この記事では、そんな繊細な性格の特徴を魅力とともに解説します。
繊細というと、非常にデリケートな性格で接するのに少し注意が必要という印象が強くもたれがちですが、もちろん、この性格を持つ社会人の方には長所とよべるべきポイントもたくさん存在しています。雇用を担当する方の中には、あえて繊細な性格を持つ方を率先して採用しているという方も多く、世間一般で思われるネガティブな印象だけではないようです。

繊細の意味とは

「繊細」とは、主に人間の持つ性格を表すワードとしてすでに一般化しており、多くの場面では周りとの協調性よりも自身が傷つくことなく快適に過ごす環境を優先して求める人のことを指しています。

実際、繊細な性格を持つ方の多くが、他人との交流を通じて自身のプライドや性格が傷つけられることを極端に怖がる傾向にあり、これがビジネスの面でも様々な影響をもたらすほど。実際、繊細な性格が災いして、本来希望している職種とは全く違う環境に配属されたり、同僚や上司との接点を通じて傷つくことを恐れ、自発的に退職という餅を選ぶ方も少なくありません。
本来、「繊細」という言葉自体は、人間性を構築する人柄や性格に対して用いられる言葉ではなく、細くしなやかな形状のものやわずかな衝撃だけで崩壊してしまう脆いものを指す言葉として用いられてきたのが由来です。

その後、そういった物体に対して用いられる意味から人間性を表現する言葉へと用いられるようになり、近年では人間の性格や人柄を言葉で如実にする風潮が強まったことを受け、世間一般でも広く耳にするようになりました。

繊細な性格を持つ人は同調意識が比較的強く、同じような考え方や性格を持つ人との交流を強く求める一方、自身とは正反対となる快活で野放図な人柄を持つ人を敬遠する傾向があります。
こうした点からも、繊細という言葉が意味するものとして、感受性が強く神経質な人を表すのが一般的です。

 

繊細の英語表現

繊細を英語で表現すると、”Delicate”という名詞が一般的に用いられています。これは、主に人間の人柄や性格を表現する際に用いられる単語で、「繊細な指」や「繊細な道具」といった物体に対して用いる場合には、”Delicate”ではなく”Slender”という言葉が一般的です。

また、通常の繊細さよりもより強い意味を表す言葉として”Sensitive”というワードも存在し、物事に対して非常に敏感で傷つきやすく、過剰なほどに反応してしまう場面で広く用いられています。

繊細の類語・似た性格

デリケートな性格や傷つきやすくちょっとした刺激にもあまり強さを持たないという意味で用いられる繊細という言葉。この繊細という言葉と同様の意味を持つ言葉として、「華奢」や「たおやか」といった表現が存在します。これらはいずれも、傷つきやすい敏感な性格を表す類義語として用いられており、また繊細という言葉と同様に、性格だけでなく物体に対して用いる言葉という特徴も。ただし、いずれの言葉についても、人間の性格を表す際に用いるワードとしては、あまりよい意味を含まず、時として相手を揶揄する言葉として取り扱われることも。他人に対して用いる際には相手に不快な印象を持たせないため、特に注意が求められます。

また、繊細な性格の基本的な要素である「周りに対して敏感」な点を同じく持ち合わせている「神経質」という言葉もまた、広く類義語として用いられています。
繊細とこの神経質という言葉の根本的な違いとして、その意識が自分自身に対してなのか、あるいは周りを含めた第三者に対してなにかという点が考えられます。
例えば、「繊細」という言葉については、原則として自分自身の性格や考え、状況に対して細やかな思慮をもたらすことを意味しているのに対し、「神経質」という言葉は、自分自身に対してではなく自分と接する可能性がある周りの人々に対して張り巡らす一種のバリアのような要素といえるでしょう。

このことからも、繊細という言葉と同じような意味を持つ神経質という言葉は、繊細よりもさらに人を傷つける可能性がある言葉であり、容易に用いるべきではありません。
人間の「繊細」という性格については、生まれ持った形で備わった先天性の物と、環境やこれまで生きてきた中で培った経験などによってもたらされた後天性の物の2つに大別できます。
このことからも、ただ単に「繊細」という言葉で正確をひとくくりするのではなく、どのような経緯を通じてそういった繊細な性格を持つに至ったか、その部分を深く掘り下げてチェックした上で、その人物の人柄を総合的に勘案することが求められます。

繊細の特徴1

繊細な人の特徴1:とにかく自分が傷つくことを恐れる
性格や人間を繊細という言葉で表現する代表的な例といえるのが、この要素です。

繊細な性格の人は、自分自身が何らかの影響によって激しく傷つくことを最大限に恐れる傾向にあります。これは、元々の性格が脆くちょっとした刺激で崩壊しかねないということを自ら理解していること。さらに、一度傷つくとその傷を容易に自分で埋めることができないということを自ら把握している点に由来していて、自我を保つという観点からも、自分と自分の性格が傷つくことを何よりも優先して実行しようとします。結果、繊細であるが故に、自分の言動や行動が周りを傷つけてしまう可能性に配慮することができず、この性格が元で周りとのいざこざが発生してしまうという可能性も十分に考えられます。

一方、自分を守るという性格の優先性からか、周りに対して過度なアプローチを行わないため、同様の性格を持つ人や人とのつながりを嫌う傾向にある一匹狼的な人との関係は非常に良好です。”

