この記事では通夜の流れや準備するものについて解説いたします。

通夜には流れや服装、準備するもの等が細かく決まっていますが、これらを知らなかったでは大変失礼にあたる恐れがあります。

一つずつ項目別に確認してみましょう。

通夜とは何か

「通夜」は「つや」と読み、「仏教等で葬儀前に行う儀式のこと」をさします。

元々は故人を葬る前に親族や知人が「夜通しで」死者を守ることから「通夜」と呼ばれるようになったといわれています。
現在では2時間程度の半通夜が多く、僧侶を招いての読経や焼香を行うという葬儀に準じた儀式になっています。

通夜の流れ

通夜は基本的に流れが決まっており、今日ではその流れに沿って進められることが多いです。
ここでは一般的な流れを確認してみましょう。

一般的な流れ

まずは葬儀社に連絡を取り、斎場設営等大まかなことを取り計らってもらいます。
受付や案内、会計等の係分担は通夜の前までに自分たちで段取りをしておきます。

当日はまず受付にて芳名カードに記帳してもらい、香典を受け取ります。
その後列に芳名と香典を照合し現金管理をする会計係が控えていることが多いです。

通夜開始までに全員着席して待機します。
開始時間になると葬儀社担当者の呼び込みにより僧侶が入場し、通夜が始まるという流れが多いです。

通夜では僧侶が30分程度の読経が行われますが、斎場によっては正座を求められる場合があります。

読経が終わると僧侶あるいは葬儀社担当者の誘導により焼香が始まります。
「焼香」は「しょうこう」と読み、「故人に対して香を焚いて拝むこと」という意味です。

焼香の後は僧侶から法話や説教がある場合がありますが、それが終わると僧侶は退場します。
その後は喪主が参列者への挨拶を行い、翌日の葬儀の時間も案内した上で通夜ぶるまいへ案内するのが一般的です。

通夜ぶるまいでは喪主から参列者への感謝としてお酒や料理でおもてなしをします。
そして通夜ぶるまいが終わると遺族だけが残り、本来の意味での通夜が始まります。

これは夜通しで灯明と線香を絶やさずにお棺に付き添う「棺守り」です。
ただし翌日には葬儀も控えている為、体力に余力のある遺族だけが行います。

開始時間や所要時間

通夜は18時頃から始まり、1時間から長くても2時間程度で終わることが多いです。これは短時間で終わる半通夜が一般的になってきたからです。

その後の通夜ぶるまいは20時過ぎから始まり大体1時間から2時間程度で終わります。
しかし実際には、弔問客ごとに随時解散することが多いです。

通夜に参列する時に準備するもの

通夜に参列する時には、事前に準備するものがいくつかあります。
結婚式等と違い突発的に行われるものなので、慌てることがないよう注意が必要です。

服装

地味な服装であれば平服でも構わないという説もありますが、一般的には「喪服」を着用することが多いです。
あまりカジュアルなものや露出が多い服装は避けるのがマナーとされています。

男性は黒で光沢がない喪服を用意します。ジャケットはシングルでもダブルでも構いませんが、パンツはシングルのものが一般的です。

ワイシャツは白無地のワイドカラーで、ネクタイは黒無地で光沢がないものを選びます。
なおネクタイを結ぶ際にはお悔やみの場でのマナーとしてくぼみ(ディンプル)は作らないようにしましょう。

靴下は黒の無地、靴は黒の革靴で原則紐で結ぶタイプを用意します。
靴はエナメルやスエード素材を避け、金具のないシンプルなものが望ましいです。

女性も喪服を用意しますが、下はパンツでもスカートでも問題ないです。
トップスの袖丈は長袖から5分袖、スカート丈は膝からふくらはぎ丈が良いでしょう。

ストッキングは黒の薄手のものが正式とされています。
靴はシンプルな黒色のパンプスで、布か皮のものが無難です。

なお児童や生徒は通っている学校の制服を着て行きます。
色が明るかったり柄が入っている等の場合であっても、学生服自体が正装とされているので問題ないです。

アクセサリーや小物類

光沢のある装飾品や毛皮や鱗等殺生をイメージするものはNGです。

女性のイヤリングやネックレスは真珠が定番です。
バッグは黒の布製が基本で、光沢や装飾がないシンプルなものを用意します。

また男女共通の持ち物として数珠と袱紗、ハンカチが挙げられます。
数珠は宗派によって決まりが異なる場合がありますが、一連タイプの略式数珠なら宗派を問わず使用できます。

袱紗は「ふくさ」と読み、「ご祝儀や香典等を包む際の儀礼用絹布」です。紫色は慶弔どちらでも使えるので使いやすいといえます。

ハンカチは弔事専用の黒または白の無地のものを選びます。

通夜に遅刻するときはどうする?

どうしても事情があり通夜に遅刻してしまうことがあるかもしれません。

どれくらい遅刻するかにもよりますが、基本的には遅刻してでも通夜に駆けつけるのがマナーです。

遺族からすると無礼と感じるよりも、忙しい中でも駆けつけてくれたと思うものです。
また通夜は18時頃から始まることが多く、平日だと仕事終わりに向かう場合もあるので多少の遅刻は見受けられます。

30分〜1時間程度の遅刻なら駆けつける

仕事や諸般の事情等で通夜の開始に間に合わない場合、30分〜1時間程度の遅刻であれば駆けつけます。

遅刻した場合でもまずは受付に向かいます。
受付が終わっていた場合は葬儀社担当者等に事情を説明し、途中から通夜に参列するのが良いでしょう。

また通夜に遅刻した理由を特に説明する必要はありません。
もし遅刻してしまった場合は喪主にはお詫びをしつつ、焼香をさせてもらいます。

1時間半を超える場合は連絡を

到着が1時間半を超える場合は、事前に連絡をしておく方が良いです。
特に故人や遺族との関係が深い場合や何かしら係を担当している場合等は必ず連絡しましょう。

逆に関係がそれ程深くない場合やあまりにも遅くなる場合には、事前に連絡はした上で翌日の葬儀から参列する方が無難です。

通夜と告別式の違いは?

弔事に関する言葉の中で、「告別式」というものがあります。

地域や宗派等によっても違いますが、通夜は葬儀の前日に親しい間柄の人だけでなく仕事関係や近隣の人が参列することもあります。
対して告別式は通夜の翌日の午前中に行われることが多く、参列者は仕事関係や近隣の人がメインです。

元々通夜には故人と親しい間柄の人が、告別式には仕事関係や知人が参列するのが本来の形でした。
しかし仕事の都合等で通夜の方が参列しやすいということもあり、通夜に参列するという人も多くなっています。

通夜か告別式のどちらかに参列する傾向にありますが、一般的には通夜に参列する人の方が多いです。
この為告別式の方が故人をゆっくり偲ぶことができるといえます。

香典は通夜と告別式のどちらに持って行くか

中には通夜と告別式の両方に参列するということもあるかもしれません。

この場合2回とも香典を包む必要はありませんが、どちらで持参するかは地域によっても異なります。

他にどちらにも出席する人がいれば事前に相談したり、あるいは通夜から持っていき周りに合わせて判断するのが無難です。

まとめ この記事のおさらい

・通夜は「つや」と読み、「仏教等で葬儀前に行う儀式のこと」を意味する

・遅刻してしまう場合でも、30分〜1時間程度であれば駆けつける方が良い

・告別式は通夜の翌日の朝に行い、仕事関係や近隣の人が参列する

・通夜にも告別式にも参列する場合、香典はどちらかだけで良い