門前の小僧習わぬ経を読むの意味とは

「門前」とは文字通り、お寺の門の前をあらわしています。
そして「小僧」とはになるための修業をしている男の子のことです。
昔はお寺のことを「寺子屋」といい子供たちに勉強を学校や塾としての役割もありましたから、お寺の門の前でいつも遊んでいる子供といった解釈もできるでしょう。
こういった子供たちは毎日何気なくお経を聞いているので、教わったわけでもないのに自然とお経を唱えることができるようになって大人を驚かせたのです。

この事より門前の小僧習わぬ経を読むとは、「日ごろ見聞きしていればなんでも知らないうちに習得できる」「環境が人に与える影響は大きい」といった意味があるのです。

仏の顔も三度までのビジネスシーンでの意味

門前の小僧習わぬ経を読むとはビジネス用語ではありません。

しかし職場で何となく他の人がしているを見ていたりすると、誰に教わったわけではないのになんとなくすんなり理解できたり、できてしまったりすることもあるのではないでしょうか?
社会人たるもの、門前の小僧になって何事もすんなりとスマートにこなしていきたいものですね。

門前の小僧習わぬ経を読むの例文

幼稚園児の我が子は、使い方を教えたわけではないのにスマートフォンの使い方を心得ている。まさに門前の小僧習わぬ経を読むとはこのことで、親が使っている姿を見ていたのだろう。

うちのバスケ部のマネージャーは、選手でもないのにバスケットがとても上手だ。門前の小僧習わぬ経を読むとはこの事かもしれないね。