企業のマーケティング戦略において「ブランディング」が重要であることが説かれていますが、ブランディングは形のあるものではないため、なにを意味しているのか理解できない人も多いでしょう。

この記事では、ブランディングが必要な理由、メリットを中心に、ブランディングについてわかりやすく解説します。

そもそもブランディングとはなにか?

「ブランディング」とは、共通のイメージをユーザーに持ってもらうための手法をさす言葉です。ブランディングを理解するためには、まず「ブランド」を正しく理解していなければなりません。

ブランドというと、シャネルやルイ・ヴィトンなどの、高価なアクセサリーやバッグなどを扱うメーカーを思い浮かべる人も多いでしょう。

しかし、ブランディングでいうブランドとは、上記のような「ブランドもの」という意味ではありません。一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会ではブランドを以下のように定義しています。

ある特定の商品やサービスが消費者・顧客によって識別されているとき、その商品やサービスを「ブランド」と呼ぶ。

一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会

上記のように、ほかのサービスや商品と区別できるものがブランドですが、ブランドはユーザーのイメージの中に存在するものであるため実体のないものです。

ブランディングは、企業とお客様が一緒になって作り上げていると考えることもできます。

ブランディングが必要な理由

現代では、商品やサービスの数が増え続けており、似たような商品やサービスが店頭やネットに並んでいます。

コモディティ化(一般化したため差別化が困難となった製品やサービス)された商品は、他と違うと感じるポイントが分かりづらいことが特徴です。

現代マーケティングの第一人者といわれるフィリップ・コトラーは、「ブランド化がされていないならば、その商品はコモディティにすぎない。」と説いています。

企業にとって、商品やサービスが飽和状態の現代こそ、ブランディングが重要です。

ブランディングの手順

企業理念を再確認してからブランディングを始める

ブランディングは企業におけるマーケティング戦略のひとつです。

マーケティング戦略は、企業理念・ビジョンの上にあるため、まずは経営理念をしっかりと確立させなくてはなりません。

ターゲット・ブランドコンセプトを決める

ブランディングの始めのステップとして、どの層をターゲットにするのかを決め、ブランドコンセプトを決めます。

ブランドコンセプトは、ターゲットとなるユーザーにどんなイメージを持ってもらいたいか、どんな価値を提供したいかという視点で考えます。

ブランディングの具体的な手法を決める

前述したターゲット・ブランドコンセプトにもとづいて、どのような手法でブランディングを行っていくかを決めます。

商品名、デザイン、キャッチコピーのような形になるもの、CM、WEB、雑誌など、どのメディアを活用するかを具体的な手法を決めていきます。

ブランディングのメリット

ブランディングは、企業側・ユーザー側双方にとって以下のようなメリットを生みます。

企業にとってのブランディングのメリット

価格競争に巻き込まれずらくなる
ブランディングが成功すれば、ユーザーは価格ではなく「このブランドだから」が購入の理由になるため、価格競争に巻き込まれずらくなります。
ブランド価値を価格に反映できる
ブランディングに成功した企業の商品は、類似商品と比べて高価格な場合も多くあります。しかし、ユーザーはブランドの価値も含めて価格だと認識しているため問題がありません。
長期間リピートされ続ける
「〇〇なら××」などと、一度ユーザーについたイメージは長いときを経ても持続します。ブランディングは自社の商品を長きにわたりリピートしてもらうためにも有効です。
優秀な人材を確保できる
ブランディングは効果を発揮するのは商品の売上だけではありません。従業員の採用においても、自社のニーズにマッチした優秀な人材を採用するにあたり、ブランディングは重要な役割があります。

ブランディングのユーザー側のメリット

商品を探す労力が軽減される
ユーザーはあるブランドにターゲットを絞ることで、溢れかえる商品や情報の中から自分が必要なものを選択する労力を省くことができます。
購入後のリスクを回避できる
購入した商品が思ったようなものではなかった、価格と見合うものではなかった、すぐ故障してしまったなどのようなリスクを回避できます。

ブランドの資産価値

ブランドが有する資産的な価値を「ブランド・エクイティ」といいます、ブランドに対する顧客の潜在的なイメージが、企業にとっては重要な資産になるという考え方です。

ブランドの価値を測る基準には、以下のものがあります。

①ブランド・ロイヤルティ
ブランド・ロイヤルティは、ユーザーのブランドに対する忠誠度のことです。「スマホならやっぱりiPhoneだ」などの考え方が当てはまります。
②ブランド認知
ブランドの名前がユーザーに認知され、親しみやイメージを持たれることです。ブランド認知は「ブランド再生」と「ブランド再認」に分けられます。
 
■ブランド再生
商品のカテゴリーなどの情報から特定のブランドを思い出すことです。「コーヒーショップといえばスターバックスだ。」などというものがブランド再生です。
 
■ブランド再認
ロゴや商品を見たときに「これて前に見たことがあるブランドだ。」と思い出すことです。
③知覚品質
知覚品質は、ユーザーが思っているブランドの品質のことです。「キッコーマンの醤油なら味に問題はないだろう。」などというイメージをさします。
④ブランド連想
ブランド連想はユーザーがブランドに対して思い浮かべるすべてのイメージのことです。「ロレックス=高級・故障しない・老舗」などのイメージをさします。

ブランディングの種類と目的

アウターブランディング:外の人を対象に行う

アウターブランディングとは、消費者や顧客など自社の「外側」にいる人たちに向けて展開するブランディングのことです。

インナーブランディング:自社の人を対象に行う

インナーブランディングは、社員など自社の「内側」に向けて展開するブランディングです。

社員にブランドの価値観やビジョンを理解浸透させるための活動です。

採用ブランディング:よりよい人材採用のために行う

採用ブランディングは、自社のニーズに合った人材を採用するために展開するブランディングです。

「この企業で働いてみたい」と思ってもらうことで多数の応募を得ることができたり、ほしい人材のイメージを打ち出していくことで、ミスマッチを減らし、採用に関わるコストや労力を削減できるメリットがあります。

ブランディングについてのまとめ

  • ブランディングとは、共通のイメージをユーザーに持ってもらうためのマーケティング手法です。
  • 商品やサービスが飽和状態の今、他との差別を図るブランディングは需要な意味を持っています。
  • ブランディングは「企業理念の再確認→ターゲット・ブランドコンセプトの決定→メディア等具体的な手法の決定」のステップで進めます。
  • ブランディングの企業側の主なメリットには、価格競争に巻き込まれないこと、ブランド価値を価格に反映できること、長期間のリピートが見込まれることなどがあります。
  • ブランディングのユーザー側の主なメリットには、商品を探す労力が軽減されること、購入後のリスクを回避できることなどがあります。
  • ブランドが有する資産的な価値を「ブランド・エクイティ」といい、「ブランド・ロイヤルティ」「ブランド認知」「知覚品質」「ブランド連想」がブランドの価値を測る基準です。
  • ブランディングには「インナーブランディング」「アウターブランディング」「採用ブランディング」があります。