仕事は毎日のことだけに、できるだけストレスを感じることなく取り組みたいものです。しかし、実際は働く人の大半が何かしらのストレスを抱えながら仕事をしているという現状があります。

ストレスを全て取り払うことは不可能かもしれませんが、自分はどんなことにストレスを感じているのか、ストレスの棚卸をすることで対処法も見えてきます。

この記事では、一般的に多くみられる仕事のストレスの原因と、その対処法について解説します。ストレスから解放されて本来のパフォーマンスを存分に発揮できるようになれば、仕事のモチベーションも上がってくることでしょう。

仕事のストレス原因5つ

「仕事がつらい」「仕事に行くのが憂鬱」と感じている人は、自分がどんなことにストレスを感じているのかを一度思い起こし整理して、対処法を考えることも大切です。

一般的にストレスを感じる原因になると考えられることには、次のようなものがあります。

仕事が難しい・わからない

仕事が難しくて思うようにはかどらないことがストレスの原因になることがあります。

周りに聞きたくてもみんな忙しそうで気を使ってしまい、仕事が進まないのは自分の理解力が足りないせいだと落ち込んだり、自分のせいで人に迷惑がかかっているのではないかと気に病んで、どんどんストレスが膨らんでいってしまいます。

ノルマがきつくプレッシャーを感じる

仕事のノルマがきつく、やってもやっても目標に到達しないときは、多くの人がストレスを感じるでしょう。

特に実力主義でノルマを達成しないと肩身が狭くなるような環境だったり、真面目な性格でノルマを果たせないことを申し訳なく思う人は、よりストレスを感じやすくなるでしょう。

理不尽に怒られる

上司や先輩に理不尽な理由で怒られることもストレスの原因になります。

きちんと理由を説明してやり方を正すのが本来の指導ですが、中には理由も言わずに怒鳴ったり、八つ当たりともとれる理由で感情をぶつけてくる上司もいます。「なんでこんなことで怒られなきゃならないんだ」と思っても言い返すわけにもいかず、ストレスを溜めている人は多いでしょう。

通勤時間が長い

通販時間の長さがストレスに結びつくこともあります。

通勤時間にかかる時間が長いと家でくつろいだり趣味に費やす時間が取れず、ストレスを上手く解消することができません。特に残業が続くときなどは睡眠時間も削られることになり、ジワジワとストレスが蓄積されていきがちです。

仕事が不規則・残業で帰れない

仕事時間が不規則だったり、残業で思うような時間に帰れないことが続くと、プライベートの予定を入れることができないなど自分の行動に制約がかかり、だんだんとストレスが溜まっていきます。

今週を乗り切れば来週からは楽になるなど先が見える場合はまだなんとかなりますが、残業が慢性的になるとストレスも大きくなっていくでしょう。

ストレスが溜まるとどうなるのか?

ストレスが溜まると自律神経が乱れ、心身に不調をきたすことがあります。

メンタル面の不調では「気分が落ち込む」「趣味などが楽しめない」「よく眠れない」「朝起きるのがつらい」「食欲がなくなる」などがあります。

身体の面では、「疲れやすい」「急性胃炎・胃潰瘍・過敏性腸症候群などの胃腸系の障害」「頭痛」「ひどい肩凝り」「めまい」「過呼吸症候群」などの症状が出る場合があります。

忙しい日々を過ごしていると、ストレスをためていることに自分自身で気づけないことがあります。このような症状が現れたら、一度自分の生活を振り返ってストレスチェックをしてみることも必要かもしれません。

ストレスの原因別の対処法

ストレス解消には、家族や友人に愚痴を聞いてもらったり軽い運動や趣味で気分転換をはかることが有効です。それに加え、ストレスの原因となっている問題に対する対処ができればさらにストレスを軽減することができます。

仕事が難しい・わからないことがストレスの原因の場合

仕事が難しく思うようにはかどらないことがストレスになっている場合は、仕事を難しく感じるのはどうしてなのかを考えて、解決法を考えてみましょう。

周りに相談できる人がいれば、率直に話してみると道が開けることがあります。

意外に教えてもらうべき情報が回ってきていなかっただけだったり、コツを掴めていないだけなのかもしれません。特に専門職の場合は経験を積まないと難しく感じる仕事も多いはずです。自分が引け目を感じているほど、周囲は気にしていない可能性もあります。

自分にはとても理解できる仕事ではない、どうしてもできそうもないという場合は、適性に合っていないことが考えられます。部署の転換を願い出たり、転職を考えてみるのも一案かも知れません。

ノルマがきつくプレッシャーを感じるのがストレスの原因の場合

ノルマがきつくて苦しい状況に追い込まれるのは、特に営業職で多いことでしょう。

売らなくては、という思いから長時間労働にもなりストレスが蓄積していきます。

負のループから抜け出すにはやり方を変えてみるのも一案です。忙しさに翻弄されると目的を見失いがちですが、本来の目的は訪問件数を増やすことではなく売上を上げることです。オンラインミーティングを活用したインサイドセールスに切り替えれば移動にかかる時間がなくなり、空いた時間をプレゼンの準備などに有効活用できます。

やり方を変えれば現状打破ができるかもしれません。

理不尽に怒られることがストレスの原因の場合

理不尽に怒る人は往々にして気分屋です。怒られた側に非があるかというと必ずしもそうではありません。

怒りたい気分だから怒っている、そんな感じなのです。

理不尽に怒られたときに一番いいのは聞き流すことです。正論を言い返したり、自分が悪いんだと落ち込む必要はないのです。今日は機嫌が悪いな…家で嫌なことでもあったのかな…くらいに思って寛大な心で聞き流してしまいましょう。

通勤時間が長いことがストレスの原因の場合

通勤時間の長さがストトレスになっている場合は、通勤時間を短くする方法と、通勤時間の長さを逆手にとって利用する方法が考えられます。

職場の近くに引っ越せば通勤時間が短縮できることはわかっていても、家賃の高さが気になって躊躇している人も少なくないでしょう。しかし考え方を変えれば、通勤時間が短くなれば身体にかかる負担が少なくなり、仕事のパフォーマンスが上がります。

また、キャリアアップのための勉強時間も取れるため、昇給、昇格に結びつく可能性があります。通勤にかかっていた時間を利用して副業で稼ぐ手もあります。

通勤時間の長さを利用するなら、電車内は趣味を楽しむ時間と割り切って、ゲームを楽しんだり映画を観ながら通勤する手もあります。
また、週末には特急電車の指定席を取ってでゆっくり小旅行気分を楽しみながら帰宅するのもよいでしょう。

仕事が不規則・残業で帰れないことがストレスの場合

仕事とプライベートのメリハリがつけられないことがストレスの原因になります。

この場合は、職場の大半の人が同じ悩みを抱えていることが多いでしょう。状況を打破するには仕事量を減らすことが一番です。まずは仕事の効率化を試みましょう。やらなくていいことはないのか、まとめてできることはないか、仕事を部署単位で整理して考えてみましょう。

仕事量を大きく減らすことができそうになければ、チームで協力し合って当番制にし、週に何日かはそれぞれが定時帰りできる体制整える方法もあります。何日かでもプライベートの時間ができることで、ストレスの軽減につながるでしょう。

仕事のストレスについてのまとめ

  • 仕事でストレスを感じる原因の代表的なものには、「ノルマがきつい」「理不尽怒られる」「通勤時間が長い」などがあります。
  • ストレスが溜まると、「気分の落ち込み」「不眠」「胃炎」「頭痛」「ひどい肩こり」「過呼吸症候群」など、心身に不調をきたすことがあります。
  • ストレス解消法としては軽い運動や趣味を楽しむなどが効果的ですが、原因別に対処法を講じることも大事です。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda