この記事では出産祝いの「のし」や祝儀袋の書き方について解説いたします。

出産祝いとは友人や同僚、上司や親族等に子どもが生まれた時に、そのお祝いとして祝い金や贈り物を渡すことです。

社会人になると出産祝いを送る機会も増えてきますが、その際には体裁を整えるのがマナーであり常識です。
のしや祝儀袋の正しい書き方を理解していれば、律儀で常識がある人だと先方にも判断されるでしょう。

簡単に触れておくと、「のし(熨斗)」とは「結婚式の内祝い等フォーマルな贈り物に添えられる飾り」のことです。
のしは生もの以外の贈り物に対して添えるもので、鰹節や鮮魚等の生鮮品には不要です。

また出産祝いではのしが印刷されたのし紙に「水引」をかけて渡します。「水引」は「みずびき」と読み、「贈答品の包み紙を結ぶ紙製の紐」のことです。

今回は書き方が中心なので詳細は割愛しますが、併せて確認しておきましょう。

出産祝いの「のし」の書き方

例えば現金を渡す場合、ご祝儀袋の上に「のし」が書かれたのし紙を貼り付けます。

そしてその「のし」には表書きや名前の書き方が決まっています。また連名で贈る時には留意事項があります。

表書き・名前の書き方

出産祝いの「のし」の上段には「御祝」や「御出産御祝」、「祝御出産」や「御出産祝」等と書きます。
続いて下段には性もしくはフルネームを書きます。なお、この上下段を隔てているのが先述の水引です。

出産祝いの水引は紅白の蝶結びのものを選ぶのが一般的ですが、最近では親友等親しい間柄宛にカジュアルな祝儀袋も見受けられます。
具体的にはキャラクターや赤ちゃんのイラスト付きのものや、メッセージを書き込めるものです。

これは堅苦しさを出したくなかったり、あるいは丁寧さを伝える場合等、渡す相手によって上手に使い分けると良いかもしれません。

連名で贈る時

例えば贈る相手が夫婦共通の知り合いの場合等は連名で贈ることがあります。

夫婦連名の場合はのし紙の下段の中心に夫の氏名を書き、左に妻の名だけを書きます。この際、妻の名は夫の名と高さを揃えましょう。

また社内の人に贈る出産祝いの場合、課や部の連名で贈るケースも見られます。
その場合のし紙の下段中心に例えば「管理部一同」等、「◯◯一同」と書きます。

そして出資したメンバーの氏名を書いた紙を袋の中に入れておきます。
こうすることによって表書きはすっきり見せながら、誰がメンバーとして入っているのか先方に伝えることができるのです。

裏面には何も書かない

表書きには色々と書くことがありましたが、裏面には逆に何も書きません。基本的にご祝儀袋の裏面に何か書くのはNGとされています。

代わりにご祝儀袋の中に入れる 中袋の裏面に住所と名前を書きます。この場合、筆ペンを使い縦書きで丁寧に書くのがマナーとされています。

直接手渡す場合には中袋にも書かなくとも問題ないですが、基本マナーとして中袋に住所と氏名を書くことと筆ペンを使うということはセットで覚えておいた方が良いでしょう。

なおご祝儀袋を買った際に中袋がない場合がありますが、ご祝儀袋に直接お金を入れるのはマナー違反とされています。

このような時にはご祝儀袋に入るサイズの白い封筒を買ってきて、その中にお金を入れます。
このケースでは中袋同様、ご祝儀袋ではなく白い封筒に住所と名前を書きましょう。

現金・祝儀袋の書き方

現金の渡し方や祝儀袋の書き方にも決まりがあります。

出産祝いだけでなく結婚祝いや入学祝い等のご祝儀には「折り目のない新札」を包み、不祝儀(香典やお見舞い等)では「折り目のあるお札」を包みます。

ご祝儀は事前に分かっていることですが、折り目のない新札は普段から財布に入っているものではありません。
ここで折り目のない新札を用意することで、「事前に準備をした」という心遣いを相手に伝えることができるのです。

逆に不祝儀で折り目のない新札を渡すと、死別や病気等に対して「事前に準備をした」となってしまいます。
その為使い古されたお札を包むのがマナーです。

あまりないことですが、もし折り目のない新札しかない場合は折り目をつけてから包みます。

また出産祝いで包む金額は、相手との関係性によって変わります。
身内は一万円〜、親族や友人は五千円〜、同僚や部下は三千円〜が目安とされています。

続いて祝儀袋の中に入れる中袋の書き方です。

中袋は横書きの場合「1、2、3」等のアラビア文字で金額を書きます。
縦書きでは「金壱万円」のように漢字で書くことが多いですが、無理に難しい漢字にする必要もありません。

正式には外側の袋と同じ筆記具を使って書くのがマナーとされていますが、書くエリアが狭い等の場合はボールペンや黒インクのペンを使いましょう。

なお四や九は「死や苦を連想させ縁起が悪い」とされているので使わないのがマナーです。また六はきりが悪いので使われないのが一般的とされています。

裏面には住所と氏名を書きますが、これは相手がお礼状を書く時に配慮しているからといわれています。
その為結婚式当日に渡す結婚祝いの場合、披露宴に招待する段階で相手は住所が分かっていることから住所を書かず氏名のみを書きます。

品物を贈る時

出産祝いは現金ではなく品物を贈る場合もあります。

品物を贈る時にものしをつけますが、「内のし」と「外のし」の2種類あることに注意が必要です。
品物に直接のしをつけてから包装紙に包む、つまりのしが包装紙の内側になるのが「内のし」です。

逆に品物にのしだけをつけるとのしが外に出ているので「外のし」といわれています。

「内のし」の書き方

「内のし」の場合表書きには「御出産祝」等を上段に、下段には氏名を書きます。
そしてその上から包装紙で包みますが、もちろん包装紙には特に何も書きません。

「内のし」はのしが隠れていることから、内祝い等の場合は控えめに感じる「内のし」が良いとされています。
また宅配便等を利用する場合は配達中にのし紙が傷つかないよう、「内のし」の方が適切でしょう。

「外のし」の書き方

「外のし」も表書きの上段に「御出産御祝」等を書き、氏名を下段に書きましょう。
そうすると「外のし」は品物を渡す際に表書きがはっきりと相手に見えます。

どんな目的で贈ったものか即座に分かる為、出産祝いや結婚祝いを手渡しする際は「外のし」が良いといえます。

なお「関東は外のし」で「関西は内のし」といわれることもありますが、はっきりと決まっているわけではありません。

また改まった贈り物ではなく、ちょっとした贈り物の場合には表書きをしない「無地のし」もあります。
そうすることで相手に「お返しは不要です」という配慮をすることができ、気軽に品物を渡すことができるのです。

このように厳密なルールが決まっているわけではないので、贈る相手との関係性等によって柔軟に選ぶのが望ましいといえます。

まとめ この記事のおさらい

  • 出産祝いののしには水引を隔てて上段に「御出産御祝」等と書き、下段には氏名を書く
  • ご祝儀袋の裏面には何も書かず、中袋の裏面に住所と氏名を書く
  • 出産祝い等のご祝儀では「事前に準備した」という配慮を込めて折れ目のない新札を包むのが一般的
  • 包む金額や「内のし」と「外のし」との使い分け等明確なルールとして決まっていない為、贈る相手との関係性等によって柔軟に判断する