事実は小説よりも奇なりとは

事実は小説よりも奇なり(じじつはしょうせつよりもきなり)とは、イギリスの詩人、バイロンの詩集『ドン・ジュアン』にある、Fact [Truth] is stranger than fiction(事実は小説よりも奇なり)から生まれた言葉です。

事実は小説よりも奇なりは、実生活で起きる事柄は、巧みに仕組まれた小説よりも不思議だということを意味することわざです。

事実は小説よりも奇なりのビジネスシーンでの使い方

事実は小説よりも奇なりのように、予想していないことが起こることや、意図しないことが起こる場面は、ビジネスシーンでも多々あります。

計画していた以上のことが起こり、ビジネスやプロジェクトがうまくいった場面などに使うことが出来ます。

事実は小説よりも奇なりの例文

まるで、事実は小説よりも奇なりを地で行くようなエピソードだ。
事実は小説よりも奇なりで、まさかと思いような出来事が現実にものになった。
事実は小説よりも奇なり、何ていう人もあるようですが、誰も知らない事実だって、この世の中にあるのです
太宰治『惜別』