面接の自己PRは、自分の長所や短所など答えにくい質問も多いです。自己PRを制する者が面接を制すると言っても過言ではありません。

この記事では答えにくい自己PRの質問の答え方や、面接官も納得する伝え方について解説いたします。

面接で効果的な自己PRを考えるために大事なこと

長所を聞かれる意味とは

自己PRで定番の質問と言えば「あなたの長所を答えて下さい」です。

企業側が長所を聞く理由の一つに、企業の求めている人材とマッチしているか、職種の適性があるのかを見る目的があります。

つまり、効果的な長所の自己PRとは、自分の長所が企業の求めている人材とマッチする内容を話す事です。

そのため、会社側が提示している人物像に近づこうとする長所を自己PRとして話す事で、面接官の共感や好印象に繋げる事ができます。

例えば、多くの人と関わり、目標達成も求められる営業職の場合には「社交的」「向上心がある」などの長所を持つ人材が、正確性の求められる事務職の場合には「几帳面」「根気がある」などの長所を持つ人材が、職種の適正があると言えます。

企業のことと、自分のことを知ろう

効果的な長所の自己PRを作る第一歩は、応募する企業を知ることです。

どんな事業を展開しているのか、募集ではどんな人材が求められているのかなど、企業に関することを勉強しておきましょう。企業のホームページや求人情報を見るのも効果的です。

次に、企業の求める人物像と結びつく自分の長所を考えます。思いつく自分の長所を箇条書きにしてみる、家族や友人など周りの人に聞くなどして、自分の長所を出してみましょう。

面接時の自己PRに自信がない方は転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントの中でもマイナビAGENT・リクルートエージェントがおすすめです。

マイナビAGENT 面接対策完全ガイド

現在フリーターで就職、転職活動中の方はハタラクティブに相談できます。

フリーターの正社員就職支援

IT業界での就職、転職を目指している方はワークポートに相談しましょう。IT業界に特化した面接対策やアドバイスをしてくれるでしょう。

効果的な「長所」の伝え方

結論(長所)を話してから、長所の根拠となる具体例を挙げる

面接では、まず結論である自分の長所を述べます。その後、その長所の根拠となる具体例を挙げましょう。

長所に繋がる、過去に挙げた成果や経験を具体例として話す事によって、より信憑性が高まり面接官にも良い印象を与えることができます。

新卒の場合には、部活動やアルバイトでの成果を話すのも有効です。

仕事を行う上で有効なポイントも挙げよう

最後に、実際に働く上で長所はどのように有効になるかを述べます。例えば、「責任感が強い」長所によって任せられた仕事を最後までやり遂げられる事や、「誠実さがある」長所によって、常にお客様の立場で物事を考えられるなど、仕事を行う上で大きなプラスになります。

その企業で長所を生かしてどのように働くかを最後に伝える事によって、好印象を与えられます。

大げさに話さない

面接において長所を述べる時に大切なのは、ありのままを伝える事です。

どうしても企業によく見られたいために、つい誇張表現をしてしまうのは、自分自身でハードルを上げてしまう原因になります。

また、身振り手振りを大げさに行いながら話すのも、落ち着きがない印象となりますので止めましょう。

「短所」を聞かれた場合の答え方

仕事に不利益のある事は言わない

短所を答える時には、仕事をする上で不利益になることは言わないようにしましょう。

例えば、「朝起きるのが苦手」「時間の管理ができず遅刻ばかり」などです。

これらは、会社側は「この人を採用しても大丈夫なのか」という不安を抱く事になってしまいます。社会人として安心して採用できない印象を与える短所は答えないようにしましょう。

長所に繋がる短所を答える

短所をただ答えるだけでは悪い印象です。短所を上手に伝えるコツは、長所に繋がる短所を答える事です。

例えば、「引っ込み思案」の短所は「聞き役に徹する事によって、話の内容を纏めるのが得意になった」と長所に繋げる事ができます。

見方を変える事によって長所になる短所を用意しておきましょう。

短所を克服する努力の過程を伝える

長所に繋がる短所を繋げる際には、その短所を克服するために具体的に行った努力にまつわるエピソードも一緒に話す事によって、より具体的に面接官に伝える事ができます。

その後、どのような成果を得られるようになったのかと、長所に繋がる結果を話しましょう。

例えば「せっかち」の短所は「作業を早く行う事だけでなく、正確に行う事も大切にし、じっくり丁寧に取り組むように心がけるようになった」、その結果「仕事が早く、かつ正確に行えるようになった」と伝えます。

嘘はつかず、素直に答えよう

短所は答えにくい質問です。けれども、答える時には嘘はつかずに素直に答えるようにしましょう。

もしも、自分がついた嘘に関する事を面接官に細かく追及された場合には、答えられなくなってしまい、マイナスイメージとなってしまいます。

また、嘘をつく事はばれる後ろめたさが付きまといますので、不安な気持ちから面接で緊張してしまう原因にもなります。

答える態度にも注意

短所を話す時にはつい自信のない態度をしがちですが、答える態度も面接では見られています。

下向きになりがち、眉間にしわを寄せる、小声で答えるのはNGです。

まっすぐ面接官を見て、大きな声で前向きに答えるようにしましょう。

転職の場合、前職の経歴を伝える

転職の場合の面接でも、自己PRを効果的に伝える事が面接を制します。

特に転職面接の自己PRは、前職であげた実績をアピールできるチャンスです。自分の長所を生かしてあげた成果を、具体的なエピソードと共に述べましょう。

また、転職の場合は短所を伝える時にも、短所を克服したエピソードとして仕事や職種に関連のある物を用意しておくと、面接官に自分の人物像を伝えやすくなり、好印象となります。

面接で使える自己PRの例文

長所を伝える 社交的な所、協調性をアピール

私の長所は、誰とでも円滑な関係を築くことができる点です。

初対面の方へも積極的に話しかけ、いつも明るい対応を心がけています。また、チームではいつでも相手の立場に立って考え、行動する事ができます。

前職では、相手との信頼関係を築くために常に努力して参りました。その為に、頼まれた仕事へのレスポンスは迅速に行い、社内外問わず相手を不安にさせないように行動いたしました。

結果的に、営業先の企業から主要取引先に選んでいただく機会を多く得ることができました。

また社内でも、部署内の全員と分け隔てなく話す事ができた為、人と人を繋ぐ潤滑油のような存在と評価されていました。

御社に入社した際も、自分がチームの為に何ができるのかを常に考え、社員のひとりとして活躍できるように、努力したいと考えております。

長所の場合2:素直さ、真面目さをアピールする場合

私の長所は、素直さです。周りから自分の失敗を指摘されてもそれを受け入れ、仕事に生かす事ができます。

前職では、新しいシステム開発の際に懸命に考え、提案を提出しました。

そして、上司から具体的な問題点の指摘を受けました。私は、自分では気が付かなかった問題点を素直に受け止めた上で、提案を練り直した所、指摘を受ける前よりもずっと良い提案を完成させることができました。

その結果、上司の納得も得られて新しいシステム開発の上で私の提案が採用されました。

周りの意見を素直に受け入れられる私の長所は、必ず御社の職務においても生かせると考えております。

短所の場合

私の短所は神経質な面があることです。周囲からもよく指摘されて自分でも自覚があります。

しかし神経質なくらい几帳面な自分の性格は、御社の経理事務職において、より正確な職務が行える長所として活かせると考えています。

NG例から、効果的な自己PRを学ぼう

同じことを繰り返している

私の長所は、コツコツと努力を重ね、最後まで粘り強く目標達成ができるところです。
(コツコツと努力を重ねる、粘り強くと同じことを繰り返していてくどい印象)

「〇〇性」など、抽象語を使用する

私の長所は、協調性がある事です。
(〇〇性、は抽象的で分かりづらい)

「いろいろな」「様々な」を使っている

私の長所は、いろいろな物に興味がある事です。
(結局何に興味があるのか分からない)

面接における自己PRについてのおさらい

面接における自己PRについてのおさらいは以下の通りとなります。

  • 長所は、求められている人材とマッチしているか見極める為に聞かれる。
  • 長所は、結論→具体例→仕事にどの様に長所を生かしたいか、の順序で構成を考える。
  • 短所は、長所に繋がる短所を考える。仕事に不利益になる事はNG。
  • 短所は、結論→克服する為のエピソード→長所に繋がるように話すと伝わりやすい。
  • 転職活動における長所・短所の自己PRは、前職の実績を伝えられるチャンス。

面接における自己PRの回答例はこちらのマイナビAGENTの記事も参考にしてみてください。

マイナビAGENT 自己PRの回答例

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda