面接は人生を左右するかもしれない仕事の面接な上に、初対面の人と話さなければいけないので、誰でも多少なりとも緊張するものです。

緊張に関する、以下の3つのポイントについて解説していきます。

  • 緊張をほぐす3つの方法
  • 緊張する3つの理由と対処
  • 緊張した時の心構え

上記を参考に緊張とうまく付き合っていきましょう。

緊張緩和についてはマイナビAGENTのこちらの記事も参考にしてみてください。
マイナビAGENT 緊張緩和の方法について

面接で緊張したときのほぐし方

緊張と付き合うといっても、緊張をほぐす方法は知っておきたいものです。

緊張を軽減できる3つの方法をご紹介いたします。

また、面接に不安がある方は転職エージェントに相談することができます。

転職エージェントの中でもマイナビAGENT・リクルートエージェントがおすすめです。

マイナビAGENT 面接対策完全ガイド

また、現在フリーターで就職、転職活動をしている方はハタラクティブに相談してみることをおすすめします。

フリーターの正社員就職支援

IT業界を目指している方はワークポートに相談してみることをおすすめします。IT業界に特化した面接対策やアドバイスをしてくれるでしょう。

呼吸を意識する

緊張した時に必要な深呼吸は、普段の深呼吸と反対なのです。

緊張状態では息を吐くことを忘れている状態です。普通の深呼吸は吸うことから始めますが、緊張している時には吐くのが大切になります。

以下のサイクルを繰り返すと、リラックスでき、緊張をほぐせるはずです。

  1. 肺の空気を思いっきり吐き切り、5秒間止める
  2. 胸いっぱい息を吸い込み、5秒間止める
  3. また吐き切って、5秒間止める

自分に声を掛ける

緊張してはいけないと思うと、ますます緊張してしまうものです。

今できることは面接に挑むことだけ、「なるようにしかならない」から「緊張してもできることだけやればいい」「緊張しても仕方がない」と“今”だけを考えて、自分に話しかけてあげます。

グラウンディングで落ち着く

気持ちを落ち着かせるのに効果的な「グラウンディング(地に足をつける)」の簡単な方法をご紹介します。

以下の手順でおこなってみてください。

  1. 椅子に深く座ってリラックスする
  2. 靴を履いたまま、足の裏を床にしっかりとつける
  3. 手のひらを上にして太ももの上に乗せる
  4. 目を閉じて3~4回深呼吸する
  5. 足の裏に意識を集中させる
  6. 素足で地面に立っているのをイメージする

どんな感触ですか? 土や砂、あるいは草の感触を感じましたか? 足の指を握って、砂や土、草を掴めましたか?

このイメージが緊張をほぐす手助けになります。

緊張しないための 3つの理由と対処法

緊張には理由がある場合も少なくありません。一度振り返ってみましょう。

緊張する理由1:時間に余裕がない

あまりにぎりぎりに面接会場に到着すると、直前の心の準備ができずにますます緊張してしまうこともあります。

特に緊張しやすい人は、早めに会場付近に到着して、カフェなどで時間をつぶしながら落ち着くことができる時間を作ることがおすすめです。

緊張する理由2:準備が足りない

面接会場への行き方、面接の流れ、一般的な質問への答え、企業研究など、事前にできる準備はしっかりしておきましょう。

面接を受ける会社のHPを見たり、時間がある時に面接会場の近くまで行ってみたり、一般的な流れや質問は、簡単に検索できるので、参考になるものを探してみましょう。

緊張する理由3:予想外の質問があった時

事前の準備をしていれば、予想外の質問の数は減るはずです。場合によっては、面接官がわざと予想外の質問をしてくることもあります。

その際には、「わざと聞いている」と思い、誠意をもって、時にはユーモアを交えて答えましょう。

緊張したときの3つの心構え

面接官も、面接では誰でも緊張するのはわかっているし、悪い事ではないのです。緊張している自分を認めてしまいましょう。

面接中は以下の3点を意識しましょう。

  • 大きな声ではっきり話す
  • ゆっくり話す
  • 髪を触るなど悪いクセが出ないようにする

この3点に気をつければ、面接は上手くいくはずです。

緊張のほぐし方に関するおさらい

緊張のほぐし方に関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 面接での3つの緊張のほぐし方は、呼吸を意識する、自分に声を掛ける、グラウンディングがある
  • 時間に余裕がなく緊張してしまう人は、早めに会場付近に到着して時間をつぶす
  • 会社HPや面接について検索して、充分準備すれば、緊張度合いが低くなる
  • 予想外の質問があった時には、わざとしている場合もあるので、落ち着いて答える
  • 面接中は、大きな声ではっきり話す、ゆっくり話す、髪を触るなど悪いクセが出ないようにする

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda