今までとは違った新しいリーダーのかたちとして、近年注目を集めているのが「サーバントリーダーシップ」です。この記事では、従来のリーダーシップとの違いや、サーバントリーダーシップを取り入れることによるメリット、サーバントリーダーシップの特性などを中心に、サーバントリーダーシップについて解説します。

サーバントリーダーシップとは

サーバントリーダーシップは、ロバート・グリーンリーフ(1904~1990)が1970年に提唱した「リーダーである人は、まず相手に奉仕し、その後相手を導くものである.」というリーダーシップ哲学です。

サーバントリーダーは、奉仕や支援を通じて、周囲から信頼を得て、主体的に協力してもらえる状況を作り出します。

参考:日本サーヴァント・リーダーシップ協会 サーバントリーダーシップとは?

これまでのリーダーとサーバントリーダーシップの違い

従来、日本において主流となっていたリーダーシップは、「支援型リーダーシップ」と呼ばれるもので、強い意思のもと、リーダー自身の考え方や価値観を貫き強い統率力を発揮するのが特徴です。徹底的な管理によって目標に向けて組織を動かすことを重んじ、部下に命令を下すことも多いスタイルです。

この支配型リーダーシップの反対がサーバントリーダーシップで、サーバントリーダーシップは「支援型リーダーシップ」とも呼ばれています。
支配型リーダーシップとサーバントリーダーシップの行動の違いを、日本サーバント・リーダーシップ協会は次のようにあらわしています。

<支配的リーダーに従うメンバー行動>

  • 主に恐れや義務感で行動する
  • 主に言われてから行動する
  • 言われたとおりにしようとする
  • リーダーの機嫌を伺う
  • 役割や指示内容だけに集中する
  • リーダーに従っている感覚を持つ
  • リーダーをあまり信頼しない
  • 自己中心的な姿勢を身に付けやすい

<サーバントリーダーに従うメンバー行動>

  • 主にやりたい気持ちで行動する
  • 主に言われる前に行動する
  • 工夫できるところは工夫しようとする
  • やるべきことに集中する
  • リーダーの示すビジョンを意識する
  • リーダーと一緒に活動している感覚を持つ
  • リーダーを信頼する
  • 周囲に役立とうとする姿勢を身に付けやすい

引用:日本サーヴァント・リーダーシップ協会 サーバントリーダーシップとは?

この比較にも表れている通り、サーバントリーダーシップは部下に対して上から命令を下したり指示を出すのではなく、部下をサポートしながら目標を達成していくものです。サーバント(servant)には召使いの意味があり、部下を支え、チームに奉仕するのがリーダーの立ち位置だという考え方なのです。

サーバントリーダーシップを取り入れるメリット

サーバントリーダーシップを取り入れた場合には、次のようなメリットがあることが考えられます。

組織のメンバーの行動に変化が起きる

サーバントリーダーシップを取り入れることで、まずメンバー(部下)の行動が変わります。

支配型リーダーシップではリーダーの価値観や命令によりメンバーが行動するため、主体的に行動することが難しくなり、その環境に慣れるとさらに自分で考えることをしなくなるという指示待ちのループ入ってしまいます。

サーバントリーダーシップではメンバーの主体的を重視するので、チームの一体感が増しメンバーのモチベーションもアップします。ひいてはチームの生産性も上がるというメリットがあります。

消費者の意見に沿った経営ができる

従来の支配型リーダーシップ理論では、リーダーがトップに立ち、その下に一般社員、その下に顧客といったピラミッド型のヒエラルキーが存在します。しかし、サーバントリーダーシップでは、逆に顧客を最上位に位置付け、その下に一般社員、リーダーは最下位から顧客やフォロワーである社員を支える形のピラミッドが形成されます。

このように顧客を最上位に位置付けることで、顧客の声、そしてそれを一番理解している現場の声が尊重され、消費者の意見を反映した経営に結びつけることができます。

サーバントリーダーシップの10の特性

日本サーバント・リーダーシップ協会によると、サーバントリーダーシップには次の10の特性があるとされています。

 

傾聴
相手が望んでいることを聞き出すために、まずは話をしっかり聞き、どうすれば役に立てるかを考える。また自分の内なる声に対しても耳を傾ける。
共感
相手の立場に立って相手の気持ちを理解する。人は不完全であることを前提に立ち相手をどんな時も受け入れる。
癒し
相手の心を無傷の状態にして、本来の力を取り戻させる。
組織や集団においては、欠けている力を補い合えるようにする。
気づき
鋭敏な知覚により、物事のありのままに見る。自分に対しても相手に対しても気づきを得ることが出来る。相手に気づきを与えることができる。
納得
相手とコンセンサスを得ながら納得を促すことができる。
権限に依らず、服従を強要しない。
概念化
大きな夢やビジョナリーなコンセプトを持ち、それを相手に伝えることができる。
先見力
現在の出来事を過去の出来事と照らし合わせ、そこから直感的に将来の出来事を予想できる。
執事役
自分が利益を得ることよりも、相手に利益を与えることに喜びを感じる。一歩引くことを心得ている。
人々の成長への関与
仲間の成長を促すことに深くコミットしている。一人ひとりが秘めている力や価値に気づいている。
コミュニティづくり
愛情と癒しで満ちていて、人々が大きく成長できるコミュニティを創り出す。

サーバントリーダーシップの導入企業事例

サーバントリーダーシップを導入した企業の事例を、次に紹介します。

スターバックスコーヒー
世界的に展開するコーヒーショップのスターバックスは、サーバントリーダーシップをとりいれている代表的な企業のひとつです。

スターバックス・インターナショナルの元社長であるハワード・ビーハー氏は、著書『スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則』で、スターバックス最大の価値基準は「人がすべて」であり、「すべての人に尽くす人間こそが最も有能なリーダーである」としています。この考えのもとになっているのがサーバントリーダーシップです。

サーバントリーダーシップについてのまとめ

  • サーバントリーダーシップは支援型リーダーシップとも呼ばれ、従来の支配が経ちリーダーシップとは逆に、チームに奉仕し部下を支える、リーダーシップの新しい形です。
  • サーバントリーダーシップを取り入れることにより、組織のメンバーの行動に変化が起き生産性が上がる、消費者の意見に沿った経営ができるなどのメリットがあると考えられます。
  • 日本サーバント・リーダーシップ協会があげるサーバントリーダーシップの10の特性とは、「傾聴」「共感」「癒し」「気づき」「納得」「概念化」「先見力」「執事役」「人々の成長への関与」「コミュニティづくり」です。
  • サーバントリーダーシップを導入している代表的な企業には、スターバックスがあります。