履歴書を購入しようとすると、A4やB5、A3など様々なサイズがあります。どのサイズを選択すれば良いか迷う人もいるでしょう。

就職活動のとき、履歴書はどのサイズが一般的なのか知っておく必要があります。

主に以下の2点について考えることが重要です。

  • どのサイズが見やすいか
  • 好まれる大きさはどちらか

今回の記事では履歴書のサイズの種類や選ぶポイント、掲載する写真についても解説します。
これで履歴書のサイズ選びにも迷うことがなくなるでしょう。

履歴書のサイズは2種類

履歴書を購入しようと検索すると、A3、A4、B4、B5など様々な規格の大きさがあります。

しかし、これはあくまで呼び方の違いで、基本的にはA4とB5の2種類に統一できます。

A4サイズの履歴書

A4はヨコ210×タテ297ミリの大きさで見開きにするとA3判と同じです。つまりA4判とA3判は同じサイズの履歴書のことをさします。

B5サイズの履歴書

B5はヨコ257×タテ182ミリの大きさで見開きにするとB4判と同じです。つまりB5判とB4判は同じサイズの履歴書のことをさします。

上記のように呼び方には違いはあっても実際に履歴書のサイズは2種類なのです。

履歴書のサイズに関する注意点

企業からA4サイズの履歴書を提出するように求められた場合、見開きA3サイズの履歴書のことをさします。

したがって、A4サイズに全ての事項を記入して提出するのはNGです。

履歴書のサイズとシーンは関係があるか

指定された場合は指定サイズを使う

企業からA4サイズ、B5サイズと指定された場合はその指示に従った履歴書を提出します。

しかし、指定がない場合は基本的にどちらの大きさの履歴書で提出しても問題はありません。

最近はA4サイズの履歴書を多く見かけることから、迷ったらA4サイズを選ぶのが無難でしょう。

シーンはあまり関係がない

企業側は相手が正社員であろうが、アルバイトであろうが、履歴書のサイズを変えて提出してほしいとは思っていません。重視するのは履歴書のサイズではなく、内容です。

専用履歴書の特徴

履歴書の大きさとシーンは関係ありませんが、シーン別に専用の履歴書が販売されています。それぞれの特徴をみていきます。

JIS規格の履歴書

一般的によく売られている履歴書がこの種類です。シーンを問わず、万能に使えます。

学歴や職歴などの自分の経歴を書く欄が多いのが特徴です。コンビニなどでも売られており、無難な形式の履歴書です。

転職者用の履歴書

転職や再就職の場合は転職者用の履歴書があります。職務経歴書もセットになっており、別途購入する必要がなく便利です。

転職理由を記入する欄がついているのが特徴の一つです。

アルバイトやパート用の履歴書

学生や主婦のアルバイトやパート用の履歴書があります。希望条件を書く欄がついているのが特徴です。

資格欄や職務経歴を記載する欄が小さく、アルバイトやパート向きに作られています。

写真の大きさ

一般的な写真の大きさは3cm×4cmです。

履歴書の大きさがA4でもB5でも関係なく、写真の大きさはこのサイズを使用します。(B5サイズの場合、少し小さめの写真を指定される場合もある)

履歴書や職務履歴書の書き方に不安がある方は転職エージェントに履歴書の添削をお願いしてみましょう。

履歴書の添削をしてくれる転職エージェントの中でもマイナビAGENT・リクルートエージェントがおすすめです。
マイナビAGENT 履歴書の書き方

また、現在フリーターで就職、転職活動中の方はハタラクティブで添削をしてもらうことをおすすめします。

フリーターの正社員就職支援

IT業界を目指している方が添削をお願いする場合はワークポートがおすすめです。IT業界に特化した添削やアドバイスをしてくれます。

初めて転職エージェントに履歴書・経歴書添削をお願いするとき、他社の転職サイトでつかったものだからと気にすることなく、とにかく持っていきましょう。

なぜならば、全てではありませんが多くの転職エージェントは転職者自身に履歴書をなおさせるのではなく、「よろしければこちらで訂正してもよろしいでしょうか?」とエージェントの手でブラッシュアップをします。

そのため、マナラボでも履歴書の書き方を解説していますが、まずは転職エージェントにもっていくのが、書類選考対策での一番の近道です。

きれいな写真でも自撮りはNG

履歴書を一目見たときに内容の前に写真が目に入ってきます。写真ははっきりときれいに写っているものを使用します。

では、きれいに写っているものなら何でもよいのか、というとNGです。

最近では、自撮りもきれいに写ることから自撮り写真を履歴書に使用する人もいるようです。採用担当者は常識が分かっていないということで自撮り写真の履歴書はアウトとしています。

また、スマートフォンや携帯電話の写真を添付するのもNGです。

証明写真は写真館で撮ってもらうか証明写真ボックスで、正しく撮りましょう。

履歴書のサイズに関するおさらい

履歴書のサイズに関するおさらいは以下の通りとなります。

  • 履歴書のサイズはA4とB5の2種類
  • 正社員、派遣、アルバイトなどで履歴書に特徴はあるが、大きさは関係ない
  • 写真は3cm×4cmが一般的。写真館や証明写真ボックスで撮るようにする
  • きれいな写真だとしても自撮りは絶対に使用しない

履歴書のサイズにこだわりすぎて内容が薄くならないよう気を付けましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda