兄弟は他人の始まりの意味

兄弟は他人の始まりとは、例え同じ血を受け継ぐ兄弟であっても、大人になって生活する環境が違ったりしていけば、他人のようにはっきりとした違いが出てくるうえ疎遠にもなるという意味のことわざです。

兄弟は他人の始まりのビジネスシーンでの意味

兄弟は他人の始まりは、昔に比べてかなり血縁のつながりが薄くなった現代では非常に用いられやすい言葉であるうえ、ビジネスシーンでも充分に使用することができます。

元々は同じ系列の企業同士でも、現代ではまったく別の分野に進出した企業をさすことができるでしょう。

同期として一緒だったものの、仕事の内容や出世の面で随分と差がついたりした人などをさして「兄弟は他人の始まりだし」などといってみると、単なる嫉妬ややっかみよりは、随分と柔らかく聞こえたりもします。

やや冷たい印象のある言葉であるため、TPOには考慮して用いる事が求められます。

兄弟は他人の始まりの例文

そうなんだ。実は僕と社長は高校の時の同級生なんだ。まあ、兄弟は他人の始まり、今では随分と差がついてしまったが。
兄弟は他人の始まりという言葉もあるが、現状ではよりシビアにやっていかなければ体質の改善はできない。身内と言えどもリストラの対象にせざるを得ないな。