快刀乱麻を断つの意味

快刀乱麻を断つ(かいとうらんまをたつ)の意味は、複雑な問題や混乱して紛糾している問題をものの見事に解決することのたとえです。

「快刀」はよく切れる刀、「乱麻」はもつれた麻糸という意味の言葉です。「快刀乱麻を断つ」は、よく切れる刀でもつれた麻糸を見事に断つ様子を、複雑な問題を鮮やかに解決する意味の言葉です。

快刀乱麻を断つ類義語には「一刀両断」があります。

快刀乱麻を断つのビジネスシーンでの意味

「快刀乱麻を断つ」はビジネス用語ではありませんが、ビジネスシーンにおける複雑で込み入った問題や、まとまらない闘争や抗争において、鮮やかな采配をする手際によさのたとえとして使える表現です。

「快刀乱麻を断つ」手腕を発揮する人物には、頭脳明晰・経験豊富・統率力など、強力なリーダーシップや決断力のある優秀な人を表現する際に使用される言葉です。

ビジネスの場で快刀乱麻を断つ人は、社内の混乱を鎮めてまとめてくれる頼もしい人物でしょう。

「快刀乱麻を断つ」に例えられる人物は、男気のある曲がった人や、間違ったことが嫌いな人、正義感の強い好人物という意味もあります。

快刀乱麻を断つの例文

営業時間終了後にはじまった会議は、いつものように数時間経過しても収まりませんでした。しかし、隣の部署のA部長が乗り込んできて、一刀両断、快刀乱麻を断つばかりに会議を終息させていきました。

彼は社内の問題を快刀乱麻を断つように解決した。