「郷に入っては郷に従え」の意味とは

郷に入っては郷に従えとは人はその住む土地の風俗・習慣に従うべきであるということです。

類義語には、「国に入ってはまず禁を問え」「里に入りては里に従う」「所の法に矢は立たぬ」「人の踊るときは踊れ」「門に入らば笠を脱げ」などがあります。

郷に入っては郷に従えのビジネスシーンでの使い方

郷に入っては郷に従えという言葉はビジネス用語ではありません。しかし、日常生活だけではなくビジネスにおいても、この言葉が当てはまるシーンは多々あります。

たとえば、新たな職種に就いた時や新たな部署に配属された時などのように、その新たな場所での習慣やルールなど知らない場合です。

最初から自分勝手に好き放題やるのではなく、それまでその場所ではどのように仕事がまわっているのか、どのような規則、慣例を行っているのかを知り、それに従ってやってみることが最善の策であるという事です。

こうすることは、他者にとっても自分にとっても良い術であるということです。つまり、ビジネスシーンにおいても、郷に入っては郷に従えの精神は大切な要素の一つであり、多々用いられる言葉でもあり、切っても切り離せない言葉です。

郷に入っては郷に従えの例文

「郷に入っては郷に従えで、冠婚葬祭の付き合いは大切にしたほうがいい。7」

 

「郷に入っては郷に従えだから、社風にあわせてあまり派手なスーツをきないようにしている。」
どこに移り住もうと、その土地のしきたりに従うのが世渡りの知恵だとしていいます。