退職理由を考えると、どうしてもネガティブな気持ちになってしまい、なかなか筆が進まなくなってしまいます。

今回は、そんな退職理由を履歴書や職務経歴書に書くポイントをご紹介します。

転職は人生の大きな転機です。見方や考え方を変えて、ポジティブな転職理由を考えれば、履歴書だけでなく面接でもいい話のタネになるでしょう。

履歴書・職務経歴書で退職理由を書く際のポイント

内容は詳しく書くより一言で済ましてもよい

無条件に、履歴書や職務経歴書には転職理由を書くべきと思っていませんか?

実は、採用企業側から退職理由を書くことを指示さえていない場合には、職務経歴書や履歴書に退職理由を書くか書かないかは自由なのです。

しかし、実際のところは、採用企業側からすると、退職理由は自社に入社し短期で辞めてしまわないか、社会人としての行動やまわりとの人間関係で問題を起こさないかなど、とても気になるところでもあります。

書く側にとっては、履歴書の職歴欄はスペースが限られて書きにくく、職務履歴書は経験やスキルを伝えるためのツールなので、細かい退職理由よりも伝えたいことが他にあるでしょう。

それゆえ、履歴書や職務履歴書では細かな理由まで言及せずに、「一身上の都合により退職」「契約満了のため退職」「会社都合により退職」といった決まり文句を書くだけでも充分です。

もし、退職理由が気になるのであれば、採用企業側は面接で理由を聞くでしょう。

以下では退職理由を伝える際の良い例、悪い例を解説しています、相手に失礼のない内容を目指しましょう。

仕事を辞めるための退職理由のいい例、よくない例 例文と解説

面接の時に相手の会社が退職理由を詳しく求めてこない場合は一言でOK

履歴書や職務履歴書で「一身上の都合により」などの一言にしても、面接では理由を聞かれる場合があります。

そのため一言で書いたとしても、念のため自分の中では理由を考えておきましょう。

退職理由は、正直に話しすぎるとネガティブな印象を与える場合が多いので、内容は嘘がない、具体的でポジティブな理由を考えておきましょう。
また、面接の時に退職理由を聞かれない場合には、無理に話す必要はありません

以下では、さらに面接の場面に絞った退職理由の伝え方を解説しています、この記事と合わせてご覧ください。
転職の際に面接で退職理由をきかれた場合の答え方・例文

退職予定の場合は正確な日付や勤務開始予定日を明確に

仕事を続けている中での転職活動の場合、一般的には退職予定日を書く必要はなく「現在に至る」として面接時に口頭で伝えます。

しかし、以下のような場合には、退職予定日を「〇月〇日退職予定」または「〇月末退職予定」などと書いたほうがいいでしょう。実際に退職するまでは、「予定」としておきます。

・退職予定日が1ケ月以内の場合
・急募の求人の場合

口頭にしても書くにしても、いつまでに今の勤務先を退職して、いつから働くことができるのかをできるだけ相手に明確に伝えましょう。

 

以下の記事では「退職予定」を履歴書に書く際の注意点を詳しく紹介しています、不備が無いように、詳しく学んでおきましょう。

履歴書の職歴欄に「退職予定」と書く場合の注意点

退職理由を細かく記載しなければならない場合

履歴書も職務経歴書も自分を売り込むためのツールです。場合によっては、退職理由を詳しく書いたほうがいい時もあります。

1.転職回数が多い場合
(20代で4~5回以上も転職をしている場合や短期間で仕事を転々した期間がある場合)
2.長期間のブランクがある場合
(長期間とは、一般的には半年以上のブランクがある場合)
3.職歴に一貫性がない場合
(これまでの経験職種や業種がばらばら、例えば、販売職→営業職→事務職などの場合)

それぞれの場合で、どのように退職理由を書くべきか確認しましょう。

 

