遠くの親戚より近くの他人の意味

遠くの親戚より近くの他人とは、遠くにいる親戚よりも近くにいる血縁でない他人の方がいざというときには頼りになることを示したことわざです。

古代中国の書に原典があるともされていますが、現在の日本でも非常によく聞く言葉の一つです。

極めて親戚関係が強固な中国でも生まれるほどの言葉であるため、現代の日本にも充分に当てはまります。

遠くの親戚より近くの他人のビジネスシーンでの意味

遠くの親戚より近くの他人は、ビジネスシーンでも用いることができます。

しかし、直接的に「家族」が云々という空間ではないため、困った同僚の苦労を引き受ける際や、業務提携などを考える際などで使いやすいことわざです。

遠くの親戚より近くの他人の例文

ああ、大丈夫。後の仕事は俺がやっておくから。ほら、遠くの親戚より近くの他人っていうだろ。もっと頼りにしてくれてもよいんだぜ。
熟慮を重ねたが、あのプロジェクトは系列以外と組むことにした。遠くの親戚より近くの他人ではないが、やはり最後にものをいうのは普段の距離感と信頼感だからな。