履歴書へ押印しようとした際、押印欄がなく戸惑った経験がある人は少なくないと思います。

その場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

履歴書の押印には、いくつかの決められたルールがあります。

この記事ではそれらのルールについて具体的に説明しながら、押印の際に気を付けるべきポイントを解説します。

押印欄のある履歴書は減ってきている

企業に提出する履歴書には押印をするのが当然のマナーだと考えている人が多いと思います。

しかし、現在は市販の履歴書に押印欄はありません。

これは総務省が平成9年に「押印見直しガイドライン」というものを発表したためです。

“押印を求める必要性や実質的意義が乏しく、押印を廃止しても支障のないものは廃止し、記名のみでよいこととする。”
総務省「押印見直しガイドライン」より引用

該当する文書として、履歴書も含まれており、このことから押印欄がなくなりました。ただし、完全になくなったわけではなく、押印が必要なケースもいくつかあります。

履歴書に押印が必要なケース

押印欄がある場合

企業が独自に用意した履歴書に押印欄があれば押印するのが一般的です。押印欄の場所はほとんどの場合、氏名欄の右隣にあります。

「押印見直しガイドラインがあるから要らないはず」と考えて、押印しないという自己判断はやめましょう。

押印欄があるのにも関わらず押していないということは、採用担当者から単なる確認不足やミスとしてマイナスに捉えられてしまうこともあります。

押印欄はないが担当者に押印をお願いされた場合

お願いされた場合は、絶対に押し忘れないように注意しましょう。

押印欄がなくても氏名の右隣の位置に押せば問題ありません。

わざわざ企業からお願いがあったにもかかわらず押し忘れてしまうと、「実際の業務でも頼まれた仕事が正確にできないのでは?」という印象を持たれかねません。

特に、礼儀やマナーを重視する企業であれば、採用基準に大きくマイナスに影響する可能性があります。

印鑑の種類はどれがベスト?

印鑑にはスタンプ式のシャチハタ、ゴム印など種類がありますが、履歴書に押印するときは、認印で問題ありません。高価なものである必要はなく、100円ショップで売っているシャチハタを使っても大丈夫です。

印鑑の種類に関することは以下の記事も参考にしてみてください。
ビジネスにおける「認印」「実印」「銀行印」それぞれの違いを解説

その他、押印に関して知っておくべき5つのポイント

その他、履歴書の押印に関して知っておくべき注意点を、理由とともにいくつか挙げておきます。

  1. 押印欄がない、かつ採用担当者からの指示もない場合は、押印不要
  2. 押印を失敗してせっかくかいた履歴書が無駄にならないように、まず印鑑を押すところからスタートする
  3. 押印の前は、印がズレたり形が崩れたりしないように印鑑が欠けていないかをチェック
  4. 色が滲むので、朱肉はつけすぎ厳禁(2~3回軽くつける程度)
  5. 失敗してもその上から二重に押すのはマナー違反となるのでNG

履歴書や職務履歴書の書き方に不安がある方は転職エージェントに履歴書の添削をお願いしてみましょう。

履歴書の添削をしてくれる転職エージェントの中でもマイナビAGENT・リクルートエージェントがおすすめです。
マイナビAGENT 履歴書の書き方

また、現在フリーターで就職、転職活動中の方はハタラクティブで添削をしてもらうことをおすすめします。

フリーターの正社員就職支援

IT業界を目指している方が添削をお願いする場合はワークポートがおすすめです。IT業界に特化した添削やアドバイスをしてくれます。

初めて転職エージェントに履歴書・経歴書添削をお願いするとき、他社の転職サイトでつかったものだからと気にすることなく、とにかく持っていきましょう。

なぜならば、全てではありませんが多くの転職エージェントは転職者自身に履歴書をなおさせるのではなく、「よろしければこちらで訂正してもよろしいでしょうか?」とエージェントの手でブラッシュアップをします。

そのため、マナラボでも履歴書の書き方を解説していますが、まずは転職エージェントにもっていくのが、書類選考対策での一番の近道です。

履歴書に必要な押印についてのおさらい

履歴書に必要な押印についてのおさらいは以下の通りとなります。

  • 押印欄のある履歴書は減ってきている
  • 押印欄がある場合や押印をお願いされた場合は押印をするべき
  • 印鑑の種類は認印で問題ない

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda