少年老い易く学成り難し(しょうねんおいやすくがくなりがたし)の意味とは

少年老い易く学成り難しとは時の流れはとても早く、若いうちから学問に励んでおくことが大事ということです。

この場合の「少年」は単純に男の子だけではなく、年少者全般を指示していることは注意が必要です。

同義語、類義語としては、光陰矢の如し、芸術は長く人生は短しなどが挙げられます。

少年老い易く学成り難しのビジネスシーンの意味

この言葉をビジネスシーンで使うことは極めて少ないといえます。
報告書やプレゼンテーションでは、そのままの言葉で使うことは非常に確率として少ないといえます。
ただ、新人教育や研修の場においては講師からの言葉として使うことはままあるでしょう。

特に技術や知識を必要とする職種において、人材育成に関してはまさにこの言葉が当てはまる場合もあります。
仕事一辺倒になれという意味ではありませんが、1日1日、ひいては1年を無駄に過ごしていては同期の人や後輩に追い越されてしまうということもいえます。

まだ若いからとか入社したばかりだからということではなく、日々仕事に向き合って行くことが成長の糧という解釈でいいでしょう。

少年老い易く学成り難しの使い方と例文

少年老い易く学成り難し 一寸の光陰軽んずべからず 未だ覚めず池塘春草の夢 階前の梧葉已に秋声
出典:朱子「偶成」より

 

いつの間にか私は比喩にせよ比喩でないにせよ、誰かからお爺ちゃんと呼ばれても決しておかしくない年齢になってしまった。「少年老い易く学成り難し」とはよくいったものだ。
出典:合田正人「吉本隆明と柄谷行人」より