが定める一定基準の
エスプレッソコーヒーを抽出できる者。

レベル2
・JBAバリスタとして、エスプレッソコーヒーの抽出における高度な知識や技術を身に付け、コーヒーに関わる水や牛乳の基本的な知識や、グラインダー/エスプレッソマシンの仕組みやそれらの調整技術についても知識を持つ者。
・お客様に対して美味しいコーヒーの提供だけではなくその啓蒙ができる者。

レベル3
・JBAバリスタとして求められる高度且つ広範囲な知識や技術を身に付けている者。
・JBAバリスタとして、エスプレッソコーヒーの抽出のみならず、テイスティングや接客サービスなど、バリスタとしての高い総合力を有する者。
・お客様に対して最高のエスプレッソコーヒーを抽出でき、その啓蒙ができる者。

レベル1の受験資格は、バリスタとして従事しているかコーヒー関連企業に就業していてエスプレッソ抽出経験がある人、または、JBA認定校が別途開講するJBA認定のカリキュラムの必要課程修了後1年未満の人となっています。

2日間のスクール受講の後に、1日間の試験(筆記・実技)を経て、合格者にライセンスが認定されます。

バリスタの主な資格②コーヒーマイスター

日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)が認定する資格です。
コーヒーマイスターを「コーヒーに対するより深い知識と基本技術の習得をベースとして、お客様へ豊かなコーヒー生活が提案できるプロのコーヒーマン(サービスマン)」と位置づけ、日本スペシャルティコーヒー協会が主催する「コーヒーマイスター養成講座」を修了し、認定試験に合格すると、コーヒーマイスターとして認定されます。
2019年7月時点で日本全国で5,291名がコーヒーマイスターの資格を取得しており、上位資格のアドバンスド・コーヒーマイスター認定者は377名です。

バリスタの給与・勤務体系

バリスタの給与

バリスタの働き方は、大きく分けてカフェやレストランに勤務する場合と独立開業して店を持つ場合があります。

カフェなどの店舗に勤務するバリスタの給料は、運営している企業の給与体系により変わってきますが、他の職種に比べて大きく給料が高いというケースは多くないでしょう。知識と経験を積むことで一流のバリスタとしてステップアップしていきますから、はじめは一般的な飲食業の給料と同等と考えるのがよいでしょう。

店舗にとって、一流のバリスタが在籍していることはセールスポイントになります。スキルを磨いてバリスタの大会で入賞したり、メディアに取り上げられたりすることで、より高い条件で働けるようになったり、よりよい条件の店舗に転職したりできるようになるでしょう。

独立開業した場合は、店の売り上げや経営の仕方によって収入は大きく変わってきます。立地や営業形態にもよるので一概には言えませんが、個人で小規模なカフェを経営する場合、年収は500万円前後のケースが多いようです。

バリスタの勤務体系と休日

店舗に勤務する場合、多くはシフト制での勤務となります。早番、遅番、通しをスタッフが交代で勤務する形です。
休日も曜日の固定ではなくシフトに合わせて休む形式です。一般的には月に6日~8に程度の休日を設けているところが多いでしょう。

バリスタのキャリアプラン

バリスタとしてのキャリアプランは、将来的に独立するのか、店舗に勤務して上を目指すかの2つに大別できるでしょう。

独立開業を目指すなら、自分のイメージに合う店舗でキャリアを積む、いろいろな店舗に勤務しながら方向性を見出すなど、店舗で働きながら開業資金を準備するのが一般的でしょう。

店舗に勤務して上を目指すなら、技術を磨いてチーフバリスタのような肩書をつけて働くことで給料も上がりますし、他にはないドリンクを考案したりバリスタの大会で入賞するなどして話題を作り、店自体を大きく発展させていくこともできます。

いずれにしても年齢や性別に影響されることの少ない職業ですので、ある程度歳をとってからバリスタを目指したり独立開業する人も多くいます。

バリスタについてのまとめ

  • バリスタとはコーヒーの知識や技術を身につけたスペシャリストです。もともとはイタリアのバールで働く人を指す「barista」からきています。
  • バリスタはの仕事はコーヒーを入れることだけではなく、豆の選定や焙煎、マシンのメンテナンス、接客など多岐にわたります。
  • バリスタになるには、専門学校やスクールに通う、店舗で経験を積む、海外で修業するなどの方法があります。
  • バリスタに資格は必須ではありませんが、メジャーな資格としては「JBAバリスタライセンス」「コーヒーマイスター」があります。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda