後の祭りの意味

「後の祭り」とは、タイミングを逃してしまい、手遅れになったことを後悔するときに使う言葉です。

もともとは、祭りの後に見物に行っても全然面白くないということや、人が亡くなった後に、盛大に儀式をしても故人が生き返るわけではないなどという場面で使われ、意味がないことや、手遅れなどという意味で定着しました。

後の祭りのビジネスシーンの意味

「後の祭り」はビジネス用語ではありませんが、一般的によく使われる言葉です。

試験前日に一生懸命勉強していたことが的外れだった場合や、結婚式の時間を間違えて遅刻してしまった場合に使うことができます。

ビジネスの場面でも、タイミングを逃したり、仕事の手際が悪かったりして手遅れになることがあります。

資料を一生懸命作ったのに会議当日に印刷し忘れたり、大事な取引先に失礼なことをいってしまったりすることは、ビジネスマンなら一度や二度経験したことがあるでしょう。

ビジネスは相手がいてこそ成り立つものであるため、ビジネスの場で後の祭りの状態にならないためにも、資料などの事前準備だけでなく、タイミングや段取りをきちんと考えておくことも重要です。

後の祭りの例文

今日は大事な取引先へのプレゼンに向けて、提案資料を一生懸命つくり、上司の承認までもらったのに、資料を持っていくのを忘れてしまった。
取引先も資料がなくては内容がよく理解できなかった様子で、どんなに後悔しても今となってはあとのまつりだ。