転職したい!と思った時に心配になるのが「すぐに転職できるのか」「自分の希望の求人は見つかるのか」という事ですよね。

そんな不安をもった方に、この記事では、短い期間で転職活動を終わらせるための方法と、求人も多く出やすい転職活動に最適な時期について解説していきます。

この二点を抑えておけば、転職活動も短期間で、かつスムーズに終わらせる事ができますよ。

まずは転職にかかるおおよその期間と流れを知ろう

転職をはじめたばかりの人はどんな流れで転職が進むのかイメージがつきにくい方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

簡単に説明しますと、転職活動の流れは、自己分析から始まり、実際に応募したい職種や企業の情報収集、応募、面接、そして内定の順となっています。

そして、この活動期間はおおよそ3か月から半年かかるといわれています。
この差は前職での経歴、年齢によって影響するものです。
じゃあどうすればこの期間に転職活動がスムーズにすすめられるの?と疑問に思いますよね?次項から多くの人に当てはまるスムーズに転職するための解説をいたします。

スムーズに転職活動を行うためには計画を立てよう

転職活動を行う方は在職中・離職中どちらも同じくらいの方がいるかと思います。いずれにせよ、すぐに自分の希望条件を満たすとこに就業するには準備が必要です。
この項ではそのための準備の仕方を解説いたします。

あらかじめ転職活動のスケジュールを立てよう!そのためには情報収集!

転職活動を短い期間で終わらせるために、具体的なスケジュールを立てる事を1番にやるべきでしょう。自己分析や情報収集から、内定を掴むまでの一連の流れを把握した上で、計画的に行動をする事が、スムーズな転職活動に繋がります。

特に、仕事を続けながら転職活動を行う場合は、日々の仕事がある分、転職活動に費やせる時間も少なくなりますので、よりスケジュールを立てることが大切といえます。

まずは寝る前に10分でも30分でも転職のための情報収集の時間をつくるといいかもしれません。

30分転職の情報収集をして、

「今の実力なら年収があがる!」
「今の会社、業界でも残業時間が多い方だったんだ。」

このような自分が知らなかった新たな発見があるでしょう。

もしくは、
「今の会社、他よりもいい条件だったんだ。もう少し頑張ろう!」
と思うのかもしれません。

いずれにせよ情報収集をすれば、前向きなアクションを起こせるようになります。
もし、情報収集をして、転職したいなと思ったなら、次に最適な転職の時期を知ることで良い条件での転職につながります。

情報収集をして急ぎでなければ最適な時期に転職活動をしよう

転職に最適な時期は1月から3月、および7月から9月の期間といわれています。

これは、ボーナス支給後に退職する社員が多いのでその補充のために求人が増える為、また上半期・下半期の始めに新しい事業を行う所が多く、その為の人員補充のための求人が増える為です。

企業側も転職エージェントなどを通して、狙い目の時期がわかっているので、転職希望者もこの時期を逃すわけにはいきません。

逆に4月と12月は求人数が少なく転職活動には不向きですよ。

4月は年度初めで新卒社員入社も多く人材は間に合っている、12月は年末で忙しい、人事に関する諸手続きは新年明けの方が都合が良いなどの理由からです。

もし4月に転職したい、ボーナスがないからすぐに行動したい!という方も急ぎでない場合はぐっと我慢してもいいかもしれません。選べる選択肢が多いほど自分にとって良い条件の企業が見つかるかもしれせんよ。

いよいよ活動開始!短い期間で終わらせるための転職活動の流れ

転職の流れがわかった!よし転職しよう!
そう思い、アクションを起こす上で気をつけなければならないことを解説いたします。

希望職種の情報収集をする

前項でも情報収集をとりあげましたが、今度は転職を希望する職種に関する情報収集を行いましょう。流れだけでなく、もっと自分の希望に近づけるため、そして面接を見越した情報収集です。今までは給料面や待遇などの求人面に目がいっていたかと思いますが、今度は企業の業績を調べる為にホームページをみて企業研究も忘れずに行いましょう。
時間がなくてそこまでできない!そう思った場合はSNSで企業のアカウントをフォローしてみるのも一つの手です。

「あ、この人、フォローしてくれているから採用!」
という意味ではありません。

SNSは企業のプレスリリースを発表している事も多いので最新情報が手軽に手に入り、在職中の忙しい中でも企業研究ができるからです。

また、求人情報を得るための求人サイトに登録している方も多いかと思いますが、エージェントに直接きくというのも一つの手です。
エージェントは面接を実際に行った方にフィードバックを行っています。
そのため、
「この会社どんな感じですか?」
と聞いてみれば、その場でもし資料がなくても、エージェントのネットワークを通しての情報を集めてくれます。これを利用しない手はないはずです。

自分の力ってどんなもの?自己分析をしよう!

