この記事では、言葉の意味や由来、使い方やどう言ったシチュエーションで出てくる言葉なのか?といった点をご紹介致します。

また、類義語も合わせて解説をし、どのような場面でも適した言葉を使えるようになります。

伏線の意味と使い方

「伏線」は「ふくせん」と読みます。
同じ読みで「複線」がありますが全く別の意味なので注意が必要です。

意味は何かを話す際、後で話す事柄の為にあらかじめほのめかしておく、話の筋や事柄をさしています。

少し噛み砕くと、今は話さないけど後で話す事に対しスムーズに繋がるよう事前に準備しておく事とすればわかりやすいでしょう。

伏線の例文

では実際に「伏線」を使った例文を解説いたします。

①断られたときのために伏線を張る
例えば商談で断られた時の為に、別の商談資料も一緒に持っていく等です。
一つだけではなくいくつかパターンを事前に準備をしておく事はビジネスでは大切な事です。
②あの小説は伏線が沢山張られているので今後の展開が楽しみだ
よく物語や小説、ドラマやアニメ等で伏線という言葉を耳にすることが多いです。
この話はここに繋がっていたのか!あの時のあの台詞はこんな意味だったのか!となるのが伏線です。

伏線の類義語

「伏線を張る」の類義語としては、「暗示する」「仄めかす」「示唆する」「布石を敷く」があります。
大きな意味の違いは無いですが、目に見えている割合が違っています。
又、物理的なものなのか、心理的なものなのかという点でも違うでしょう。
その中でも「伏線を張る」「布石を敷く」という言葉は業務的で物理的な意味が強いです。

「暗示する」「仄めかす」「示唆する」という言葉は心理的でどちらかというと抽象的なイメージとなります。

伏線の英語表現

「伏線」という言葉は様々な形で使われる為、英語表記にすると若干の違いが出てきます。

まず、通常の伏線だと「foreshadowing」で伏線、予定となります。
「preparation」で調製、準備、作成、備え、用意という意味となります。
「underplot」ではどちらかと言うと物語や話の伏線の意味です。

「precautionary measures」で予防策という意味となります。

伏線のまとめ

  • 「伏線」は「ふくせん」と読み、基本的には伏線を張るという使い方をします。
  • 意味は後で起こる事に対しての事前準備の事を指し、同意義後としては「示唆する」「布石を敷く」「暗示する」などがあります。
  • 英語表記にすると若干意味が違ってくるので単語を間違うと恥ずかしいので要注意です。