転職回数が多い場合の退職理由の書き方

転職回数が多い職歴をみると、採用担当者は採用しても短期間で辞めてしまうのではないかと考えてしまいがちです。

採用担当者を「採用しても大丈夫だ」と納得させられるような退職理由を考えなければいけません。

そのためには、例えネガティブな理由で辞めてしまったとしても、キャリアアップを目指しているという熱意や新しい仕事への挑戦を積極性持ってアピールしましょう。

長期間ブランクがある場合の退職理由の書き方

一般的に、長期間とは半年以上を指します。

通常は、退職後に就職活動を始めても、2~3か月の間には転職するものと考えられています。

職歴にブランクがある場合や退職からすでに時間が経っている場合には、その期間に何をしていたのか、採用担当者は気にするはずです。

長い空白だと、社会人復帰自体を懸念されることもあります。

状況に応じて、なるべく具体的に退職理由を書きましょう。病気や家庭の事情など、止む負えない場合は正直に書くしかありませんが、病気の場合には完治した旨も書き添えるとベターです。

たとえば、2016年12月 病気治療のため退職(2017年4月30日現在、完治)などと書くのがいいでしょう。

職歴に一貫性がない場合の退職理由の書き方

業種や職種に一貫性がない場合も、採用担当者は、知識や経験が中途半端ではないか、行き当たりばったりの転職活動なのではと考えることがあります。

もし、自分なりの一貫性があるなら、詳しい説明を職務経歴書に記載しましょう。履歴書では、志望動機に絡ませると説明しやすいかも知れません。

以下の記事では、会社の移り変わりが多い人のための面接で役立つ情報を紹介しています、少しでも不安がありましたら是非ご覧下さい。
転職回数は何回が多いとされるか 面接で聞かれた際の答え方

理由を述べるときは前向きに

退職理由欄や志望理由欄に退職理由を書く場合には、直近の職歴についてのみ、具体的に退職理由を記入するのがいいでしょう。

退職理由は、多くの場合にはネガティブなものかも知れませんが、なるべくポジティブに書きましょう。面接で話す場合もポジティブな考え方をベースに、説得力のある説明をしなければいけません。

よほどの文章力がない限り、さっとポジティブな退職理由を考えるのは難しいかも知れませんが、採用する側もあまりにネガティブな人は採用したくないはずです。

大きな転機になるかも知れない転職なので、ここは時間をかけて考えたいところです。考え方や見る角度をかえて、自分の中で考えを進めていきましょう。

以下では、退職理由をどう前向きに伝えるかを紹介しています、こちらの記事と合わせてお役立てください。
退職理由の伝え方 ネガティブな理由をポジティブに伝える方法

履歴書や職務履歴書の書き方に不安がある方は転職エージェントに履歴書の添削をお願いしてみましょう。

履歴書の添削をしてくれる転職エージェントの中でもマイナビAGENT・リクルートエージェントがおすすめです。
マイナビAGENT 履歴書の書き方

また、現在フリーターで就職、転職活動中の方はハタラクティブで添削をしてもらうことをおすすめします。

フリーターの正社員就職支援

IT業界を目指している方が添削をお願いする場合はワークポートがおすすめです。IT業界に特化した添削やアドバイスをしてくれます。

初めて転職エージェントに履歴書・経歴書添削をお願いするとき、他社の転職サイトでつかったものだからと気にすることなく、とにかく持っていきましょう。

なぜならば、全てではありませんが多くの転職エージェントは転職者自身に履歴書をなおさせるのではなく、「よろしければこちらで訂正してもよろしいでしょうか?」とエージェントの手でブラッシュアップをします。

そのため、マナラボでも履歴書の書き方を解説していますが、まずは転職エージェントにもっていくのが、書類選考対策での一番の近道です。

履歴書、職務経歴書の退職理由の書き方まとめ

  • 基本的には、履歴書や職務経歴書に退職理由を書くかどうかは自由です。
  • しかし、詳しい退職理由を書く必要はなくとも、「一身上の都合により退職」「契約満了のため退職」「会社都合により退職」などの決まり文句はあったほうがいいかも知れません。
  • 採用企業側が退職理由を知りたい場合には、面接で聞いてくるので、それまでに少しでもポジティブな理由を考えておきましょう。
  • ただし、転職回数が多い場合、長期間のブランクがある場合、職歴に一貫性がない場合には、履歴書や職務経歴書に退職理由を具体的かつポジティブに記載したほうが、自分にとってメリットがあります。
  • 転職活動では、履歴書も職務経歴書も自分を売り込むための大切なツールですので、面接も視野に入れてしっかりと仕上げましょう。