情報収集をして、企業研究をして、よしもうバッチリ!
と思っている方はちょっとまってください!

自分の能力を今一度見つめ直してください。
希望職種を決めても、その中でどう働きたいのかを企業は面接できいてきます。
異業種転職なら、どのように今の力を応用できるのかも説明できなければいけません。

答えられるようになるためにも、自分はどんな仕事に就きたいのか、なぜ転職を決めたのかなどの志望動機から、長所や短所などの自己PRまで、自己分析を行いましょう。

この自己分析は情報収集と同時進行することで効率よく進めることができます。

選考が進んできたら今の会社の退職しやすい時期を見極めよう

一次面接を突破し、二次面接・最終面接と進んだ方が必ず企業にきかれることは、「いつ頃うちにこれます?」という質問です。
これは諸手続きのためもあるため、答えらたほうがよい質問です。

今の会社を退職しやすい時期を知る事も、スムーズな転職活動には不可欠なのです。

そう考えると、年度初めや年度末、繁忙期は退職しにくい時期ですよね。もしも、自分がプロジェクトなどを請け負っている場合にはそのプロジェクトが完了した時などのタイミングが退職しやすい時期と言えます。
どのような場合でも今の会社と円満退社を行えば、自分自身の心の負担が減りますよ。

退職しやすい時期を見極めたら、その時期に退職できるように、転職活動のスケジュールを逆算して立てると、明確なスタートとゴールの時期の設定ができ、転職活動も短い期間で終わらせられる事に繋がります。
前述した最適な時期とあわせられるとより良い結果に繋がります。

転職活動期間でうける会社の数は多い方が良い理由

次に、実際に選考を進める上でよくある疑問うける企業の数について解説します。マナラボでは複数企業に応募することをおすすめします。その理由は成功者のうけた企業の数です。

転職成功者が応募した会社数の平均は10社以上

実際に転職活動を行い、成功した人が一体何社応募したのかというと、平均は10社以上といわれています。

実際に応募した数が10社以上、

書類選考を突破し、面接をした数は5社前後

最終選考に進んだ、そして内定をもらう企業が2~3社

上記の流れが転職活動の一般的なうける企業の数かと思います。
この結果から考えると、複数の会社に応募する事が転職活動の成功に繋がる事が分かりますよね。

一社ずつ受けるのは時間がかかる

応募する会社が多い方が良い理由の一つに、転職活動期間の短縮に繋がる事があります。

できるだけ少ない数の会社への応募だけで転職活動を終わらせようとすると、一社ずつ受ける事となります。一社受けて不合格、また一社受けてでは転職活動自体に時間がかかってしまいます。

しかし、複数の会社へ応募すれば選考が同時進行しますので、短い時間で転職活動を進める事に繋がるのです。

複数受ける事によって本質が見られる

応募する前に情報収集を行っていても、選考が進むにつれて求人広告やホームページでは見られなかった会社の本質がみえてきます。

会社へのイメージがプラスになる事もマイナスになる事もありますので、より多くの会社を受ける事によって、本当に自分が納得して入社できる会社探しができますよ。

一人で悩まない!転職活動を失敗させない為には相談をすること

転職活動を進めていくと会社の人にはいえないし、一人で悶々とする時間が増えるかと思います。次第にはマイナス思考になって空回りしてしまう方も中にはいるかと思います。
そんな方は是非ともキャリアカウンセラーに相談しましょう!

キャリアカウンセラーを活用しよう

自分の希望とマッチする求人情報を探す事や、自己分析を行う事は大変、かつ時間もかかります。そこで活用したいのがキャリアカウンセラーです。

キャリアカウンセラーはハローワークなどの公共機関から、転職エージェントなどの企業まで、幅広い施設や機関に在籍しています。求人紹介から履歴書などの添削、自己PR作りなど幅広い相談ができます。複数の会社を同時に応募する時にも強い味方になります。
はじめて転職する人も親身になって対応してくれるので安心ですね。

転職期間を短くスムーズに終える方法に関するおさらい

下記はこの記事の要点です。

  • 転職活動にかかる期間はおよそ3か月から半年といわれている
  • 転職活動を短期間で完了させる第一歩は、情報収集→自己分析→応募→面接→内定、の転職活動の流れに沿って退職希望時期から逆算してスケジュールを立てる事。退職時期は退職しにくい時期は避ける。
  • 転職に最適な時期は1月~3月、または7月~9月。逆に不向きなのは4月と12月。
  • 応募する会社が多い事と、キャリアカウンセラーの活用がスムーズな転職活動に繋がる。

何度もいいますが、まずは情報収集です。情報収集をすれば、今の会社に残ったほうがよいのか、それとも転職したほうがよいのか、悩んでいる心に踏ん切りをつけることができます。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda