心配性な人は、早めに会場に行きたくなるかもしれません。他の仕事や面接と同じ日にスケジュールして、遅刻が心配な人もいるでしょう。

この記事では、何分前に面接に到着すべきか、早く到着してもいいのか、万が一遅刻しそうな時の対処法を解説します。

誰でも緊張する面接なので、まずは面接の中身以外での不安要素を取り除きましょう。

面接会場への到着時間や遅刻しそうな場合の対処についてはマイナビAGENTのこちらの記事も参考にしてみてください。
マイナビAGENT 時間に関するマナー

面接会場には何分前に到着すべきか

「面接会場には、10分前に到着するのがベスト」と一般的にいわれています。

他の人の面接との兼ね合いや他の業務と並行して面接をすることも多いので、10分前の到着がいいとされています。

遅刻が心配でストレスになる人もいるかも知れません。その場合には、会場近くに早めに到着しても、カフェやファストフード店で時間をつぶしてから訪問するようにしましょう。

面接に関して他にも不安がある方は転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントの中でもマイナビAGENT・リクルートエージェントがおすすめです。

マイナビAGENT 面接対策完全ガイド

フリーターで就職や転職を目指し、活動している方はハタラクティブに相談してみるとよいでしょう。

フリーターの正社員就職支援

IT業界で就職を目指している方はワークポートがおすすめです。IT業界に特化した面接対策、アドバイスをしてくれるでしょう。

説明会は何分前がよいのか

説明会は、だいたいの場合には受付開始時間の指定があるはずです。その時間に合わせて余裕をもって到着してもいいでしょう。

人気のある会社の説明会であれば、席が早めに埋まってしまう可能性も考慮して、到着時間を考えた方がいいかもしれません。

最低でも、開始時間の5~10分前には到着したいところですが、説明会では遅刻してくる人も少なくありません。

まだ採用選考前ならば、遅刻の影響はないでしょうが、周りの人の迷惑になるかも知れないことだけは配慮すべきです。

面接会場に早めに着くのはよいか

面接会場にあまりにも早めに到着してしまうと、企業によっては待ちスペースが狭く、迷惑になってしまう可能性があります。

また、他の人の面接中だったり、面接担当者が他の仕事をしていたり、準備中かもしれません。

遅刻をしないというタイムマネージメントも大切ですが、相手への心遣いができることもマナーのひとつです。

遅刻しそうな場合の対処

対処の仕方で、遅刻=不採用とはなりません。遅刻しそうな時の対処には、以下の3つのポイントがあります。

早めの電話連絡

緊急の連絡をメールで済ませるのは、正しい対処ではありません。まずは、早めの電話を心がけましょう。

まずは謝罪をする

電話では、まずは謝罪をすることが一番です。

遅刻する理由を簡潔に説明した上で、どのくらい送れるか見積の時間を伝えます。その際には、少し長めに時間をみて伝えましょう。2度目の遅刻は許されません。

また、先方の都合で面接日時が変更になることも考えられるので、電話の際には、スケジュールとメモも用意しましょう。

面接を受けたい熱意を伝える

「御社が第一志望なので…」と、ぜひ面接を受けさせてほしいという熱意も伝えましょう。

遅刻をしても面接を受ける機会を与えてくれた企業の面接では、面接開始と終了時にもお詫びとチャンスをくれたことへのお礼をするのを忘れないようにすれば、ピンチをチャンスに変えられるかもしれません。

面接会場への到着時間や遅刻についてのおさらい

面接会場への到着時間や遅刻についてのおさらいは以下の通りとなります。

  • 面接会場には、10分前に到着するのがベスト
  • 遅刻が心配な人は、早めに会場近くに到着し、カフェなどで時間を潰す
  • 説明会にも5~10分前の到着がおすすめ
  • 面接会場への早すぎる到着は、相手には迷惑になる可能性がある
  • 遅刻しそうな場合には、早めの電話連絡で、謝罪と面接への熱意を伝える

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda