爪に火をともすの意味

爪に火をともす(つめにひをともす)とは、ろうそくの代わりに切った爪に火をつけて、燃料がわりにする様から転じて、ろうそくも使わないほどに倹約した、あるいはケチな生活などのことをさしたことわざです。

現代でも倹約は非常に大事であるため、日常的に使いやすい言葉です。

爪に火をともすのビジネスシーンでの使い方

爪に火をともすは日常でも使いやすいことわざですが、経費削減、無駄の削減は会社でも重要であるため、ビジネスシーンでも非常に使いやすいことわざです。

「爪に火をともすような経費削減」ということで、苦労や必死さを伝えることが出来ます。

 

爪に火をともすの例文

ついに我が社は債務超過に陥った。この苦境を脱するためには、それこそ、爪に火をともす努力が必要になってくる。
まったく、最近の会社はなんなんだ。なにかあれば経費削減経費削減って、客に出すお茶をケチったって、そんなに利益はないだろうが。