金は天下の回りものの意味

金は天下の回りもの(かねはてんかのまわりもの)とは、金銭はどこか一箇所にずっと留まっているものではなく、人から人へ渡り歩いていくものであるという意味のことわざです。

「金銭を失ってもいずれは返ってくる」などと、励ましの意味で使われることが多いです。

しかし、儲けた分は貯め込むのではなくどんどん使っていったほうがよいといった意味や、「一時的に大きく稼いでも、金は移りゆくものだから油断をするな。」などと、戒めの意味で使われることもあります。

いい回しとして「金銀は回り持ち」「金は世界の回り物」などのいい方もあります。

金は天下の回りもののビジネスシーンでの意味

ビジネスにおいてお金は非常に重要なものであるため、座右の銘として「金は天下の回りもの」を掲げている方に会うことがあるでしょう。

ビジネスでは、目の前のチャンスにチャレンジすることが大切です。金は天下の回りものはビジネスにおいて、励ましの意味や、戒める意味で使う事が多いことわざです。

金は天下の回りものの例文

金は天下の回りものというし、落ち込んでいても仕方ないだろう。
金は天下の回りものなのだから、今儲けた分を貯め込むのではなく次への投資資金として考えよう。
彼は一気に稼いだようだが、金は天下の回りもの、気を抜いているとすぐに失ってしまうぞ。