持っている資格をただ書けばいいのではないと予想がつくものの、「書くべき資格」は何か? 採用担当者はどんな視点で資格欄を見ているのか?などが気になる人もいるでしょう。

シンプルな資格欄でも、いい印象を与える履歴書はあれば問題はありません。

基本ルールとポイント、業界別に持っていると有利な資格などを解説します。

せっかく持っている資格や免許を書き連ねるだけでなく、好印象な履歴書を作り、資格・免許を活かした即戦力としてスムーズに採用を勝ち取りましょう。

履歴書の資格の書き方のポイント

採用担当者は、資格欄から資格・免許をもとに、即戦力として必要なスキルがあるかをみているのはもちろんですが、

向上心があるか
どんなキャリアの方向性を目指しているのか

この2点もみています。
持っている資格・免許をただ連ねるだけではもったいないです。

限られたスペースに何を書くか、「適した資格を選ぶ」ことが大切です。

また、面接に進んだ際には、「あなたはなぜその資格をとろうとしたのですか?」と聞かれることが多々あります。ただ資格を持っているだけでなく、なぜ取ったのか、理由を述べるようにしましょう。

資格欄3つの基本ルール

資格欄には以下のような3つのルールがあります。

  • 取得年月順に書く
  • 資格・免許は正式名称で書く
  • 応募先の業務に関する資格を書く

1つずつ具体的に解説していきます。

基本ルール1:取得年月順に書く

資格欄だけでなく学歴などその他の欄を含め、履歴書全体で元号(平成・昭和など)か西暦か、表記を統一して書きましょう。

基本ルール2:資格・免許は正式名称で書く

資格・免許の名称は、正式名称を記載しましょう。取得後に資格名が変更になっている場合には、取得時の名称を書きます。

また、資格が民間団体の実施のものであれば、団体名を合わせた正式名称を記載します。

例えば、「簿記」には「日本商工会議所簿記検定」「全国経理教育協会簿記検定」「全国商業高等学校協会簿記検定」があります。

基本ルール3:応募先の業務に関する資格を書く

なぜ、応募先に関係する資格を書くのかというと、関係ない資格を書くと「この資格を活かせる職がよいのではないか」と相手に思われます。

関係ある資格を書くと、業務の習熟度、自分がどれだけ専門性を持っているかをアピールできます。

そのため、業務に関係する資格を書くと、相手に好印象を与えることができます。

資格を書く際の注意点

まずは、募集要項で記載されている資格をチェックしましょう。

募集要項に「簿記検定二級以上」とあるのに「簿記検定三級」と書いた場合、募集要件を無視していると見なされます。

その場合には、次回、合格できそうならば「〇月取得予定」、自己PR欄に「日本商工会議所簿記検定三級の資格はあるので、来年は二級の資格に挑戦する予定」と補足します。

履歴書や職務履歴書の書き方に不安がある方は転職エージェントに履歴書の添削をお願いしてみましょう。

履歴書の添削をしてくれる転職エージェントの中でもマイナビAGENT・リクルートエージェントがおすすめです。
マイナビAGENT 履歴書の書き方

また、現在フリーターで就職、転職活動中の方はハタラクティブで添削をしてもらうことをおすすめします。

フリーターの正社員就職支援

IT業界を目指している方が添削をお願いする場合はワークポートがおすすめです。IT業界に特化した添削やアドバイスをしてくれます。

初めて転職エージェントに履歴書・経歴書添削をお願いするとき、他社の転職サイトでつかったものだからと気にすることなく、とにかく持っていきましょう。

なぜならば、全てではありませんが多くの転職エージェントは転職者自身に履歴書をなおさせるのではなく、「よろしければこちらで訂正してもよろしいでしょうか?」とエージェントの手でブラッシュアップをします。

そのため、マナラボでも履歴書の書き方を解説していますが、まずは転職エージェントにもっていくのが、書類選考対策での一番の近道です。

同じ種類の資格を複数所持している時

検定などの資格を持っている場合、最上位資格のみ書きます。

継続して勉強していることをアピールしたい時には、直近の取得予定も書きましょう。

上位・下位、両方を取得済みであることをアピールしたい時には、上位資格取得の後に下位資格の取得をカッコ書きで併記する方法もあります。

例えば、第一種電気主任技術者と第二種電気主任技術者をどちらも取得している場合、両方の記載が優位ならば、以下のように記入します。

2012年9月 第一種電気工事士 取得(2010年9月第二種電気工事士 取得)

