三日天下の意味とは

三日天下とは、本当に短い期間しかトップを極められなかったという意味のことわざです。織田信長を謀反で倒した明智光秀をさした言葉ですが、光秀は三日よりは長かったそうです。

戦国時代とは遠く離れた現代日本でも、何らかのトップの座が入れ替わるということは珍しくもなく、日常的に三日天下という言葉は使われ、馴染みも深い言葉でしょう。

三日天下のビジネスシーンでの使い方

何かのきっかけでトップが転落することも大いに有り得るビジネスシーンでもかなり使いどころは多い言葉ですね。

社内クーデターで無理やり社長になった人やその取り巻き、あるいは強引な手法で業界のシェアを奪った企業など、その対象は様々でしょう。当然、恨みを買っていたりすることも多いわけですから、現象的にも三日天下に陥りやすい部分があるとも言えるでしょうね。

また、誰だってうかつなことが原因でトップから滑り落ちるのは避けたいわけですから、戒める意味で用いることもできます。いずれにせよ、良い言葉ではないので、面と向かって言うのは避けた方が無難でしょう。

三日天下の例文

「彼も無理やり弱みを握って社長を追い落としたが、あんなやり方では誰もついていくまい。我々が動かずとも、三日天下で終わるだろう」
「いくら部下が相手とは言え、彼のああいった頭ごなしは感心できないな。光秀の三日天下じゃないが、常に追い落とされるリスクは頭に入れておいた方がいいよな」