履歴書には職歴や志望動機などさまざまな項目がありますが、通勤時間について書く欄も設定されています。他の項目と比べてあまり重要でないと思われがちですが、少なからず合否に関係する場合もあります。

この記事では主に「通勤時間を書く意味とその書き方」「マイナス評価を受けやすいポイント」などについて解説します。

履歴書における通勤時間の正しい書き方やポイントについて押さえることができれば、細かいところで減点されずに面接へ臨むことができるでしょう。

通勤時間を書く意味

履歴書に通勤時間を書く意味は、当然ながら面接担当者に「自分は通勤のためにこれくらいの時間がかかります。」と伝えることです。

これにより担当者は、会社に着くためにかかるおおよその時間を知ることになります。

会社側がその時間を知るメリットは主に「通勤手段を把握する」「出社するのが困難ではないか」の2点が挙げられます。

多くの場合、通勤のためにかかるお金は交通費として会社側が全額または一部を支給することとなります。

そのため通勤時間や通勤方法は会社側が交通費を算出するために知っておきたい情報であると言えるでしょう。

また、会社に着くまでに「徒歩で5分の場合」と「公共機関を乗り継いで2時間」の場合では受ける印象も変わってきます。あまりにも長い時間だと「会社に着く前に疲れてしまうのでは?」と心配になってしまう場面もあろうかと思います。

そのため通勤時間欄に嘘の記載をしてしまうと後々トラブルの元になってしまうこともあります。

通勤時間は5分単位 書き方のポイント

書き方のポイントとしては以下の3点が挙げられます。

  • 5分単位で記入する
  • 会社に着くまでの片道にかかるすべての時間を記入
  • 渋滞などを考慮しない最短の経路、時間で

例えば、実際に計ったら33分であったとしても「30分」か「35分」と5分単位で書くようにしましょう。1分単位ほど細かくなりすぎず、10分単位ほどおおざっぱにならないためこのくらいがちょうど良いとされています。

また通勤時間には、例え途中で通勤手段が変わったとしても(乗り換えのため歩くなど)会社に着くまでにかかったすべての時間を書くようにします。イメージとしては家の玄関を出た瞬間から会社の入り口に入るまでの所要時間が通勤時間となります。

その際の時間は渋滞や寄り道を考えない時間となります。

仮に担当者が近くに住む他の面接者の通勤時間と見比べた場合、そこに大きく差があると不審に思われてしまう場合もあるので、通勤時間については最短の経路と時間を書くようにしましょう。

勤務地が決まっていない場合

自分がどこに配属されるか明確でない場合もあろうかと思います。

その場合はいくつかの候補の中から自分が希望する勤務地までの通勤時間を書くと良いでしょう。

その際は、「○○支店までの通勤時間」と余白に書いてあると分かりやすいでしょう。

また、採用を機に引っ越しが決まっている場合は、その引っ越し先がはっきりと決まっていればそちらの時間を記入することになります。

その際は余白または欄外に補足として引っ越し先からのものであると書いておくと親切です。

電車など交通経路の書き方と注意点

通勤時間を書く欄はあまり広くはありませんが、余白部分に交通手段が書いてあると担当者もより分かりやすくイメージできます。

例えば「自家用車」や「バス」、通勤手段が複数の場合は「自転車及び電車」のように書くと良いでしょう。

ただし小さな欄に詳細をあまりにも細かく書いてしまうと、見にくくなってしまう場合があります。通勤手段を書くにしても主要なものに留めておいたほうが望ましいでしょう。

通勤時間が長い場合はポジティブな理由を書く

通勤時間があまりにも長いとマイナスな印象を持たれてしまうことがあります。面接で聞かれることもあるので対処法は考えておきたいです。

・読書など自分を高める時間に使う
・眠ることもできるので業務に支障をきたさない
・採用後は勤務地に近い場所へ引っ越す予定である

このようにマイナスイメージを逆手にとってプラスのイメージへ持っていくようにすると良いでしょう。

履歴書や職務履歴書の書き方に不安がある方は転職エージェントに履歴書の添削をお願いしてみましょう。

履歴書の添削をしてくれる転職エージェントの中でもマイナビAGENT・リクルートエージェントがおすすめです。
マイナビAGENT 履歴書の書き方

また、現在フリーターで就職、転職活動中の方はハタラクティブで添削をしてもらうことをおすすめします。

フリーターの正社員就職支援

IT業界を目指している方が添削をお願いする場合はワークポートがおすすめです。IT業界に特化した添削やアドバイスをしてくれます。

初めて転職エージェントに履歴書・経歴書添削をお願いするとき、他社の転職サイトでつかったものだからと気にすることなく、とにかく持っていきましょう。

なぜならば、全てではありませんが多くの転職エージェントは転職者自身に履歴書をなおさせるのではなく、「よろしければこちらで訂正してもよろしいでしょうか?」とエージェントの手でブラッシュアップをします。

そのため、マナラボでも履歴書の書き方を解説していますが、まずは転職エージェントにもっていくのが、書類選考対策での一番の近道です。

履歴書に記載する通勤時間についてのおさらい

履歴書に記載する通勤時間についてのおさらいは以下の通りとなります。

  • 会社側に通勤のためにかかる時間を伝えるためのもの
  • 通勤時間は5分単位で書く
  • 勤務地が決まっていない場合は「○○支店までの通勤時間」と余白に書くとよい
  • 通勤時間が長い場合はポジティブな理由を添えておく

通勤時間に関することはこちらの記事も参考にしてみてください。マイナビAGENTの記事も是非、ご参考ください。
マイナビAGENT 履歴書での通勤時間の書き方
生活改善 通勤時間は生活のどう影響するのかを解説

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda