泥中の蓮の意味

泥中の蓮(でいちゅうのはす)とは、汚れた泥の中にあっても輝くような蓮の花が開くように、本当に素晴らしい人の中には、環境にも惑わされずに輝けるひとがいるという意味のことわざです。

インドから伝来してきたとされる古代仏教の教典「維摩経」原典で、非常に古くから、国を越えて親しまれてきた言葉です。

泥中の蓮のビジネスシーンの意味

泥中の蓮は日常的な言葉ではないものの、イメージしやすい言葉であるため使いやすく、フォーマルな状況のビジネスシーンでも使い勝手がよい言葉です。

馴れ合いや汚職などが当たり前の業界でも、誠実に仕事を続ける会社や社員のことを「泥中の蓮だ」と評すれば、語感的も美しく、言葉の持つよい印象から、聞く人に憧れの念を持たせることもできるでしょう。

しかし、泥中の蓮の「蓮」はよいとしても、人間や環境をさして「泥」というのは相当に厳しい言葉であるため、相手によっては癇に障ることもあるため注意が必要です

泥中の蓮の例文

本当にあの会社の仕事ぶりは素晴らしいよ。毎回完璧な仕事ぶりだ。他がだらしないことを考えても、泥中の蓮といってふさわしい存在だな。
第二営業部のトップは、もう三十ヶ月連続で彼か、第二営業部は彼の仕事で持っているようなものだ。まさしく泥中の蓮のような人だな。