和をもって尊しとなすの意味

和をもって尊しとなす(わをもってとうとしとなす)とは、なにかをするときに、一人で勝手に決めるのではなく色々な人の意見を聞いて、皆が納得した上で行うのが最善だという意味のことわざです。

和をもって尊しとなすのビジネスシーンでの使い方

和をもって尊しとなすはビジネスシーンにおいて大切なことを教えてくれる言葉です。

現代では、インターネットを利用すればかなりの情報を入手することはできますが、ビジネスでは自分一人の情報だけでは充分ではありません。

ビジネスの世界で成功している人は必ずといってよいほど人脈を大切にしています。

和をもって尊しとなすを頭の隅に置いておくことで、人と人との交わりこそがビジネスでは大事である事を思い出すことが出来ます。

和をもって尊しとなすの例文

会社の同僚たちの意見が全く合わず、このままでは取引先にも迷惑がかかってしまうような状況に陥ったときこそ、和をもって尊しとなすという精神で乗り越えていきたいですね。
取引先がどうしてもかなり無茶な要求でしたので、当社としても初めは拒否していました。しかし、よくよく考えてここはひとつ、和をもって尊しとなすで頑張りましょう。