転職や就活の面接では、様々な質問が出されます。

「アベノミックスについてどう思いますか?」とか「本当に我が社に向いていると思いますか?」など、本筋から外れた質問や意地悪な質問などをする面接官もいますが、面接における評価の基準はどこの会社でも共通しています。

この記事では、選考基準から考えたもっとも多く聞かれる質問を5つピップアップして、その対応の仕方を解説いたします。

面接の質問についてより理解を深めたい方はマイナビAGENTの面接対策ガイドの中の質問のカテゴリーを見てみてください。
マイナビAGENT 面接対策完全ガイド

質問1:自己紹介をして下さい

履歴書やエントリーシートに書いたことと同じでも構いませんが、大切なことは自分の強みを具体的に話すことです。

「○○サークルに3年間所属していました」は具体的ではありません。「○○サークルで○○を経験し、チームワークの作り方を学びました」というように成果が分かるように話すことが大切なポイントです。

転職の場合は、前職で何をどのようにおこなって、どんな実績を築き上げたのかを説明しましょう。ただし、ダラダラ長い時間喋るのは厳禁です。1分ぐらいを目安に話しましょう。

質問2:志望の動機を教えて下さい

面接する企業がどんな理念を持って、どんな事業をおこなっているのかは事前に調べておきましょう。

そして、仕事内容に興味があったのなら、どんな部署で自分の強みが活かせるのかをアピールします。具体的な部署が浮かばない場合は、企業理念に魅力を感じたことを話してもよいでしょう。

「グローバル企業だから」「業界ナンバー1だから」という抽象的な理由はあまり良くありません。

また、「自分が成長できそう」とか「スキルが身につけられる」という個人の利益だけを考えた発言もNGです。「この人なら会社の役にたつ」と思わせるような志望動機が重要です。

転職の場合は、志望動機とともに転職の理由は必ず聞かれます。

前職でのグチや不平不満を語るのではなく、前職での問題点を明確にして、その問題点がクリアができる会社を探していたなどの明確な目的があることを述べるようにしましょう。

質問3:入社後にやりたい仕事は?

この質問は、「会社の事業内容をどの程度理解しているのか?」「仕事に対する上昇志向があるのか?」を判断するためのものといえるでしょう。

「営業部で頑張りたい」というザックリとした回答ではなく、「○○事業部で○○に関する新規事業を立ちあげてチームリーダーとして活躍したいです」とより具体的な仕事をイメージして発言します。

やりたい仕事を聞くことは、希望の部署に入れることとイコールではありません。自分の強みでもある職種と会社の事業形態をきちんと調べて、部署が違っても自分の強みをどう活かせるかを考えることが大切です。

転職の場合は、「キャリアプラン」を聞かれることがあります。

5年後、10年後の計画を具体的なスキルアップとともにイメージしましょう。

質問4:学生時代にもっとも打ち込んだことは?(前職で失敗はありますか?)

部活やサークルなど、何に一番力を入れていたかの質問は必ず出てきます。

しかし、この質問で知りたいことは自己PRのような「強み」ではありません。

「そのサークルでどんな挫折がありましたか?」と挫折や失敗に関して質問されます。

この時、良いイメージを与えるために「特に失敗はありませんでした」と回答するのは賢明ではありません。

企業側にとって知りたいことは、「どんな失敗をどのように乗りこえたのか」もしくは「失敗をどう考えているのか」です。挫折や失敗の中でどのような能力を発揮したのかを伝えることです。

「楽しい思い出」ではなく「挫折や失敗」を思い出してみましょう。そして、それをどのようにクリアしたのかを分析して下さい。

転職の場合は、前職での失敗やトラブルなどの質問が出るはずです。どのような判断で、どのような解決策をしたのかを具体的に話しましょう。

質問5:あなたの長所や短所は?

履歴書やエントリーシートで自分の長所はしっかりと記入しますが、短所はあまり書かないでしょう。

長所は自分の強みでもあるので、具体的にアピールできますが、短所は誰でもあまり言いたくありません。

しかし、採用する側からすると自分の短所を理解しているかは大きな判断基準でもあります。自分の短所を知り、その短所をどう補っているのかの具体的な話を聞きたいのです。

例えば、先走ってしまう傾向にある人は、「物事を決める前に必ず誰かに相談するようにしている」などの解決法を言うと評価は上がります。

ただし、正直に短所をいうのも良くありません。特に「根が暗い」とか「頑固」などのマイナスイメージしか浮かばないものは言わない方が無難です。

誰でも短所はあります。「弱みはありません」と言うのはイメージアップにはありません。

自分の弱みを知り、それをどう対処しているかが大きな課題です。

過去の失敗談を思い出してみましょう。そこには自分の弱みがあるはずです。また、自分が強みだと思っていることが弱みになる場合があります。

例えば、「人への思いやりが強い」ことが強みの人は、周りの意見を重視するあまり「決断力がない」という弱みがあるかもしれません。

まずは、しっかりと自分を分析することから始めましょう。友人などの率直な意見を聞くことも効果的な方法です。

「何か質問はありますか?」と聞かれたら

面接の最後に「何か質問がありますか?」と聞かれる場合があります。

遠慮して「特にありません」と言うのは折角のチャンスを無駄にしてしまいます。面接官がなぜ質問するのかを考えてみましょう。

面接官が最後にチェックしたいのは、会社に対する興味と質問力です。質問がないということは、会社に対する執着が少ないと判断されてしまう恐れがあります。

あらかじめ質問内容をいくつか考えておきましょう。

この際重要なのは、面接官が答えやすい質問をすることです。

会社の理念や経営方針などの抽象的な質問でなく、「これまでの仕事で達成感を感じたのはどういう時ですか?」というような面接官が体験したであろうことに関しての質問がベストです。

しかし面接官が答えやすい質問と言っても、「はい・いいえ」で済む質問、ホームページをみてわかる質問は好ましくありません。

面接官にする質問についても転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

転職エージェントの中でもマイナビAGENT・リクルートエージェントが比較的使いやすいでしょう。

マイナビAGENT 面接対策完全ガイドマイナビ

フリーターで就職、転職活動中の方はハタラクティブを利用してみましょう。

フリーターの正社員就職支援

IT業界で就職、転職を目指している方はワークポートがおすすめです。IT業界に特化した面接対策やアドバイスをしてくれるでしょう。

面接で聞かれる5つの質問についてのおさらい

転職・就活での面接では、以下の5つのポイントに注意しましょう。

  • 自己紹介は1分ぐらいを目安にして、自分の強みや実績を具体的に話す
  • 会社の役に立つと思わせる志望動機をいう
  • 企業形態をよく調べて、具体的な仕事をイメージして発言する
  • 楽しい思い出ではなく、過去の失敗や挫折をどう乗り越えたかを話す
  • 自分の短所を理解して、それを補うための工夫を伝える

面接の質問に関することについてはこちらの記事も参考にしてみてください。
就職・転職の志望動機 各種業界で使える例文

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda