この記事では「転職の怖さ」「成功したときの良さ」の両面を紹介いたします。

今の職場に何か不満があるときに頭をよぎるが転職です。

収入アップや労働環境の改善を願い、実際に転職する人は年々増加しています。

しかし、転職によって不満を解消できる可能性がある一方、今より悪くなってしまう「怖さ」も持ち合わせているのが転職です。

この転職が怖いという気持ちは、多かれ少なかれ誰しもが抱く感情です。

怖い気持ちがあるからこそ、転職のことでたくさん悩んで、慎重に転職活動を進めることができます。

この記事を通して転職をするための判断材料をしることができます。

なぜ転職が怖いと思うのか

転職を怖いと思うのは、今より悪くなることが考えられるからです。

現職の全てに不満を持っているのであれば、今より悪くなることが考えづらいため、怖い気持ちは少ないはずです。

しかし、「給料は安いけど人間関係は良好」「給料は安定しているけど、人間関係が悪い」など、現職に多少なりとも良い部分があるときには、今より悪くなる可能性があることから、怖い気持ちが大きくなっていきます。

次からは、「怖い」と感じる理由の代表的なものを挙げていきます。

新しい会社でうまくいくとは限らない

面接官や社内ですれ違った社員の印象が良く、年収や労働環境も希望通りであったとしても、怖い気持ちはつきまといます。

いくら入社前のイメージや条件が良くても、実際に働いてみないと良し悪しが分からないのが、「転職の怖さ」の一つです。

新しい会社に変わるということは、どうしても環境が大きく変わってしまいます。

しかし、転職を踏みとどまったとしても、職場異動によって環境が変わることもあり得ます。

環境が変わる怖さと現状の不満を天秤に掛けて判断するようにしましょう。

自分を欲しがる会社があるかわからないから

「現職で成果を出していたとしても、それが世間で通用するのか」
「自身の希望年収が高すぎて、どの企業も興味を示してくれないのではないか」
このように、自分を欲しがる会社があるかわからないというのも「転職の怖さ」の一つです。

その怖さを少しでも和らげたいのであれば、まずは自身の市場価値を調べてみて、希望年収が妥当であるかを把握してみることです。

手軽に自身の市場価値を知る方法としては、「doda」など転職サイトが提供する年収査定サービスを利用してみることです。

基本情報は登録しなければなりませんが、ある程度の自身の市場価値を知ることができます。

もし、より厳密に知りたい場合は、転職を考えている業界や職種に強い転職エージェントに登録してみることです。

転職エージェントは同年代、同職種、同スキルの年収データを多数保有しています。

面談を通じて適正年収を知ることができますので、転職前に怖さを解消することができます。

転職しても今とさほどかわらないと思うから

いざ転職を決意したとしても、なかなか採用が決まらず、焦るあまりに妥協して就職先を決めてしまい、結局、収入・労働条件・人間関係が今とさほどかわらなかったという「怖さ」もあります。

退職することや転職活動に相当労力を費やしたにも関わらず、今とさほどかわらないことほど怖いものはありません。

この怖さを和らげるには、転職先を決めるときに妥協しないことが大切ですが、退職を切り出すタイミングを内定後に設定できるように周到に準備しておかなければなりません。

失敗したくない

転職を決断したときは、家族を説得し、会社では上司や同僚など、周りの理解を得るというプロセスを必ず乗り越えなければなりません。

その中で、家族や会社の人たちから、「転職して本当に大丈夫なのか?」という見えない視線を向けられることになります。

このプレッシャーに対して、失敗したくないという気持ちが大きくなるのも「転職の怖さ」です。

転職する場合には、必ず避けては通れない怖さだといえます。

日本の転職者数はどのくらい?

冒頭に転職する人が増えていると触れましたが、実際の人数や割合はどのくらいなのでしょうか?

総務省統計局の労働力調査(2019年 1~3月期平均結果)によると、約330万人が転職活動をしているという結果になっています。

これは全労働人口の約5%にあたり、20人に1人が転職活動をしていることになります。

この中で最も人数が多い年齢は、25~34才の84万人で、転職市場でもニーズの高い層が動きを活発化させています。

今の転職希望者数は、リーマンショック時代とほぼ同じ人数です。しかし、この時代と明らかに違うのが求人数の多さです。

その際は、転職活動をせざるを得ない人が多かったですが、今はより良い環境を求めて活動している転職者が多いという点が明らかに異なっています。

転職に成功した場合どのようなことが考えられるのか

先に「転職が怖い」代表的なものをご紹介しましたが、怖くても何もしなければ、不満を解消することはできません。

今の不満を解消するには、転職の怖さを感じながらも、転職が成功した先にある大きな達成感をイメージして活動することが大切です。

転職の成功といえば、年収アップをイメージする人が多いですが、個人ごとに不満内容や転職の目的が異なりますので、ひとくくりにすることはできません。

転職の成功とは、シンプルに表現すると、今のあらゆる不満を解消できるような、やりがいのある仕事に就いて、充実した毎日が過ごせるようになることです。

怖さだけでなく、転職に成功したときのイメージも掴んでみて下さい。

年収が上がる

転職成功の一番の目安となるのが、年収アップです。

自身の知識やスキルが適正年収より低い場合は、年収アップに成功する可能性は確実に高まります。

もし、転職して年収が上がれば、嬉しい気持ちと転職活動に対する達成感も得ることができます。

収入に不満を持って退職を申し出た際に、会社側から慰留されたとしても、他の社員との兼ね合いもあるため、希望年収までの上積みには期待できません。

年収を100万以上アップさせたいのであれば、現職で成果を出してその年収に届くまで我慢するか、転職するかの二択しかありません。

人間関係の改善

人間関係がうまくいかず悩み続けているのであれば、転職が決まっただけで人間関係をリセットできますので、これもある種の成功といえます。

もちろん、新しい職場で良い関係を築こうとするのであれば、自身の悪かった部分も改めなければなりません。

当初は人間関係がうまくいっていたとしても、しばらくして関係がこじれたら、転職した意味がありません。

人間関係については、新しい職場で良い関係を築いてこそ、本当の成功だといえます。

なお、人間関係を改善させたいのであれば、
・当事者と和解する
・他部署に異動させてもらう
・転職する

という中から、何か行動しなければ前進はありません。

より専門分野に集中できる

現職で定型業務を担当していた人が、転職先で専門分野に踏み込んで担当できるのであれば、それも転職に成功したといえます。

自分の好きな仕事の専門知識を高め、その分野に集中することができるのは、やりがいのあることです。

誰もが好きな仕事に従事できるわけではありません。

好きな仕事の専門性を高めたいのであれば、現職で無理を聞いてもらうか、転職するしかありません。

まとめ この記事のおさらい

  • 転職が怖いのは、今より悪くなることが考えられるから。
  • 自分を欲しがる会社があるかを知るために、自身の市場価値を把握することからスタート。
  • 今とさほどかわらない怖さを回避するには、退職を切り出すタイミングを内定後に。
  • 日本の転職者数は約330万人。これは全労働人口の約5%にあたり、20人に1人が転職活動をしている。
  • 今の不満を解消するには、転職の怖さを感じながら、成功した先にある大きな達成感をイメージすることが大切。