女心は秋の空の意味

「女心は秋の空」の意味は、女心は変化しやすい秋の空模様のように、女性の気持ちは移り変わりしやすいという意味のことわざです。

日本の秋晴れは、移動性高気圧により長くは続かず変化しやすいことや、愛情や感情の起伏が大きく移り気なことを女心に例えています。

しかし「女心は秋の空」は女性の地位が上がった近年にできた言葉で、欧米の影響が出始めた頃にイギリスのことわざから派生したものです。

本来は江戸時代の「男心と秋の空」という、女性に対する愛情が変わりやすい浮気心のたとえでした。

女心は秋の空の類義語には、「女心は猫の目」と、海外のことわざである「A Woman’s mind and winter wind change often.(女心と冬の風は変わりやすい)」があります。

女心は秋の空のビジネスシーンでの意味

ビジネスにおいて女性の進出は多く、要所要所に女性担当者がいる時代では、それこそ女性の心しだいで決まってしまう案件もあります。

ちょっとしたことでプロセスや、結果が変わってしまう移ろいやすい企画や商談がビジネスシーンで多くみられるため、自虐的に、または諦めを込めた意味で使われることがあることわざです。

女心は秋の空の例文

A部長は、お取引き先B社から帰社後に大きなため息をついていますが、いつもの事です。
B社は商材柄女性社員が多く、実直で生真面目なA部長が根気よく努めて進めた内容が、今回もフイに無しになってしまったのだそう。
もう時間的に今回限りで押し通すしかないですよという周囲の判断に、A部長は、色々な思いを込めて「女心は秋の空…。」とポツリ悲しそうです。しかし、多難な変化の最終結果は良好でした。