芸は身を助くの意味

芸は身を助くとは、今はお金にならないような技や芸でも鍛えていけば、意外なところで助けになってくれることを示したことわざです。

なんらかのスキルを持っていることが出世に役立つ現代では、広く用いられている言葉の一つです。

芸は身を助くのビジネスシーンの意味

ビジネスシーンで、芽がでないものの、変わった技を持っている後輩や部下に対して「結構じゃないか、芸は身を助くともいうし。」などと激励したり、今までとは別の職域に挑ませたりする際に使うことができます。

技術系の仕事の場合は、「真面目に頑張れ。芸が身を助くというからな。」などと、仕事に向き合わせるための戒めの言葉としても用いることが可能です。

しかし、上の者が下の者に使うのが一般的なことわざであるため、目上の人にうっかり使ってしまったり、相手が嫌な気分にならないように、一定レベルの配慮などが求められます。

芸は身を助くの例文

ほほう、イラストが趣味なのか。大いにやりたまえ。芸が身を助くというし、本気で頑張ることが肝心だが。
芸が身を助く。我々はとにかくスキルアップを目指していくことが重要なんだ。