飼い犬に手を噛まれるの意味

飼い犬に手を噛まれるとは、自分が信頼していた部下や後輩に手ひどく裏切られることをさした言葉です。

昔から現代に至るまで犬を飼っている人が多く、口元にうっかり手を出して、ガブリとやられた人も少なくありません。非常に説得力があることわざとして現代でも用いられています。

飼い犬に手を噛まれるのビジネスシーンでの意味

飼い犬に手を噛まれるは、予期せぬ裏切りや反逆、離脱といったことが日常茶飯事的に起きうるビジネスの場でも、極めて広く用いることができます。

派閥に裏切られたときや、仲良くしてきた会社にそっぽを向かれてしまったときなどに「飼い犬に手を噛まれるとはこのことだ!」ということで、怒りや無念を伝えることができます。

飼い犬に手を噛まれるとは、相手に面と向かって使ってしまうと、一時的な敵対どころか、もう二度とその相手とは仲良くできない状況になることもあり得るでしょう。

「飼い犬」という言葉が示しているように、基本的には相手を見下した関係性や、価値観を前提にしている言葉であるため注意が必要です。

飼い犬に手を噛まれるの例文

あいつめ、今になって別の会社に移ることを決めるとは。まったく飼い犬に手を噛まれる心境だ。
私を社長から下ろそうというのかね。まったく、君たちも偉くなったものだ。飼い犬に手を噛まれるとはこのことだ。