この記事では、借用書の意味とについて解説いたします。

金品を口約束だけで貸し借りすると、トラブルの原因になりえます。借用書はそうしたトラブルを未然に防ぐために有効な手段のひとつです。
この記事から、正しい借用書の書き方や、注意すべきポイントを学ぶことができます。

借用書とは

借用書とは、や物品を貸し借りしたことを証明する文書のことです。

物品の借用書と区別するために、お金の借用書を「金銭借用書」ということもあります。

借用書には、誰が誰から何円(またはどんな物品を)貸し借りしたのか、その返済方法と返済期限などを明記します。
借用書がないと、返済をめぐるトラブルで裁判になったとき不利になるだけでなく、譲渡や贈与と見なされて脱税の罪に問われることもあるので、注意が必要です。

金銭消費貸借契約書との違い

金銭借用書とよく似た証書に、「金銭消費貸借契約書」があります。

一般の方には、あまりなじみがないかもしれませんが、「金銭消費貸借契約」とは、個人や金融機関から、仕事や生活に必要なお金を借りる契約のことをいいます。そのとき貸し主と借り主が互いに取り交わす契約書が、金銭消費貸借契約書です。

金銭消費貸借契約書はその名の通り、金銭の貸し借りに限定された契約書です。

借用書とちがって、お金以外の物品の貸し借りには対応しません。

また借用書は通常、借り主が作成したものを貸し主に証文として提出する形になりますが、金銭消費貸借契約書は同じ証文を二通作成し、貸し主と借り主の双方が捺印して、互いに一通ずつ保管することになっています

このように金銭消費貸借契約書は、借用書よりも厳格なルールで作成されるため、トラブルを回避する効果も高くなります。

借用書を交わすメリット・デメリット

借用書には、金品の貸し借りにともなうトラブルを未然に防ぐことができるメリットがあります。
ただし、デメリットも存在します。

ここでは借用書を交わすメリットとデメリットについて解説します。

メリット

金品を軽い気持ちで貸し借りすると、あとになって「借りた、借りてない」「返す、返さない」といったトラブルになる可能性があります。

そこで金品を借用した事実や条件を借用書に記載しておけば、それが証拠になって、貸し主と借り主の言い分の食い違いによるトラブルを未然に防ぐことができます。
また、借用書は基本的に借り主が作成するため、貸し主側にとっては手間も費用もかかりません。

通常、金品の貸借では貸し主側のリスクが大きくなるので、証文の作成で貸し主に負担をかけないことは借用書の大きなメリットとなります。

デメリット

借用書のデメリットは、借り主が貸し主に不利な借用書を故意に作成する可能性があることです。

借用書は基本的に借り主が作成し、それを貸し主に渡すものです。そのため借り主が自分に都合の良い内容の借用書を作成し、それに貸し主が気づかなければ、虚偽が事実になってしまうことにもなりかねません。

また、借用書は1通しか作成しないので、貸し主が誤って紛失してしまうと、トラブルになったときに貸し借りの内容や条件を証明できない可能性もあります。
万全を期すためには、借用書を金銭消費貸借契約書のように2通作成し、貸し主と借り主の双方が署名捺印して、各自で保存するのが良いでしょう。

借用書の書き方

借用書はいざというときには法的な効力を発揮する証文です。作成にあたっては規定の書式にしたがって、必要項目をもれなく記載する必要があります。

借用書に含める項目

借用書を作成する場合、以下の10項目の記載が必要です。

  1. 「借用書」という表題。
  2. 借用書の作成日 (通常は、金品を借りた日を「年月日」で記載します)
  3. 貸し主の氏名 (手書きで記入します)
  4. 借り主が貸し主から金品を借りたという事実を明記。
  5. 借り主が借りたのがお金の場合、金額を漢数字で記載。
  6. 金品の貸し借りが成立した日を年月日で記載。
  7. 貸し主に約束した返済期日を年月日で記載。
  8. 借りた金品の返済方法(お金であれば銀行振込か現金を直接手渡しか、など)
  9. 借り主の署名と住所、および捺印。(署名と住所は手書きです)
  10. 収入印紙 (借りる金額が1万円以上になる場合に必要です)

金額は漢数字で書く

借用書に限らず、小切手や領収証などを手書きで作成する場合は、数字を「大字(だいじ)」と呼ばれる漢数字で記入するのが基本です。

これは「123」のような算用数字にすると、「1」を加筆して「7」にしたり、「3」を「8」にしたりと改ざんがしやすいためです。
参考までに、から10までの数字を「大字」で記載すると、以下のようになります。

壱、弐、参、四(肆)、五(伍)、六(陸)、七(漆)、八(捌)、九(玖)、拾。
※カッコ内の漢字は旧字体です。現在ではほとんど使われていません。

借り主の署名をもらう

借用書は原則として借り主が作成し、貸し主に提出する証文です。

したがって借り主の氏名と住所は手書きでなくてはなりません。もちろん捺印も必要です。

収入印紙を貼る

借用書を作成する場合、貸し借りするお金が1万円以上になると、所定の金額の収入印紙を貼る必要があります。
印紙の額は貸借の金額で変わります。

たとえば貸借金額が1万円以上10万円以下の場合、必要な印紙代は200円となります。

借用書に金利を書く場合

一般に、親しい個人間で少額のお金を貸し借りするときは無利子にする場合がほとんどですが、金利を取る約束で貸し借りする場合は、それも借用書に明記する必要があります。
その際、金利は利息制限法の上限以下に設定しなければなりません。

また、借り主が期限内に返済しなかった場合にそなえて、遅延損害金もあわせて記載することをおすすめします。

法的効力をもたせたいなら「公正証書」

借用書の多くは個人間の貸し借りで作成されるため、記載の不備により裁判で法的効力を否定される場合が多々あります。

法的効力を確実にしたい場合は公正証書にする必要があります。

公正証書は実務に精通した公証人が、公証役場で作成する公的な文書のことで、おもに遺言や慰謝料などの取り決めで利用されなどで利用されますが、借用書も作成可能です。

公正証書は原本の作成と保管が公正役場で行われるため、記載の不備や紛失の恐れがありません。
費用はかかりますが、貸し借りする金額が大きい場合は面倒でも公正証書にすることをおすすめします。

まとめ この記事のおさらい

  • 借用書とは、お金や物品を貸し借りしたことを証明する書付けのことです。
  • 借用書とよく似た証文に、金銭消費貸借契約書があります。
  • 借用書は借り手が作成して貸し手に提出しますが、金銭消費貸借契約書は、同じ書類を2通作成し、貸し主と借り主の双方が署名捺印して保存します。
  • 借用書には金品の貸借に起因するトラブルを未然に防ぐ効果があります。
  • 借用書はいざというときに金品貸借の証拠になるので、規定の書式に従って作成する必要があります。
  • 借用書の金銭の数字は漢数字で記入し、借り手の署名は手書きにします。
  • 借用書に法的効力を持たせたい場合は公正証書にするのがおすすめです。