現在取得中の資格は書いてよいのか

今所持していなくても向上心をアピールするために、取得に向けて勉強している段階であれば書くのもいいでしょう。

「○○取得に向けて勉強中」か、合格の見込みもある場合は「○月に取得予定」との書き方もあります。

書ける資格がない場合

自動車免許もなく、書ける資格も、勉強中の資格もない場合、資格欄を空欄にするのではなく、「特になし」とだけ書きましょう。

もし、仕事に関係のある語学やパソコンのスクール通学など、専門教育を受けたことがあるのであれば、その種類と期間を書いて資格欄の空欄を埋めるのもありです。

全く関係のない資格であれば、趣味・特技欄に書くべきです。無理に書く必要はありません。

資格が多すぎて書ききれない場合

取得資格がたくさんあって資格欄に書ききれないという場合は、仕事に直結するものから優先順位をしっかりつけることが大切です。

応募先の仕事内容によって、履歴書の資格欄に書くものが違ってもいいのです。

転職者の場合には、仕事に直結する資格だけ選んでも、資格欄が足りない場合もあるかも知れません。

その場合には、「取得資格一覧」のような別紙を用意するというのも手です。実用性が高ければ、悪い印象は与えないはずです。

履歴書に書けると就職に有利な資格15選

幅広い仕事の転職に役立つ資格

幅広い仕事に役立つ資格は以下の通りとなります。

・MOS
・ITパスポート試験
・日商簿記検定
・普通自動車運転免許
・TOEIC(仕事内容にスコアが見合っているか注意)

取得して損はないでしょう。

【業界別】転職に有利になる資格

業界別で有利になる資格は以下の通りとなります。
【不動産業界】

・宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者)
・不動産鑑定士
・管理業務主任者

【金融業界】

・ファイナンシャルプランナー(FP)
・証券アナリスト
・中小企業診断士

【IT業界】

・基本情報技術者(FE)
・プロジェクトマネージャ(PM)
・ネットワークスペシャリスト(NW)
・CIW (Certified Internet Web Professional)

上記の業界を目指している場合は取得して損はないでしょう。

履歴書の資格欄についてのおさらい

履歴書の資格欄についてのおさらいは以下の通りとなります。

  • 履歴書を送る企業、職業に適した資格を書く
  • 書く際は取得年月順に書く
  • 資格、免許は正式名称で書く
  • 応募先の業務に関する資格を書く
  • 同じ種類の資格を複数所持している場合は最上位資格のみを書く
  • 現在取得中の資格は「○○取得予定」などと書く

上記を参考に資格欄を充実させましょう。

転職エージェントを利用すれば、実際に転職しなくても自分の適正年収や、キャリアプランの相談に乗ってくれます。

まずは転職サイト、転職エージェントを気軽に利用してみましょう。

業種&年代など経歴特化型転職エージェントの紹介と比較 

転職したい!その思いに答える16のエージェント解説と、効率的な転職の仕方

マナラボが特におすすめする転職エージェント・転職サービスは以下のとおりになります。

それぞれの特徴を申し上げると、管理職クラス・外資希望の方ならJAC Recruitment・20代ならリクルートエージェントをおすすめします。

JAC Recruitmentはリクルート、dodaに次ぐ第三の売上規模を持ち、外資系に関してはTOPの人脈を持ちます。自分の実力を活かせる場を探している方は特におすすめです。

JAC

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

また、ハイクラスは他にビズリーチもございます。

ビズリーチ

リクルートエージェントは最大手で、まず転職すべきか、今の会社の方がよいのかの相談に乗っていただけます。転職案件は各年齢全般に渡って用意しているのも最大手ならではです。まずはご自身の経歴から、適正の年収なのかを相談していみてはいかがでしょうか?

r-agent

dodaは転職サイトとエージェントの両方の側面をもっています。とりあえずどんな求人があるのかな?と気になった場合はdodaがおすすめです。またdodaの登録はとても簡単でオレンジ色のボタンから必須項目を入れるだけで5分での登録が可能です。転職案件は20代から30代向けがもっとも多いようです。

またdodaには各業界の年収を知ることができるページもございます。
簡易的なものですが、一度利用してみてはいかがでしょうか。

doda