繊細の特徴2:抜群の集中力

ビジネスという観点から見た繊細な性格ならではの大きな特徴といえるのが、その集中力の高さです。

繊細な人は、極力周りの人間との交流を避けようと尽力します。この結果、周りとの交流が非常に不得手である一方、自分だけの世界を構築することに長けており、近年声高に叫ばれる「人との交流を持たない現代の若者」はこれにつながる結果といえるでしょう。

また、自分だけの世界に引きこもるような形で依存するため、通常以上の集中力の高さを発揮することができます。これは、自分自身の存在だけを認め周りの存在を極力排除しようとする繊細な性格の特徴ならではのポイントといえ、単一での環境で完成する職業やSOHOなどの在宅ビジネスでは絶大な力を発揮しています。
実際、繊細な性格によって通常のビジネス活動では大きく弊害を感じる人が、在宅ビジネスや起業によって自分中心の世界を手に入れた結果、大きく成功したといった事例も多く見られ、こうした点も繊細な性格ならではの特徴です。”

繊細な人の特徴3:やや優柔不断な決断力

繊細な性格を持つ方の多くが、基本的なコミュニケーション能力の低さを特徴として持っており、これは物事を決断する上で優柔不断な特徴として現れやすくなります。

特に、チームワークや周りとの協調性が求められる環境で働く人にとって決断力は大きな資質と見なされることから、繊細な性格の方にとってこの環境は決して適しているとはいえません。
なぜ繊細な人は優柔不断になりがちなのか?その大きな理由といえるのが、自分本位の行動が目立つという点に起因します。

繊細な人は、自らが周りの影響や判断によって傷つくことを強く恐れることから、自分自身の考え方にだけ基づいて行動します。結果、自分の心中だけで物事を判断するのならよいのですが、周りにも影響をもたらす選択であったり周りから強制される選択を求められた際には、著しく判断を鈍らせてしまうからです。また、自身の下した決断によって近い未来にどのような結末が待ち構えているのか?それを特にネガティブな形で想像してしまう人が多く、こうした点も繊細な人の優柔不断さに関連しています。

繊細な人の特徴4:身近な人への優しさや思いやりの強さ

繊細な人は、自らが傷つくことによってどのようなネガティブさが生まれるのか、そして傷ついた状態から回復することのつらさを誰よりも強く経験していることから、自身だけでなく周りの身近な人に対する優しさや思いやりの強さが特徴です。特に、親族や心を許した人間に対する優しさと思いやりは尋常ではなく、時として相手がそれを過剰に感じてしまうというケースも珍しくありません。

「人の痛みを知る人ほど愛情に深い」という言葉がよく聞かれますが、これは繊細な人柄の人を表した言葉といっても決して過言ではなく、実際に環境を問わず繊細な性格の人はこうした特徴が顕著に見られます。

ビジネスの上で見られる例として、普段から親しくしている同僚が何らかのミスを犯してしまった場合、その同僚のミスを周りと一緒になって批判する側に立つのではなく、自らにも同僚として何らかの責任があるという判断のもと、一緒に批判される立場を率先して選ぶなど、その思いやりと優しさの強さは繊細な人特有のポイントといえます。
優しさや思いやりの強さから細やかな気遣いが自然と率先できる点もあり、接客を含めたビジネスに適しています。

繊細な人の特徴5:優れた感性とプレッシャーへの弱さ

繊細な人は、往々にして芸術性が強いものやデザインを強調したものに惹かれる傾向が強く、これは単一の美しさや強い主張を持つ点に心が敏感に惹かれるためといわれています。実際に、繊細な性格を持つ芸術家は数知れず、優しさや思いやりを持ち、傷つくことを恐れ周りとの協調性よりも自己の主張を最優先するという性格が芸術にぴったりと当てはまります。

一方、その壊れやすいまでの繊細さは、周りから多大にかけられるプレッシャーに対して非常に脆く弱く、これは本来プラス面として考えられる期待も例外ではありません。優秀な成績を示す方にかけられる過度な期待がプレッシャーとなり、これが原因として繊細な性格に変化する方も多く、過度なプレッシャーは繊細な人を壊すだけでなく繊細な人を作り出してしまう要因にも。
特に、繊細な人はそうでない人と比べ、周りからの視線や期待、圧力を必要以上に感じやすく、こうした点も接する上で特に気をつけておきたいポイントの1つです。

繊細な人との付き合い方

ビジネスを円滑行う上で、繊細な性格を持つ人とどうしても接しなくてはいけない必要に迫られた場合、どのような点に注意しどういった接し方を実践するのが正しいのでしょうか?
まず、繊細な人はとにかく周りとの協調性よりも自己の利己性を重視するという点を抑えておく必要があります。

例えば、繊細な方が目上の方だった場合、その人から投げかけられる意見に極端なNoを突きつけるのではなく、賛成できる面についてはYesを、賛成できない面については回りくどいほどやんわりとした返答を心がけましょう。自分の意見を否定されること自体が相手にとっては傷つく要因となるので、決して意見を否定してはいけません。

また、繊細な性格の方がビジネスを円滑に進める上で欠かせない存在の方であるのなら、積極的に交流を持つことをおすすめします。
本来、周りとの協調性を求めない繊細な性格な人も、自分を最大限認めて受け止めてくれる人に対しては、異様なまでに好意を抱きやすくなります。

ビジネスの面でもこれは同様で、積極的に笑顔を持って交流を続けることで、徐々に相手方も心を開き始めます。継続し相手の心を完全に開かせることができれば、その人の信頼を最大限に得ることができるでしょう。

接する繊細な方が何かの判断に迷われているときには、その人によってよいと思われる選択肢をやんわりと指し示してあげることも、優柔不断さをカバーできる点で良好な付き合い方となってくれます。