転職活動をするタイミングとして、今の仕事をしながら行うか、退職してから行うか迷う方も少なくありません。

この記事では在職中・退職後それぞれで転職活動を行った上でのメリット・デメリットの紹介、準備や面接など実際に転職活動を進める上で知っておくべきポイントを解説しています。

これらを把握する事で、自分にとっての転職のベストな方法が見つけられる、また転職活動内でのトラブルも未然に防ぐ事ができます。

会社を辞めてから転職活動をするメリット・デメリット

会社を辞めてから転職活動をする場合のメリット、デメリットを解説していきます。

メリット1:自由に時間が使える

退職後に転職活動を行う事は、使える時間が豊富にあるというメリットがあります。

転職活動を存分に行えるだけでなく、自分の将来やキャリアの事を考える時間もあります。リフレッシュの為の時間もありますので、新たな気持ちで転職活動のスタートを切る事もできます。

また、転職活動と同時に、資格取得のための勉強や通学をする事もできます。

メリット2:柔軟な対応ができる

退職後なら、応募先の企業に応じて柔軟な対応ができます。

入社時期なども相手の要望に応じる事ができますので、応募できる企業の数も増え、内定が決まる確率も高くなります。

メリット3:失業保険が受け取れる

求職中に一定の条件を満たせば、雇用保険から失業保険が毎月給付されます。生活費の心配もなく転職活動を続けることができます。

デメリット1:職歴にブランクができる

退職後からは、職歴上では空白期間となります。その為、転職活動が長引けば長引くほど、ブランクが長くなってしまいます。

また、転職活動の為に退職をしたのに、前職に何か問題があって退職をしたのかと思われてしまうこともあり、応募先企業の不信感を得てしまうことがあります。

デメリット2:資金上での不安

退職後は収入が全くない状態になります。

また、退職した時の状況によっては、すぐに失業保険の給付が始まらず三か月の待機期間がある場合があります。

そして、失業保険の受給延長が認められなかった場合には、失業保険の受給も止まってしまいますので、転職活動だけでなく生活もままならなくなる可能性もあります。

会社を辞めずに転職活動をするメリット・デメリット

会社を辞めずに転職活動をする場合のメリット、デメリットを解説していきます。

メリット1:キャリアが繋がる

仕事を続けながら転職活動を行う事は、自分のキャリアも仕事に対するモチベーションも途切れることなく保ち続けられるメリットがあります。

職務上でも不信な点はありませんので、相手側からも好印象になります。

メリット2:生活費の心配がない

仕事を続けていれば、毎月の給料は貰えます。その為、生活費の心配もなく転職活動を続けることができます。

メリット3:いざとなれば現職に留まれる

転職活動をしていても、思う様に内定が決まらない時や、求人数が少ない時など、一旦転職活動を止めざるを得ない時があります。

そんな時でも、仕事を続けていれば転職を一旦諦めて現職に留まる事も可能です。また、仕事を持っているという事で、転職活動の上でも余裕と安心感を持つ事ができます。

デメリット1:時間がない

毎日出勤しながら転職活動をする事で、利用できる時間には制約があります。

情報収集や応募書類作成などの転職活動も、限られた時間の中で行わなければいけないので、肉体的な負担も大きくなります。

また、複数の会社に応募している時にも、同時進行できる会社の数は2から3社ほどが限界となります。

デメリット2:退職時に揉める事がある

転職先の内定が決まり、退職の話を今の職場に出した所、引き留めに会う可能性があります。

また、繁忙期などで希望の時期に退職ができず、転職先の希望入社日に間に合わないなどのトラブルになってしまう事もあります。

転職活動で応募する会社は複数受けよう

転職活動を行う時には、複数の会社に同時に応募する事が成功に繋がります。一社ずつ受けた場合は、その都度応募や面接を繰り返すことになりますので効率も悪く、転職期間も長引く原因になります。

そして、一社に絞って応募をした結果不採用だった場合は精神的なダメージも大きくなるからです。

会社を同時進行で複数応募する事によって、手続きや書類作成も並行して行う事ができますので、時間や手間の短縮にもなります。そして、面接が進むにつれて求人広告などでは分からない会社の本質が見えてきますので、どの会社がより自分の希望に合った働き方ができる所かを見極めることもできます。

転職活動が成功する為の事前準備

スケジュールを立てる

転職活動の流れである情報収集→自己分析→応募・面接→内定、に沿ってスケジュールを立てます。

また、同時に応募している企業が複数ある時でも、スケジュール管理をしておけば、会社ごとに進行状況が把握できる他、面接や応募締め切りを間違えるなどのうっかりミスも防止できます。