リファラル採用とは、社員の協力なくして成り立たない採用方法です。

現代ではリファラル採用が活発であるため、友人が友人をリファラル採用で自分の会社へ採用しようとする事も少なくありません。

ここでは、リファラル採用のメリット・デメリットと、リファラル採用の注意点を解説します。

リファラル採用とは社員紹介採用のこと

リファラル(refaral)とは「紹介」「推薦」という意味であり、リファラル採用(リファラルリクルーティング)は社員紹介採用という意味の言葉です。

上記の事からリファラル採用とは、社員の個人的なつながり(人脈)を活用して、自社の魅力や企業風土、仕事の進め方などを理解した人材を集める採用方法です。

欧米では3割以上の企業で実施されている採用方法であり、日本でも外資系企業を中心に導入が広がっています。

社員紹介採用というと「縁故」や「コネ」などという印象があるでしょう。

しかし、縁故採用が推薦者の顔を立てるために、経験やスキルを無視した採用であることに対して、リファラル採用では経験やスキルを見極めたうえで入社を決定する点で大きな違いがあります。

リファラル採用のメリットはインセンティブがもらえること

リファラル採用を企業が進めるメリットは以下の通りです。

リファラル採用の企業側のメリット

企業側のメリット
・採用コストが安くなる。
・就職や転職市場に出ていない人材に出会える。
・紹介者のぶっちゃけ話を聞いたうえで選考を受けるのでミスマッチが少ない。
・入社後の定着率が高い。
・「入社したい」と思える職場環境が改善される。

上記のように、リファラル採用は採用コストを減らして離職率を下げることが目的で導入されることがわかります。

社員にとってのメリットは以下の通りです。

リファラル採用の社員側のメリット

社員側のメリット
・紹介した人が入社するとインセンティブがもらえる。
・「入社したい」と思える企業へ改善されることで社内が快適になる。

インセンティブがもらえるのは大きな魅力ですが、企業側のメリットに比べて社員のメリットが少ないことがわかります。

リファラル採用のデメリットは社員の負担が大きい

リファラル採用のデメリットは以下の通りです。企業側と社員側で解説します。

リファラル採用の企業側のデメリット

企業側のデメリット
・紹介者の認識不足によるミスマッチがおきる。
・類は友を呼ぶという言葉通り人材の同質化が生まれて新しい発想が生まれない。
・報酬目当てに次々紹介してくる。
・紹介できる社員と紹介できない社員の間で評価やインセンティブで不公平感が生まれる。
このように、社員は採用担当者と異なり見極める力がないことからミスマッチが生まれる可能性が高くなります。

リファラル採用の社員側のデメリット

社員側のデメリット
・紹介者と紹介された人の人間関係が悪くなる。
・リファラル採用に関する研修を受けないといけない。
・知人を接待する時間と費用がかかる。

社員にとっては、インセンティブがもらえるというメリットと比較するとデメリットが多いように感じられるでしょう。しかし、すべてのデメリットが発生するわけではありません。

紹介者と紹介された人間関係が悪くなるのは、紹介時に話した内容と異なることが起きた場合です。リファラル採用の研修は会社によって行なわないこともあります。

友人を接待する際の費用はインセンティブに含まれているため、マイナスになることもありません。

リファラル採用に関しては冷静さが必要

ここでは、リファラル採用を紹介する側の注意点と、紹介される側の注意点を解説します。

リファラル採用を自社で導入したときや、友人にリファラル採用を持ちかけられたときの参考にできます。

自社でリファラル採用を行なうときの注意点

リファラル採用を行なうときの注意点
・魅力のある会社にするために協力をお願いされる。
・自社の魅力やメリットだけではなくデメリットも話す。
・インセンティブをもらえる条件や請求方法を把握しておく。
・どこのポジションが空いていて、どんな人を探しているのか採用担当からヒアリングする。
・リファラル採用を持ちかける相手が求人内容をマッチするのか冷静に分析する。
・リファラル採用を導入されたときに研修を実施しない場合はリファラル採用の研修を要望する。
・リファラル採用を持ちかけた相手が興味を示したときに、応募の意志があるのか確認する。(話を聞きたいだけかも知れないため)

リファラル採用を持ちかけられたときのポイント

リファラル採用を持ちかけられたときのポイントは以下の通りです。
リファラル採用を持ちかけられたときのポイント
・ぶっちゃけた話を聞かせてもらう。
・リファラル採用を持ちかけた相手と自分の性格の違いを冷静に分析する。
・リファラル採用を持ちかけた相手と自分の性格が違ったら断る。
・リファラル採用を持ちかけられた企業のことを徹底的に調べる。
・その場の勢いで応募を決めない。

リファラル採用を持ちかけるときも、持ちかけられたときも冷静に判断することが重要です。

リファラル採用を持ちかけられても、勢いにのまれて自分の人生を決めないように注意が必要です。

自分が採用担当になった時にリファラル採用を成功に導く2つのサービス

もしも、自分が採用担当になったときにリファラル採用を実施することになった場合はどうすればよいのかわからない人も少なくありません。

以下ではリファラル採用を成功に導くポイントと2つのサービスを解説します。

リファラル採用を成功に導くポイント

リファラル採用を成功に導くポイント
・社員が他の人に紹介したくなる企業を作る。(従業員満足度を上げる)
・他の採用方法と組み合わせて実施する。
・社内向けの採用キャンペーンを行なう。
・インセンティブを支払う制度を就業規則や賃金規定に記載する。
・インセンティブを高額にしすぎない。
・社員に負担がかかりにくいフローを作る。
・社員全員に同じ情報を提供する。
・社員にリクルーター研修を実施する。
・採用情報を一元化する。

上記の事から下準備が多いことがわかりますが、1回の掲載で数百万する大手求人サイトに掲載するよりも、採用コストがかからないことを考えると導入してみる価値はあるでしょう。

以下ではリファラル採用の際に役立つ会社を解説します。

Refcome

Refcomeでは、依頼のあった企業にリファラル採用の運用をコンサルティングして、社員に紹介を依頼したい募集ポジションごとにSNSやメール配信などで社員へ紹介協力を周知できる機能を用意します。

社員は友人に「特別な招待ページ」を送るだけで紹介作業が完結するため、社員に負担がかかることはありません。

採用担当側でもどの社員が何人、どのような人に招待を送っているか、採用につながっているかを把握できる効果測定ツールもあります。

Refcome ホームページ

GLOVER HR

GLOVER HRはリクルートキャリアが提供しているリファラル採用を後押しするシステムです。

社員にはあらかじめ社員紹介用のテンプレートを用意しておき、よい人材がいたら紹介用テンプレートを使って招待ページへ招待することで完結します。

社員ごとに声をかけた人数や応募数、採用数など活動状況をデータかすることで課題を分析することができます。

GLOVER HRは大手企業を中心に100社ですでに導入されています。

GLOVER HR ホームページ

リファラル採用についてのまとめ

  • リファラル採用とは社員の人脈を使った採用方法です。
  • リファラル採用の企業側のメリットはコスト削減と定着率の向上です。
  • リファラル採用の社員側のメリットはインセンティブがもらえます。
  • リファラル採用の企業側のデメリットは社員に人材の見極めができません。
  • リファラル採用の社員側のデメリットは社員の負担が大きいです。
  • リファラル採用を持ちかけるとき、持ちかけられたときも冷静な判断が必要です。
  • 自分が採用担当になったらリファラル採用導入時には社員の負担を軽減させるシステムの導入を検討するとよいでしょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda